テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

ちいさん、今日は渋谷駅西口の歩道橋の上にやって来ました。

「今日のちい散歩は渋谷駅ですが、ここは渋谷駅のどっちかと言えば西口ですね。この西口を中心に歩いてみたいと思うんですが、僕は若いころこの西口というのは、渋谷でも、同じ渋谷でも大分、昔のままの姿が残っていたとこだったんですが、今は、どーなってるんでしょうか?このごろはどんどんこう、渋谷の西口が変わっているという様子を聞くんですが、果たしてどーなっているか、歩いてみたいと思います。まず、こっちから行ってこう行こうか!」

渋谷駅西口はハチ公の反対側。坂道が多い渋谷の裏手を散歩するようです。ちいさん、ハチ公側には良く来ていたそうですが、こちら側はあまり詳しくないようです。どんな街なんでしょうかねー。

<渋谷駅西口関連ページ>
グルーヴ天国//TOP
<ハチ公関連ページ>
社団法人農業農村工学会ホームページ//TOP


楽天ブックス

「渋谷の路地裏 緑の散歩道」

さて、渋谷区桜丘町をまずは探索です。

「このーこれは桜の並木だねー。桜並木のこっち行ってみましょうか。」

ちいさん、横断歩道を渡って緑がある方へ。

「若いころなんてほとんど来なかったけど、今はこの辺がまた賑やかになって、昔は人がいなかったですよねー、この辺!くらーい街だったんですけどねー。こういう感じじゃなかったですよねー。」

こちら、ちいさんが初めて来た頃の渋谷。今と比べるとビルが少ないですね。

こちらというのは、昭和37年のころの渋谷駅西口付近の写真(渋谷区郷土資料館)。まだ、駅前は開発途上で、それほど高いビルも建っていません。

昭和40年代に入ると何となく都会の雰囲気がしてきました。高速道路も走ってますね。

番組で流れていたのは、昭和42年、渋谷駅西口から桜ヶ丘町を、上空から撮影した映像(動画)です。高速道路が山の手線をまたぎ、都会らしさが出てきています。

こちらは、ちいさんが今いる桜ヶ丘町辺り。上空から見ると、まだまだ緑でいっぱいです。

昭和40年台の桜ヶ丘町近辺は、緑に覆われています。

<桜ヶ丘町近辺関連ページ>
その1//その2//その3//福浦写真館
渋谷文化プロジェクト//TOP


CDショップ アビーロード

さー、今はどんな街になってるんでしょうねー。

「山の上みたいなとこですね。ここは。」

ちいさん、立ち止まりました。

「ここから何か見えるよ。」

ちいさん、工事現場の目隠しの中で、一区画だけ、透明の板になっているところをのぞいています。

「すごい広さの庭だねー。庭というか。ここに大きな何か建つんすか?」

どこかのお庭だったんでしょうかねー。木々もりっぱですが、ここもビルになってしまうんでしょうねー。奥の方には、柿の木のような樹木も見えていました。


生活彩館

さらに進むと、狭い路地裏を、車がけっこう走っています。ちいさん、良く見て下さいよ。駅が近いだけあって、意外と交通量多いんですから。

(ちいさん)鶯谷っていうの?
(スタッフ)ここは、さっきは桜ヶ丘で、今度、こっから鶯谷。
(ちいさん)桜の隣に鶯がいる。桜に鶯。

ちいさん、渋谷区鶯谷町までやってきました。


プラスマークスマーケット 楽天店

<鶯谷町近辺関連ページ(福浦写真館)>
その1//その2//その3

「へーーぇ!すごい坂道だねー。」

と?

「何か松の、りっぱな松がありますよー。」

ちいさん、松の方へ近寄って行きます。

「これ、行き止まりだなー。」

ちいさん戻りましょうか!

「松を見に来たものの・・・。せっかく来たから触ってこ。」

松の方へさらに近寄るちいさん。

「りっぱな松だよ。これー。これはりっぱな松ですよ。行き止まりでしたんで戻ります。」

袋小路で大発見。でしたけど、住宅地ですからできるだけ静かに驚きましょうね。


遊恵盆栽 楽天市場店

「こんなとこあんだねー。降りてみる?」

今度はちいさん、階段を発見。狭い幅の階段です。

「行き止まりでしょうか?行ってみましょうか?」

これは、ちいさん好みの細い路地ですが、また戻るのは近所の人にもご迷惑ですよー。

しかし、路地をどんどん進むちいさん。この道は二人で横になっては歩けないほどの狭さです。

「OKです。」

今度は抜けられましたか!それにしても細い路地が続きますね。そして?

「これはまたこんな細い路地があるよ。ほら!」

どんどん、細い方へ細い方へと、進むちいさん。

「出たとこには。ほら。こんなりっぱなオリーブの木が。こんなにりっぱになってる。」

狭い路地からちょっと広い路地へ出たところに、オリーブの木が出迎えてくれました。

「薔薇があって、古いルノーが止まってて。いいですねー。おしゃれですねー。」

白い薔薇の隣には、水色がかったグレーのルノーがガレージの方からこちらを見ていました。

<ルノー関連ページ>
ウィキペディア//元ページ
↑ちいさんの見ていたルノーは、多分この車種の色違いではないかと思います。


ペットエコ&ザガーデン楽天市場店//アイウェル楽天市場店

「あ!ひまわりですねー。これは。」

え??この時期にひまわりですかー。

「ほら、蜂、ミツバチが、ほら!ちょうどひまわりの蜜をとってるとこですよ。ほら!このミツバチ、日本ミツバチですよ。これ。今、蜜を集めてるんですよー。」

珍しいですね。ずんぐりもっくりの形をした日本ミツバチ。

<日本ミツバチ関連ページ>
趣味の日本ミツバチ


アイシス・オーガニック生活便

そして、渋谷の路地裏散歩は、まだまだ、続きます。

「この一角がまた、おそば屋さんがあって、豆腐屋さんがあり、やってんの?」


シャディ 楽天市場店//北海道のたれ屋ソラチ//豆や・お茶や マルハチ

ちいさん、お豆腐屋(大和屋豆腐店)さんにお邪魔するようです。

「渋谷で見つけた味 渋谷駅西口」

(ちいさん)こちらはもう、古いんでらっしゃいましょ?
(阿部たえさん、79歳)。。。3代です。
(ちいさん)3代こちらでやってらっしゃる。。。近所の人がやっぱり買いに来るんですか?。。。
(阿部さん)ここはいまー、人間住んでませんから。あんまり。
(ちいさん)あー、そうですか。
(阿部さん)はいー。
(ちいさん)でも、お豆腐食べたがる人いっぱいいるでしょ。近所に。
(阿部さん)スーパーに行けばみんなありますからねー。
(ちいさん)ハハハハハハ!そうだけどさー、おかあさんねー。
(阿部さん)今は昔と違って入れ物を持って、買いに来るっていう時代じゃなくて。
(ちいさん)あー、そうかー。昔はみんなね、入れ物持ってお鍋持ったりしてねー、

ちいさん、絹ごし(140円)を注文しました。

(阿部さん)はい、どうぞ。

手のひらサイズのお豆腐が6つ切りになっています。

(阿部さん)今日は何の旅ですか?
(ちいさん)これはねー、”ちい散歩”というねー、散歩の番組なんです。
(阿部さん)わかった!見てます。

ここで、恒例のおすそわけです。

(ちいさん)これはいけるだろ。さ、行くぞ!

カメラさんもらいました。

(ちいさん)動いた後だから、汗ばんでる体にうまいな。この冷たい豆腐が。

カメラさんもコックリ。画面が上下しています。

(阿部さん)この辺では、うちだけ。
(ちいさん)あーそー。


無農薬野菜のミレー

渋谷区にはかつて80軒のお豆腐屋さんがありましたが、現在では17軒に減っています。

(阿部さん)うちが一番先辞めると思ったんですよねー。そうしましたら、もう、一番最後に残って。
(ちいさん)そんなこと言わないでがんばって下さいよ。おかあさん。
(阿部さん)いやー、あたしはもう。あたしは付属品ですから。

今は、息子さんが継いでいます。

「いやー、何とか続けて欲しいよねー。こういう街のお豆腐屋さんが。続けられるような状況であって欲しいよねー。」

ちいさん、そうした思いを胸にお散歩再開です。ちなみに、お隣のお店でしょうか?シャッターにスプレーで落書きされていました。

「京菓子司!」

こちらのお店は、京菓子司、清風堂さんです。大福餅一ヶ105円・道明寺一ヶ135円・くりむしようかん一ヶ155円・かの子一ヶ155円などとありました。

「ちょっと、おいしそーだなー、何か食べてこうか。かの子なんか食べてみようか。」

ちいさん、注文するようです。

(ちいさん)いいですかー?はい。どうもすいません。
(ご主人:清水辰也さん)どうもー。
(ちいさん)店前で食べてもいいですか?
(ご主人)いいですよー。
(ちいさん)かの子っていうんだっけ、これ好きなんだよ。


( ̄~; ̄)あー、おいしいよ!

(ちいさん)小豆がすごく。。。う~ん、おいしいねー。


草津温泉 本多みやげ店

(ちいさん)こちらはもう、古いんですか?
(ご主人)うちは、40年とかそれくらいになります。
(ちいさん)じゃー、お父様かなんかがやってらした。
(ご主人)そうですね。うちの親父の代からですから。
(ちいさん)あー、そうなんですか。こちらで和菓子屋さんを。
(ご主人)そうですね。
(ちいさん)なんかすごい様変わりして、昔のイメージで歩いてたら。。。
(ご主人)昔のイメージで残っているのはそこの材木屋さんぐらいしか残ってないんじゃないでしょうか?
(ちいさん)う~ん、ほんとだね。

こちらの和菓子屋さんの前には、材木屋さんがあって、角材がたくさん立てかけてあります。
<材木屋さんというのはこのお店ではないかと?→渋谷の暮らし//元ページ

(ちいさん)古いものがこうあって、その向こうに新しいビルが・・・。

昔ながらの風景、残してもらいたいものですけど、なかなか大変のようですねー。


越後の和菓子 魚沼食房//e-和菓子shop//赤坂もちの赤坂青野

「渋谷の路地裏散歩」

「もうすごいねー、なんか、古さと新しさがもう、両立できないでいるみたいな。」

草が野放図に生い茂り、そこに無造作に放置された車が、激しく移り変わる時間の流れを象徴しているかのようです。

(ちいさん)もう、間に合わないというのかなー。
(スタッフ)また、古い家がこうやって・・・。
(ちいさん)ねー。

一方で、センス良くリフォームされた黒っぽい板壁の家もありました。

「普通の古いうちですよ。かえってモダンじゃないですか。」

そして?

「これ、何の店ですか?猫(の置物)がいっぱいいますよ。」

ちいさん、お邪魔してみるようです。

(ちいさん)あー、こちらは猫グッズですか?
(店主さん:板屋ちさとさん)はい。。。

こちらはキャット・クリック代官山さんです。

(板屋さん)もう、猫が大好きで、猫の雑貨を集めるのも大好きでー、趣味がこうじてお店を開くことになりました。
(ちいさん)あー、そうですか!ものすごいかわいいんだってねー。
(板屋さん)もう、ほんとにかわいくてかわいくてたまならない。
(ちいさん)あのー、小野武彦って俳優知ってます?
(板屋さん)あ、はい。
(ちいさん)あいつ全然、そういうの見えないでしょ。
(板屋さん)ええ。
(ちいさん)ところが、今、うちへ帰るのが楽しみなのがねー、猫が待ってるからだ。そういう感じあるんですか?
(板屋さん)そうなんです。

こちらは、ご自宅の一部屋を改造して作った四坪の小さなお店。そこに溢れる猫をモチーフにした雑貨は、なんと1000種類ほど。お店じゅう猫だらけです(ここではチビ猫ナルシス2730円が紹介されていました)。

こちらは、人気のぬいぐるみ(ブルース♂4歳13440円)、肉球まで再現されたブルース君は、このふてぶてしい表情にファンが多いそうです。

そして、一番人気がこちらの商品(ワイパーキャット683円)。何ですかねー。

(板屋さん)携帯の画面を拭いていただく、
(ちいさん)あーー、これで!
(板屋さん)指人形になっております。
(ちいさん)指人形でこうやって拭いてやるといいんですね。
(板屋さん)はい。
(ちいさん)こうやってやって拭いてやると。なるほど。

ところで、ちいさん、こちらのお店の場所が気になっているようです。

(ちいさん)ここは代官山ですか?住所は。
(板屋さん)住所は猿楽町ですね。
(ちいさん)猿楽町でしょ?
(板屋さん)はい。よく、奥代官山とか裏代官山とか、この裏通りのことを指して、言いますねー。
(ちいさん)やっぱり、そこには、小さいながらも、こう、面白いお店があるということなんでしょうねー。
(板屋さん)そうですねー。
(ちいさん)あんまりおじさんのような人は来ないですね。
(板屋さん)いえ、いらっしゃいます。
(ちいさん)そうですか?
(板屋さん)はい。ふらっと立ち寄られる方も。
(ちいさん)すいませんね。ふらっと立ち寄って。ハハハハハ、ほんとに。

<キャット・クリック代官山関連ページ>
グリッシーとゆるねこ生活


オリジナルぬいぐるみ販売TAKENOKO

ということで、ふらっと、お店を出て、お散歩に戻ろうとしたのですが?お店の前に、

「こんなところに、こんなに一生懸命、これ、自然で生えてんだろう?生やしたのかなー。」

ちいさん、オレンジと黄色の花を咲かせたそのかわいらしい植物の根本を調べています。

「石がはずしてないよなー、まさかなー。」

それは下に敷いてある石と石のわずかな隙間から出ています。ここで、板屋さん、再登場です。

(ちいさん)これ何っつったけねー、これねー。
(板屋さん)ランタナ。
(ちいさん)そうそうそう。ランタナですよ。きれーな色だねー。黄色から赤になるオレンジになる。これ、全部、これんなっちゃってるみたいですねー。ハハハハ!

<ランタナ関連ページ>
植物園へようこそ//TOP


隣のお花屋さん

さて、ちいさん、お散歩を始めましょう。

「ネコ、寝てますよ。ほら!」

ちいさん、どこかのお宅の駐車スペースのはじっこに置いてあったバイクの上で、にゃんこがうとうとしているのを見つけました。

(ちいさん)どうもどうも!お邪魔してます。あのーそこにネコショップがあるのをご存知ですか?
(ネコ)・・・
(ちいさん)知らない。眠いですか?やっぱり。
(ネコ)・・・
(ちいさん)そうですか。どうもお邪魔しました。


ハピネット・オンライン

と、いうことで、次へ向かいましょう。

「これまたおしゃれな。これ駄菓子屋さん。」

ちいさん、こちらにお邪魔するようです。

(ちいさん)こんにちはー、小さくてかわいい店ですねー。
(店主さん:今泉圭子さん)ありがとうございます。

こちらは、代官山、あおぞら1号というお店です。

(ちいさん)へーーー、この辺、子供さんはいらっしゃる?
(今泉さん)ええ。
(ちいさん)何かあるの?
(今泉さん)小学校と中学校がありますから。
(ちいさん)あー、そうなの。

先ほどの板屋さんもそうですが、駄菓子屋と言っても、おばちゃん風じゃありません。セレブ風です。

(ちいさん)いいよなー。このぐらいのなら、思い切って買えるなー。10円、10円、15円。

しかし、駄菓子の値段は庶民的です。

(ちいさん)これ、おいしそうじゃない?ねー、何で笑ってんのよ。こん中で何食べたい?

ちいさんが選んだのは、焼肉カルビ太郎、焼肉さん太郎、石焼ビビンバ太郎の味のするお菓子です。この中から選ぶそうです。


ゆっくんのお菓子倉庫//フェスティバルプラザ

(ちいさん)ビビンバ?
(スタッフ)ビビンバ!
(ちいさん)ビビンバ、おし!じゃ、ビビンバを二つ。二人で食べような。

ちいさん、御会計です。

(ちいさん)20円でいいですか?
(今泉さん)はい、20円で。
(ちいさん)消費税はいらないですか?
(今泉さん)はい。

ちいさん、外へ出て試食ターイム!外には、テーブルといすが置いてあります。

(ちいさん)ビビンバ(10円)ってどんな味すんだろー。

ビビンバですか!う~ん?何だか表現しにくそうですねー。いかがですか?

(ちいさん)まさしく、ビビンバ!

カメラさんも食べさせてもらいます。

(ちいさん)ねへ?

カメラさんも笑ってます。

(ちいさん)ねー、駄菓子って何でこんなに良くできてんの?10円だよ。

ちいさん感動したのか、再びお店の中へ。

(ちいさん)これ。おいくらですか?ラムネ。

今泉さん冷蔵庫の中からラムネを出してくれます。

(ちいさん)それで、ここに入れて?

ちいさん、ラムネの開け方講習を受講中です。

(今泉さん)上手ですよね。
(ちいさん)上手ですよって、ラムネ昔良く飲みましたからね。あまり、飲んだことないでしょ。
(今泉さん)え?飲んだことありますよ。
(ちいさん)子供のころ?
(今泉さん)ええ。
(ちいさん)ラムネを飲んだ世代?違うでしょ?
(今泉さん)そうです。
(ちいさん)もっと、ズーッと若いでしょ?

ちなみに、ラムネは一般のお店では取り扱いが減りましたが、お祭りや縁日の日には細々とですが、絶えることなくあったようです。

(ちいさん)あーー、ラムネ。いいね。

<代官山、あおぞら1号関連ページ>
YoichiTakagi iBlogs


いわゆるソフトドリンクのお店

代官山近くの路地でラムネで一服。ほっと一息ついたところで、今度はどちらに向かいましょうかねー。

<BGMほのか♪>

”渋谷川”---渋谷川に下水道の高度処理水を流すなど復活事業をしています。

(ちいさん)清流の復活、渋谷川。渋谷川って言うんですか?

新宿御苑に源があり、渋谷の宮益坂から港区の境までが渋谷川です。

(ちいさん)ほんとだ、きれーになってる!昔、この川はきたないので有名だったもんねー。

明治期までは桜ヶ丘付近は水車がある田園地帯でした。

<渋谷川関連ページ>
東京西北部の中小河川//TOP

”河骨川”---渋谷川の支川の河骨川は、唱歌「春の小川」のモデルとなった川です。

ちいさん、並木橋交差点のところまでやってきました。

<河骨川関連ページ>
河骨川の写真//渋谷川・古川流域連絡会//TOP(東京都建設局)
↑中央にある左下から右上に流れる川が河骨川のようです。
<春の小川関連ページ>
Classic MIDI Reinmusik//TOP


BIGオンラインSHOP

「渋谷の路地裏散歩 緑の散歩道」

(ちいさん)これ何?あー、そうだねー、渋谷区ふれあい植物センターだねー。あー、こういうものがあることも知らなかったねー。

<BGMほのか♪END↑>

ちいさん、渋谷区ふれあい植物センターに入ってみるようです。

(ちいさん)どっから入ったら?入園料はいくら?。。。
(案内の男性)こちらの方にですね。無料券の条件っていうのがございまして、
(ちいさん)もうねー。十分該当するんですよ、これ、”60歳以上の方!”。一般入園料の方、100円。100円入れようよ。
(ちいさん)出てきました。これ買えば100円で入れます。

こちら、入園料100円、月曜日休園(祝日などの場合は翌日)。ちいさん、結局、100円支払って、券売機で券を買います。駅の改札のようなところに、さっきの券を入れて入場すると、緑がいっぱいに拡がっていました。

こちら、渋谷区ふれあい植物センターは、明治通りから一本裏手に入ったところに拡がる癒しの空間。まず目を引くのが都会では見ることができない、数十種類にも及ぶ熱帯の植物たち。そして、渋谷区で生まれた唱歌、「春の小川」をイメージしたせせらぎには、メダカやホタルもいるそうで、初夏にはホタル鑑賞も行われるそうです。

(ちいさん)水の音がこう、聞けることがあまりないから、せせらぎのこの音を、そういえば珍しいもんねー。


あそび隊//フォーカス

ちいさん、くわしい方に、園のことをお聞きしてみることにしました。

(ちいさん)こちらは、区の。
(大木弘文さん)区の施設です。そちらに、清掃工場がございますね。あれを建てるにあたりまして、その地域住民の方に迷惑をかけるということで、その還元施設ということで、ここが作られました。
(ちいさん)あー、そうなんですか。緑の少ない東京の人たちにも、緑を楽しんでもらおうというための施設ですか。

季節ごとのさまざまな企画も好評だそうで、今は菊の展示が見ごろを迎えています(「さまざまな菊花店」展、11月25日)。ほかにも見所があるそうですから、見て回りましょ。

(ちいさん)ああ、これハーブだ!うぁー、いい匂いだ。


ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

ちいさん、3階のハーブガーデンにやって来ました。ハーブガーデンはふれあい植物センターのテラスに作られています。

(ちいさん)こんなにハーブの種類ってあるの?
(ボランティアスタッフ:石田美恵子さん)はい。こちらが、今、花はありませんけれども、ラベンダーなんです。
(ちいさん)ラベンダーね、”北の国から”で、よくお世話になりました。
(石田さん)ハーブは香りがありますので、触って、お楽しみ下さい。
(ちいさん)ほんとだね。

<ラベンダー関連ページ>
植物園へようこそ!//TOP

(石田さん)あのー、しごいてみて。
(ちいさん)カレープラント。カレーライスのカレー?
(石田さん)はい。
(ちいさん)そういやー、そうかもしれんなー。あ!そうだ、そうだ。隣のうちで作ったカレーぐらいの香りがする。

カレープラントは、葉茎からカレーの香りがします。

(石田さん)昨日、子供たちが、これ一生懸命触って、お腹空いたーとか言ってました。
(ちいさん)ハハハハ、あ、そー。こういうのあのー、例えば、自分のうちでこれだけやるのも大変でしょうけど、こう風になったらいいですねー。
(石田さん)そうですねー。
(ちいさん)いろんなものに使えたり、ねー、ちょっとしたときに、なんかそれでやると匂いがねー、全然違ったりしますよねー。

<カレープラント関連ページ>
季節の花300//TOP


大神ファーム


ボランティアの方にお願いすると、ハーブを摘んで、ハーブティーをご馳走してくれます。ちいさんが頼んだのは、レモングラスとミント。疲労回復に効果があるとか。

(ちいさん)お茶もいただけんですか?ここ。
(石田さん)はい。どうぞ!
(ちいさん)じゃ、今日は遠慮なく。
(石田さん)はい。他のお客様、差し上げてますので。
(ちいさん)あー、おいしい!

摘み立てのハーブティーで疲れを癒したちいさん。こちらを散歩のゴールにするようです。

今日は、3時間、4655歩、159kcalのお散歩でした。

<渋谷区ふれあい植物センター関連ページ>
FOMA in TOWN//TOP
渋谷区ふれあい植物センター
東京おさぼりマップ


健康アロマ クローバー//雑貨ギャラリーbe.

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング


注)このブログ情報をご利用の際には必ず、ご利用される方の自己責任でご利用下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/596-58479542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。