テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

「今日のちい散歩は東京からちょっとはずれて、横浜へ来ました。横浜の関内駅(南口)の前に今います。こっからこう、馬車道という通りがありまして、そこを通ってこう港の方に、行ってみたいなと思うんですが、あっ!ここになんか書いてありますよ。」

ちいさん、案内表示板を指差しています。表示板には、山下公園・横浜スタジアム・横浜市庁・赤レンガ倉庫関内ホール・馬車道、と、表示がしてありました。

「馬車道。あ!それと赤レンガ倉庫っていうのも、これもまー、せっかく来たからちょっと、見てみたいですね。そんなんで出発しまーす。生憎ちょっと、曇り空ですけど、ま、大丈夫でしょう。」

<BGMブルーライト横浜♪(参考:momo-mid.com//TOP)>


島津レコード楽天市場店

今日は横浜の関内駅から馬車道を通って、異国情緒溢れる港町をお散歩。見所はたくさんありますけどー、ちいさんまず、どこに向かいましょうか?

<関内駅関連ページ>
ウィキペディア


ブルーミングスケープ//アメリカ雑貨 ジャンクション//トータルコーディネートSLAZY


「異国情緒あふれる港町 横浜・関内散歩」

「これがほんとに、ね!、伊勢崎あたりにぃ♪明かりがともおるぅぅぅ♪っていう。」

ちいさん、ご機嫌の様子。鼻歌も”こぶし”がフル回転で回ってます。
<伊勢崎町ブルース関連ページ>
youtube(ちいさんの鼻歌の曲)

「ズビズ、ズビズビ、ズビズバー♪の伊勢崎町。こっちが馬車道ですよねー。」

【馬車道】幕末に開港された横浜港と当時に外国人居留地を結ぶ道路で、外国人が馬車で往来してういたことが由来です。
<馬車道関連ページ>
馬車道商店街//TOP
タイムスリップよこはま//TOP


オールエレクトリックCD店

「あー、きれーないい道ですねー。」

歩く向こうには並木、そして、下を見ればレンガ道です。

「あーここにほら、古い建物がありますよ。あー、昔のものを残して、今の建物にしたんだって。」

こちらは日本興亜馬車道ビル(旧川崎銀行横浜支店)です。

「いいねー、この頃のこのー、まーなんか、面影があるよなー、重々しくてりっぱだなー。」

<日本興亜馬車道ビル関連ページ>
港の見える街から//TOP
↑上から6枚目の写真です。


タカナシミルク//楽天ブックス//アトイスペースウェブ

古き良き時代の景観ですね。うん?ちいさんそこはステーキ屋(横浜瀬里奈 浪漫茶屋)さんですよ。気になるのは分かりますが・・・。ちいさんしばし立ち尽くしていました。


出前 de Gyu 楽

「昔のガス灯の形んなってる。」(参考:馬車道商店街

街灯が昔のガス灯の形を模して作ってあります。


vanjoh zakka shop//ギフト屋ドットコム//~TAKUMI~

気になるものがいっぱいですね。今度は何ですか?

「お、いきなり、いなり寿司のお店がありますよー。ちょっと、寄ってみようか!」

ちょっと、小雨がぱらついてきて、歩く人の半分くらいは傘を差しています。

「いきなり、いきなり、食事か?フフフ!」

ゆうこちゃん効果、今日もばっちりですねー。

「さー見てみよう。あーおいしそう!」

こちら、泉平(創業天保10年)さんといいます。

「あー、きれーだねー。」

外からいなり寿司を作っているところが見えます。(店長さん:鈴木好文さん)

「早いねー。」

店長さんサクサク作ってます。

「天保10年創業! 老舗の絶品いなり寿司」

(ちいさん)一つ買おう!こちらは、もう古いんですか?

折り詰めが出てきました。

(店員さん:服部功一さん)天保10年からやっております。
(ちいさん)テンポ!(天保)
(服部さん)はい。江戸の頃なんです。
(ちいさん)江戸の頃からいなり寿司。その頃からいなり寿司ってあったの。
(服部さん)はい。その頃からです。
(ちいさん)あーそー!へーー。てんぽ!。。。って書いてあるよ。”創業てんぽ10年だよ”。その頃、どんないなりだったんだろうか?今と同じだろうか?
(服部さん)最初からこの形でしてねー。
(ちいさん)へー。
(服部さん)店長、昔からいらっしゃって、
(ちいさん)てんぽ、にはいねーだろー。

たしかに。

(ちいさん)そのころ、店長いなかったよねー。
(服部さん)はは、あーそうですねー。

ここで店長さん登場です。

(ちいさん)どーもー。こちら今見てたらずいぶん一本作るの早いんですねー。
(店長さん)ええもう、30年やってますからねー。
(ちいさん)30年やってる。

いなり寿司は1本、210円です。

(店長さん)何でこう長いかっていうとー、この○○○さんっていうのは要するに、忙しくてね、。。。半分に切っちゃうとー、6回食べなくちゃいけない、それを一口で、
(ちいさん)一口で食べちゃう場合、三口で済むから。

このいなり寿司は1本を食べるのにだいたい三口ぐらいで食べられるようにしてあるようで、それを半分にしてしまうと、2本で六口ぐらいかかってしまって、忙しい人にはあまり好まれなかったという理由から、普通のいなり寿司より長めのものを作っているということのようです。ちなみに、昔の忙しい人はこの長いいなり寿司を一口で食べていたそうです。

(店長さん)そんな感じるで。
(ちいさん)それでこういう風に長いの。
(店長さん)そうです。


すごくおいしい!うん!

ここで、いつものおすそ分けです。

(ちいさん)一口で食べれない、いいね!大きく口開くんだよ。全部たべんだよー!

では、昔の人に習って一口で!

(ちいさん)おいしいでしょ。ありがとうございました。みんなでこれ。女の子に食べさせような。
(スタッフ)ありがというございます。

スタッフの女性、ちょっぴりうれしそうでした。

<泉平関連ページ>
selfpit
We Love Yokohama News Blog//TOP


美食や やま信

さて散歩に戻りましょう。

「あー、これは素敵だ。」

4階建て、レンガ造り風の建物が見えて来ました。その前にところに?

「PUBLIC TELEPHONE!ふ~ん。あ、これはもう、普通の今でも使える、ボックスが古い昔の・・・。」

こちらの電話ボックス。かなり昔風の作りになっていました。ドアの真ん中に、縦書きで”公衆電話”と書いてあります。

「あ!これがあれだ。まだこっちの字だもんなー。神奈川縣動物愛護回會だよ。」

こちらは、牛馬飲水槽。開港当時交通の中心であった牛馬のために造られた水飲み場でした。KSPCA 神奈川縣動物愛護回會 社團法人帝國競馬協會と横書きなのですが、KSPCAは左から右に、その他は右から左に書かれているようです。

「牛や馬の飲み水ですよねー。ここにこう、水を貯めておいてやって、馬さん、馬方さんとかがいっぱいいたから、もう連れてきてここで水を飲ませた桶だろうねー。」

こうしたものが残っているなんて、さすが馬車道ですねー。それにしても、あらためて文明開化の匂いを感じさせてくれる散歩道でした。

<電話ボックス・牛馬飲水槽関連ページ>
写真素材フォトライブラリー//TOP

さて、お次は?

「あーー、印鑑彫ってるよ。昔はこういう風景を良く僕ら見ましたよねー。」

ご主人が一生懸命印鑑を彫ってるのをガラス越しにちいさん見ています。

「超精密な職人技に地井さん驚愕!!」

「と、お邪魔して見せてもらおうか。こんにちはー、お仕事中、お邪魔してもいいですか?」

古くからここでお店を開く印鑑屋(土橋印房)さん。ご主人(土屋稔さん)で三代目になるそうです。何本もの彫刻刀を使い分けて、細かな文字を切り出す職人の技。印鑑だけでなく、こういったもの(平家物語(序))も作ってらっしゃるんですね。


楽天ブックス

(ご主人)材質の上に、このー限られた画面があるわけですよ。
(ちいさん)いわゆるスペースってことでしょ?
(ご主人)この中にお行儀の良い字をいれなきゃいけないというのがやはり、ま、ルールなんですよね。
(ちいさん)ええ。だけども、これこういう・・・。
(ご主人)例えば、これがそうです。

ご主人、”荒井”と書かれた判子を出してきました。

(ご主人)荒井と書いてある。
(ちいさん)あ、まだ彫ってないんですね。これは。
(ご主人)これがまず、つまりこれをちょっと、こっちをご覧なって下さい。

ご主人、今度は手鏡を出してきて、ちいさんに、その”荒井”と書かれた判子を鏡に写すように促しました。

(ちいさん)こういう風にして、
(ご主人)それで格好を整えて行くということです。

ご主人の言わんとしていることは、判子は反対に出ますから、鏡に写しながら調整して行くということのようです。

(ちいさん)あーーー!


ベネチアングラス La zanze

さて、ちいさん、気になるものがあるようです。

(ちいさん)これを、この、この彫刻刀をこういうものでやんですか?
(ご主人)これはみんな全部、全て自分で作るんです。

ご主人が自分で製作したという印刀は、何本もの種類があります。

(ご主人)みんな太さが違うということですよねー。こういう風な形んなるわけですよ。

今度は、見せていただいのは、印鑑を彫るときに、印鑑を固定させる竹製の筒状のものです。その筒の中に印鑑を押し込めて、彫り易くするためのもののようです。

(ご主人)で、支点と力点の応用でして、例えばこういうところに、こう指をこうして、で、こういう風にもってきて、その広さに応じてこの刀を使い分けるわけです。

左手でさっきの筒状のものを握り、親指だけ出しておきます。その親指にはベルト状のものを巻いておいて、そこを支点にして彫刻刀を上下に動かしてさっきの筒状のものにはめ込んである印鑑を彫って行くわけです。

(ちいさん)ずいぶん細かい作業ですねー。これ、目が痛くなるこれ見てても、このカタカナの辺りはまだいいですけど、
(ご主人)もっと細かいのもあるんですよ。

ちいさん、見とれてないで、もっとお話うかがってみましょうよ。

(ちいさん)息子さんですか?
(ご主人)偉くなんとこっちに座る。
(ちいさん)あ、息子さんですか?
(息子さん)はい。

息子(四代目:土橋嘉幸さん)さん、にこにこ笑っています。

(ちいさん)似てらっしゃる。
(ご主人)四代目に。
(ちいさん)えらくなったら!
(息子さん)もうちょっとで、こっち行きます。
(ちいさん)まだまだまだ、まだ!。。。僕はねー、親父さんには文句言わないけど、君には言うよ!そうか!

ちいさん、息子さんにもお話を伺うようです。

(息子さん)最初やったときなんかは。。。
(ちいさん)そうでしょ。最初やるのは無理があるよなー。僕は俺がこれ難しいでしょ?って言うけど、(親父さんは)難しくないっていうけど、そんなの難しいよねー。
(息子さん)難しいです。

小声で話してる息子さんです。

(ご主人)あたしに似た手風を、とってくれれば、
(ちいさん)息子さんが、
(ご主人)昔で言う巻物を渡すこともできるわけです。
(ちいさん)そうですよねー。

ここで、ちいさん、再び息子さんに聞きます。

(ちいさん)だけどい、どうですか?仕事中悪いけど、
(息子さん)いえいえ。
(ちいさん)日本人からは、印鑑はずせないでしょ。しばらくは。
(息子さん)あ、そうですね。ええ。
(ちいさん)ええ。やっぱり、手彫り、手作りのこういうものがこう残っているっていう姿は、すごくいいですよね。この機械でやるにしても、機械じゃないアナログの良さがあるでしょ。やっぱり。
(息子さん)同じものはできない。っていう。
(ちいさん)でしょ?
(息子さん)ええ。っていうことがありますからー。
(ちいさん)それが素敵ですよねー。
(息子さん)ええ。
(ちいさん)で、印鑑は、そうでなけりゃいけないはずだもんねー。本当は。
(ご主人)唯一無二でなければならないものですからねー。
(ちいさん)そうですよねー。。。いいお話を聞かせていただきまして、突然、お邪魔して、ありがとうございました。

ちいさん、お店から出てきましたが、未だに先ほどのお話の余韻さめやらぬ様子です。

「そうだよねー、印鑑てさー、同じものが2つあったらいけないんだよねー。全部、一つ一つ違うもんじゃなきゃいけないんだから。そういう意味じゃ手作りのこの、ま、ある意味では一つ一つ違う種類のものじゃなきゃいけないってのは手作りじゃなきゃできないはずだから、機械で、寸法測ってしちゃったら、同じもんなっちゃうわけだから、そうだよ!印鑑、それこそ印鑑の彫る技術こそ、アナログでなければいけないんだよなー。はー、興奮しちゃったよ。」

まー、一つ景色でも見て落ち着いて下さい。

<土橋印房関連ページ>
タウンページ//TOP


株式会社いいはんこやどっとこむ


「異国情緒あふれる港町 横浜・関内散歩」

「あー、ちょうど銀杏がいい色で、今が盛りだねー、銀杏は。」

ちいさんが上を見上げると、横浜の空を銀杏の黄色が飾っていました。

「もう、あと一週間もしたら落ちちゃうね。」


趣き堂つれづれ商店

橋がありました。

「うぁ~、きれーだ。」

こちらは、万国橋です。

「横浜らしいじゃないですか?」

<万国橋関連ページ>
ブログヨコハマ(旧館)

進行方向左手の方には、高層ビル群に大観覧車が見えます。

「超近代的なこうビルが、どんどん、できてきて。」

新旧織り交ざる景観こそが、横浜の風景。文明開化のころもそうだったんでしょうね。

<大観覧車関連ページ>
ヨコハマな日々


ベランダを楽しむお店

「これ、面白いねー。ちょっと、上がってみようよ。」

ちいさんの目の前には、ループ橋のようなものがあります。歩道橋?何なのでしょうか?

「上がれた上がれた」

階段をちいさんが上って行くと?

「何でこんながっちり作る必要があったの?」

上へ上がってみると、歩道橋(サークルウォーク)です。

(ちいさん)すいません、これ、何でこんなにがっちり作ってあると思いますか?

通りがかりの女子高校生二人にいきなり質問しちゃうちいさんでした。

(女子高生)分からないです。

ですよねー。女子高生、困ってます。

(ちいさん)わかんないけど、りっぱですねー。
(女子高生)はい。
(ちいさん)ねー、いくら、”こんこん(足でやってます。)”やっても平気そうですねー。すいませんでした。

ちいさん、単にお話してみたかっただけしょ。

<サークルウォーク関連ページ>
URBAN TOURS
↑のURLの写真は拡大できます。

「はー、この景色もなかなかいいんじゃないかい?」

向こうになにやら、大きな建物が見えてきました。

「ほら!」

目の前に見えてきたのは赤レンガ倉庫。ちいさん、行ってみましょうよ。

「こう行って降りてみようか!」

それにしても、ずいぶんときれいに整備された道ですね。

「横浜のシンボル 赤レンガ倉庫」

「このレンガの色っていうのはさー、ほんとに何年も経ってもいいねー。」

こちらは、横浜赤レンガ倉庫です。

明治44年に作られた赤レンガ倉庫(当時の最新技術が導入された国の模範倉庫)。横浜港の物流の拠点として、港の発展を担ってきました。倉庫としての役割を終えた今、今度は赤レンガパークとして新たに観光の発展を担うことに。今も昔も愛され続けている港町横浜のシンボルです(横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設)。

「昔、ほんとの多分倉庫だったからー、でもこれ残して欲しいね。絶対にね。こいうところへ来ると分かると思うけど、こういうところなめの、新しいビルをこう、写してもらうと、対比として分かるけど、もしこれ(赤レンガ倉庫)がなくて、すごい味気ないと思うんだよ。やっぱこういうのがあってあれ(ランドマークタワーなど)があるから、こう、対比があるからこう、なんだろ、街のいつも話す深さとか、時代とか、う~んだから、新しいものだけもしあったら、すごく寂しいけどこう、一緒に共存してることの良さっていうのがあるんじゃないのかねー。絶対に残して欲しいね。」

<横浜赤レンガ倉庫関連ページ>
建築日誌
<ランドマークタワー関連ページ>
横浜ブログ//TOP


CD&DVD NEOWING//楽天ブックス


「異国情緒あふれる 港町横浜散歩」

<BGMほのか♪>

(ちいさん)あー、きれーだね。ほら!銀杏が。きれーだなー。

ちいさん、今日は2回目の銀杏並木を歩きます。

”山下公園”

昭和5年開園。関東大震災の瓦礫を使い、海を埋め立てて作られた公園。

(ちいさん)横浜だねー。ジスイズ横浜だねー。ねー。

山下公園を歩くちいさん。開放的な空間とところどころにある木立が心を癒してくれます。

(ちいさん)あーこれですね。

ちいさん、何かの像のところへやって来ました。

(ちいさん)赤い靴はいていた女の子。

<山下公園関連ページ>
ご近所の自然

”赤い靴履いてた女の子像”

童謡「赤い靴」に描かれた実在した少女。

(ちいさん)赤い靴はいてた女の子、異人さんに連れられて行っちゃった。横浜の波止場から船に乗って異人さんに連れられて行っちゃった。今では青い目になっちゃって、異人さんのお国にいるだろう。

この女の子は、米国人の里親と渡米する予定でしたが、結核に冒され、一人取り残されてしまいました。

(ちいさん)みんながこの辺触ると、手のところが白くなっちゃって、ほら!かわいいね。

像の左手のところが触られて白くなっていました。

<赤い靴履いてた女の子像関連ページ>
walkerひで日記
七代目孫左衛門
walkerひで日記


Take it easy//運動靴屋//キッズロッジbyしんがら屋


”横浜マリンタワー”

開業100周年の記念事業として、建設され、横浜の街を一望できます。(2009年の開港150周年に向けてリニューアルのため、、一般公開はされていません。2007/12月現在)

<横浜マリンタワー関連ページ>
東京坂道さんぽ

<BGMほのか♪END↑>

「みんな休んでるは、うみねこ君が。」

山下公園でいく羽かのうみねこが一休みしていました。

「おじさんたちえさもってないよ。」


( ̄◇ ̄)エーウ!

うみねこのまねをするちいさんでした。

<うみねこ関連ページ>
探したもの

さて、山下公園に来たならちょっと、寄りたいところがあるというちいさんですが?

「あーー、きれーですねー、イルミネーションが。」

「老舗ホテルで発見! 横浜発祥の有名料理」

何だかー、ちいさんらしかぬところですけどー。創業80周年を迎える横浜の老舗、ホテルニューグランド。ちいさんのお目当てはホテルの一回にある、ザ・カフェ(ホテルニューグランド本館1階)。ここで誰もが口にしたことのある有名なお料理の元祖が食べられるそうなんですが、いったい何でしょう?

(ウェイター:小林賢治さん)いらしゃいませー。失礼しまーす。
(ちいさん)どーもー。何かねー、お聞きするところによると、こちらのー、なんか日本でも初めてのものが、いくつかあるというような・・・。
(ウェイター)はい。こちらで発祥になっているものですねー、
(ちいさん)発祥のものがあるんですか?
(ウェイター)はい、スパゲッティーのナポリタンと、
(ちいさん)ナポリタンって世界的なものじゃないの?
(ウェイター)日本にしかないもの。。。
(ちいさん)あ、そーなんですか?
(ウェイター)はい。
(ちいさん)で、それがここから始まった・・・。
(ウェイター)はーい。
(ちいさん)何でナポリタンなんだろうねー。
(ウェイター)あのですねー、進駐軍の方がトマトソースとパセタだけをかけてお召し上がりになったらしいんですね、
(ちいさん)あーーー。
(ウェイター)それがちょっと味気ないということで、今のようにハムと、あと玉ねぎの炒めたものを、ごいっしょに入れて、お出してしてたのが最初だと。

ホテルが接収された際、トマトソースだけのパスタに具材を加えてナポリタンが誕生しました。

(ちいさん)で、それが今でもその伝統の味として、あるわけですか?
(ウェイター)はい、残っております。
(ちいさん)あのー、そのーナポリタンだけですか?他にも、なんか?
(ウェイター)あと、ドリアとプリンアラモード、はい、と、いうものがこちらの方で発祥んなっております。

<ザ・カフェ ドリアとプリンアラモード関連ページ>
ぶたのちょきんばこ


サバエ・シティーホテル//毛糸・手芸・コットン 柳屋

(ちいさん)じゃ、今日は、どうでしょうねー、ナポリタンがいいでしょうねー。
(ウェイター)はい!ありがとございます。
(ちいさん)ナポリタンをいただけますか?
(ウェイター)今、お作りしてきますんで。
(ちいさん)お願いしまーす。どうも。へーー、そうなんだ、僕詳しくないから、ナポリタンってー、世界的なメニューだ。へへへ、違うんだ。

ホテルニューグランドから生まれたスパゲッティーナポリタン(1365円)。日本人の味覚にもあったのか、瞬く間に大流行!今では家庭でも楽しめる味となりました。では誕生当時から変わらぬ、元祖の味、ご堪能下さい。

<ザ・カフェ ナポリタン関連ページ>
ナポリタン×ナポリタン


( ̄~ ̄ )う~ん。

ちょっとちいさん、唸ってばかりいないで何か話して下さい。

(シェフ)いらっしゃいませ。。。
(ちいさん)あ、おいしいです。どうも。
(シェフ)座ったままでそうぞ。

シェフの登場です。

(ちいさん)これが今から何年前ぐらいですかねー。
(シェフ)えーとー、終戦直後ですから、もう50年。
(ちいさん)50年、60年、
(シェフ)そうですねー、もう60年ぐらい前になりますねー。

ザ・カフェ料理長 シェフYUTAKA(加藤寛さん)さんとおっしゃるそうです。

(ちいさん)んーー。それまでなかったんですか?日本には。
(シェフ)なかったっていうことはないんですけど、えっとー、完全にこういうトマトソースを使ってやりだしたっていうのは、ここが一番最初だと思いますよ。
(ちいさん)これを受け継ぐにあたって、伝統の味、あるいは守らなければならない調理方法っていうのは一つや二つあるんですか?
(シェフ)そうですねー、
(ちいさん)全く新しいナポリタンにしちゃーまずいんでしょうねー。
(シェフ)絶対、ニューグランドの味っていうのがありますから、それはもう、曲げないように注意してやってますねー。
(ちいさん)それはあのー、さしつかえなかったら教えて、なんか、込みいったことあるんですか?
(シェフ)そうですねー、まー、ハムと野菜類はそんなに項目は見てないんですけれども、ソース自体に力入れてます。
(ちいさん)ソースに秘密があるんですか?マル秘が。あーそうですか!

ちいさん、ここでさらにもう一口、

(ちいさん)上品でとってもおいしいです。
(シェフ)ありがとうございます。

横浜生まれの懐かしい味。その余韻に浸りながら、散歩のゴールとなりました。

今日は、3時間、4841歩、165kcalのお散歩でした。

<ナポリタンの歴史関連ページ>
桃猫温泉三昧


広島ぱすた屋//ファッションミワカネ

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング


注)このブログ情報をご利用の際には必ず、ご利用される方の自己責任でご利用下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/615-0c6fcfa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。