テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

ちいさんの京橋散歩(071029)もどうぞ!

(ゆうこちゃん)今日は江東区にお住まいの幸坂さんからお便りをいただきました。
(ちいさん・生稲さん)ありがとうございます。
(ゆうこちゃん)幸坂さんは、ここ3年ぐらい日本橋と京橋の老舗を回るツアーに参加されているそうで、京橋を是非さんぽしていただきたいとのことでした。


ながの東急百貨店//京橋千疋屋

<ちい散歩くらぶ 芸術の秋を満喫! 京橋編>

(ゆうこちゃん)今日は秋の芸術。美しいものを求めて京橋を散歩します。

(京橋のゆうこちゃん)「まず、どっちから行きましょうかねー。」

ゆこちゃんがやってきたのは、まさにオフィス街。広い歩道の端には黄色い花が植えられていて、ちょっとした癒しになっています。ところで、ゆうこちゃん、どっちに行こうか迷ってしまい、フィギアスケートのように、くるくる回って迷っていましたが、

(京橋のゆうこちゃん)「なんか、右も左もわかんないけど、こっち行ってみましょうか?」

とにかく、歩き始めたゆうこちゃんでありました。


ハピネット・オンライン

(京橋のゆうこちゃん)「何かあたし、京橋のイメージっていうとね、この花壇なんですよね。」

ゆうこちゃん、沿道に植えられている黄色い花を指差しています。

(京橋のゆうこちゃん)「花壇が、メイン通りの花壇がすごいきれいだっていうイメージがあるんですけど。いっつもね、植え替えてあるところを見ると、けっこう力入れてるんでしょうねー。」


ザ・ローズショップ

(ちいさん)この辺はやっぱ、ゆうこちゃんじゃなきゃわかんないね。男のスタッフじゃわからない。これはね。
(生稲さん)そうですねー。
(ちいさん)花がきれい。ね!いいことだよ。
(生稲さん)でも、ほんときれーですねー。
(ちいさん)ねー、きれーですねー。
(生稲さん)ええ!
(ちいさん)これ、あるなしで大分違うよねー。

(京橋のゆうこちゃん)「これ、何だろう。」

京橋のゆうこちゃん、何か発見したようです。

(京橋のゆうこちゃん)「薔薇のチョコレート。」

ビルの壁面に、”薔薇のチョコレート”という文字が踊っています。

(生稲さん)うん?
(ちいさん)薔薇のチョコレート。

(京橋のゆうこちゃん)「今まさに、シャッターが開こうとしてる、このあそこ行ってみましょうか?」


ウェルネス

ゆうこちゃん、薔薇のチョコレートと書かれていた建物に近づいて行きます。

(京橋のゆうこちゃん)「早い時間に散歩してるのバレちゃいますねー。」

(生稲さん)開けさしたんじゃないの?

(京橋のゆうこちゃん)「あっ!きれー。見て下さい。」

そのお店のショーウィンドーには、薔薇の形のチョコレートがありました。

(生稲さん)あー、ほんとだー。
(ちいさん)薔薇があるよ。おいしそーだねー。きれーだねー。

「全て手作り!トゲがない甘いバラ」

(ゆうこちゃん)こちらのメサージュ・ド・ローズさんは、薔薇の形をしたチョコの専門店なんです。女性は薔薇が大好きですからねー。
(生稲さん)はーい。大好き。一番好き。うーん!

(ゆうこちゃん)チョコレートはフランス製の甘さを控えたものを使用し、一つ一つ手作りでこの薔薇を作って行くきます。

ここでは、ミニヨン(1680円)プチローズ(1260円)が紹介されていました。こちら、ミニヨンは、ホワイトチョコも使った薔薇の花のチョコで、プチローズはピンク色をした花チョコも入っています。

(ゆうこちゃん)その製造工程は秘密なんですって。
(生稲さん)きれー!
(ゆうこちゃん)中身だけじゃなくて、外の箱も手作りなんですねー。
(生稲さん)うぁ~、ほんとだー!

どういう作りは分かりませんが、まるで、刺繍(薔薇の刺繍)がしてあるかのように見える、チョコの箱です。

(生稲さん)後もつかえますね。箱も。

(京橋のゆうこちゃん)「この一つ一つの花はどうなってるんですか?」
(くぼた輝さん)「これはですねー、1、2、3、4層になってまして、上に行くに従って甘いんですね。」
(京橋のゆうこちゃん)「あー味が違う。あーーこういう風になってるんだ!」

(ちいさん)ええ?!味が違うの?へぇ~~!
(ゆうこちゃん)食いしん坊のわたしが見つけたこのチョコ(ソニア・アン、1050円)。実は4種類の味でできているんです。薔薇の花の中心が甘くて、だんだん、ほろ苦いチョコになっています。
(生稲さん)うぁ、考えてるぅ!
(ゆうこちゃん)バラバラして食べようかなーって思ったんですけど、
(ちいさん)そうじゃなくて、
(ゆうこちゃん)わたしの場合、一気食いです。

ゆうこちゃんらしくていいです。女は一気です。

(ちいさん)一気に食う。あー、これでもさー、一気に行く食べ方がいいのかねー。これ。外がほろ苦いんだろ?だんだん甘くなるってことだよ。
(生稲さん)。。。これ、どーやって食べたらいいんでしょうねー。

(京橋のゆうこちゃん)「甘さが違います。ビターなとこと、あまーいとこが混じる。」

(ゆうこちゃん)これは好きなように、バラバラで。
(ちいさん)バラバラ。あ!うまい!
(生稲さん)うまいね!
(ちいさん)バラバラでいいんだって。なるほど。食べ方はバラバラか。
(ゆうこちゃん)バレンタインに女の子が買い漁って、品切れになっちゃうんですって。
(生稲さん)あーー、分かる。
(ちいさん)まだ、一度ももらったことないなー。

ちいさん知りませんよ。そんなことテレビで言ったら、来年のバレンタイン、大変なことになりますよ。今やお返しは3倍返しが定着しております。

<メサージュ・ド・ローズ関連ページ>
おいしいもの
Night sky full of stars


楽天ブックス

さて、京橋のゆうこちゃんは?チョコのお店を出て、次へ向かっています。

(ゆうこちゃん)天ぷらですねー。
(ちいさん)あー、僕、この間ここ通りました。

映っているのは、”天七”さん(のれんには”七天”と書かれてました。)ですが、ゆうこちゃんは通りすぎちゃいました。恒例のフェイント散歩です。

<天七関連ページ>
二宮亭駄菓子のよろず話//TOP
↑天七さんの写真は一番下です。この界隈の雰囲気が良く出ていたページです。

(京橋のゆうこちゃん)「な!なんだ、あれ?」

京橋のゆうこちゃん、何か発見したようです。

(ちいさん)あーー、ここも出てきました。

「矢島アナ思わず購入!?美しいペルシャ絨毯」

(京橋のゆうこちゃん)「あ!ペルシャ絨毯って聞いたことある。」
(店主さん:赤間エミさん)「大変な最高級ですよ。」

(生稲さん)高級な。うん!

(京橋のゆうこちゃん)「わー、素晴らしー!」
(店主さん)「今から知ってたの?聞いたことある?」
(京橋のゆうこちゃん)「名前だけ。ペルシャの絨毯って有名じゃないですか?」
(店主さん)「それはそうよ。ペルシャ絨毯って世界中で一番だもん。」
(京橋のゆうこちゃん)「そうですよね。」

こちらの、お店はアパダナ、店主さんはイランのご出身だそうです。

(ゆうこちゃん)次にやってきたのは、ペルシャ絨毯の専門店。店内には色鮮やかで繊細な柄の絨毯が所狭しと並んでいます。ペルシャ絨毯は一般の絨毯に比べて高価なんですね。その分、丈夫な作りになっているそうで、使えば使うほど、味が出てくるそうです。とはいえ、庶民のわたしたちからしてみれば、やはり、手の届くものではないですねー。

ここでは、タブリーズパレオ(130万2千円)・クムシルク(310万9750円)が紹介されていました。

(ゆうこちゃん)折りたたまれているこちらが、367万5000円(税込)。
(ちいさん)こんな上で寝転がっちゃいけないね。
(ゆうこちゃん)そもそも、何でこんなに高いのかというと、全て手作りで世界に二つとないものなんです。材料は、高いものになればなるほど、草木染めで染めた肌触りのいい、シルクをふんだんに使います。わたしが一番気に入ったのがこの作品です。イランには日本と同じように四季があるそうなんですけども、その四季を表しています。

(京橋のゆうこちゃん)「これはいいわー。良かったら、良かったら、良かったら、一つなんて思うんです。ゼロが一個多いですからー!」

ゆうこちゃん、”良かったら”に力がこもってますが、値段が・・・。

(店主さん)「いくらだと思った?」
(京橋のゆうこちゃん)「24万だとか思った。」
(店主さん)「えーー、違いますよこれ。241万5000円!」
(京橋のゆうこちゃん)「ちーさーん!ちーさーん!」

ゆうこちゃんにいきなり呼ばれてしまったちいさん。

(ちいさん)はいはい。

(京橋のゆうこちゃん)「あたし25歳になったんですけどー。」

(ちいさん)いいぞ。いいぞ。おじさんに何でもいいなさい。
(ゆうこちゃん)すごー。
(生稲さん)太っ腹ですねー。

(店主さん)「例えば来年だったら、この値段じゃないのよ。」
(京橋のゆうこちゃん)「え?何で何でですか?だって、」
(店主さん)「あんな、ペルシャ絨毯も作る人も、だんだん減ってるんよー。で、ものがものすごく上がってるから、毎年、毎年、上がっちゃうの。」
(京橋のゆうこちゃん)「あ、じゃー年々貴重になってる。」
(店主さん)「そうそうそう。」
(京橋のゆうこちゃん)「今、買っといた方がいいのかなー。」
(店主さん)「そう!今、買った方がいいよ!今日だけはお安くしとくから、いいよ。今日は決めた方がいいですよ。」

店主さん、口がうまいです。

(京橋のゆうこちゃん)「今、そんな気になっちゃう。」
(店主さん)「いや、ほんとに今日決めた方が絶対、お得なんです。」

(生稲さん)おじょうず。

(店主さん)「後、2、3ヶ月すれば、多分、もっと上がっちゃう。100万円ぐらい上がっちゃうのよ。」
(京橋のゆうこちゃん)「ほんとに!ほんとに、100万も?」
(店主さん)「そう!」

ゆうこちゃん、決めるなら今ですよ。

(京橋のゆうこちゃん)「どうしよう?」

(ゆうこちゃん)相当悩んだんですが、結局、240万円を出すことはできませんでした。やっぱり、ちいさんに買ってもらおうかなー。
(ちいさん)そうだなー、それがいいなー。
(生稲さん)あたしの分もお願いします。
(ちいさん)いいよいいよ。

今日のちいさんあくまでも強気です。

<ペルシャ絨毯関連ページ>
ペルシャ絨毯ギャラリーアッサラーム
↑ROOM A~ROOM Cまでの写真があります。


ウール100%手織りキリム//ペルシャ絨毯専門店メヘラン//Rug Bazar

さて、高額のペルシャ絨毯に溜息のゆうこちゃんは、次へ向かいました。

「京橋は美術館!?芸術の秋!画廊散歩」

(京橋のゆうこちゃん)「東京近代美術クラブ。何か水彩画が飾ってあります。」

(ちいさん)この辺にはほんと、絵がたくさんあるから、街を歩いてても楽しいでしょう。ねー。

<東京近代美術クラブ関連ページ>
看板よもやま話

(京橋のゆうこちゃん)「あー、あそこもそうだー。ねー、おっきな絵ですねー。」

(ちいさん)ほんとにこれはねー、僕も、一回、これだけで散歩できるよねー。
(ゆうこちゃん)ほんとに、画廊やギャラリーが多いんですけど、その中の一つにお邪魔しました。
(ちいさん)なかなかこういうとこは、カメラと伴に入れないんだよねー。普通。


掛軸堂画廊//フレームインテリアオカモト//ultra-magnifique

ゆうこちゃんがお邪魔したのは、ギャラリーくぼた(別館)さんです。

(京橋のゆうこちゃん)「すごいきれーな色彩ですよねー。」

ゆうこちゃんが見ているのは、花と果物が満載の絵です。

(京橋のゆうこちゃん)「これ、面白いですね、ピアノがこの大きさなんですね。」

(ちいさん)素敵な絵だなー。あーいいなー。

こちらで、ゆうこちゃんの見ているのは、テーブルの上に活けられた花や置いてある本、そして、コーヒーカップの大きな絵の前に置かれている黒いグランドピアノの絵です。背後の絵とグランドピアノの大きさが現実ではありえなさそうですが、背景に書き込まれている絵がとてつもなく大きいということでしょう。


MUSIC FACTORY SHINWA

(生稲さん)えー、面白い構図なんですね。
(ちいさん)ねー、こんな絵を描ける人がうらやましい。
(ゆうこちゃん)こちらでは、細木久慶さんという方の個展が開かれていました。(”癒しの絵画 細木久慶 個展”現在は開かれていません。)

(ゆうこちゃん)こちらは、「バラの庭園」と、いうタイトルなんですけど、赤が印象的ですよねー。そしてこちらは、「昭和の時代」、なんか絵の中にちいさんが出てきそうな感じですよねー。まさに、ちい散歩。
(ちいさん)あーいいねー。
(生稲さん)あーいい雰囲気があって。

(ゆうこちゃん)この描いた細木さんご本人にもお会いしに行きました。で、ちょっと、びっくりしたことがあったんです。
(ちいさん)あーそうですか!

(京橋のゆうこちゃん)「あー、こんにちはー。」
(細木さん)「こんにちはー。」

部屋の中には、たくさんの絵があって、特に雪をいただいた富士山の絵が印象的です。

(京橋のゆうこちゃん)「きれーですねー。おー!。。。ちなみに、お描きになってる方でいらっしゃいますよねー。」
(細木さん)「はいはい。」
(京橋のゆうこちゃん)「細木さんでいらっしゃいますか?」
(細木さん)「はい!細木です。。。元気に明るいパワーの出る絵って、誰かさんに似てるんだけど。フフ。」
(京橋のゆうこちゃん)「と?いいますと?細木さんというと。」
(細木さん)「数子さん。」

(ゆうこちゃん)そう、あの細木数子さんの実の弟さんなんです。
(ちいさん)ええー!!

(京橋のゆうこちゃん)「弟さん!」
(細木さん)「はい、そうです。」

(ちいさん)あー、似てらっしゃるわねー。
(生稲さん)ほんとだ。

(細木さん)「一つ違いの。」
(京橋のゆうこちゃん)「そう言われると、お話の仕方なんか似てる。あの、職業、画家さんっていうことでいいんですか?」
(細木さん)「そうですね。はい。見たとおりこれだけ、このビルの3階まで、描いてます。」

(ゆうこちゃん)そんな細木さんのお気に入りの作品は、この”赤富士”、この絵を飾ると運気が上がるんだそうです。

<細木久慶さん関連ページ>
細木久慶アートギャラリー


楽天ブックス

さて、京橋のゆうこちゃんは、画廊を出てきました。

(ゆうこちゃん)ほんとに京橋のお散歩は美術館の中を歩いてみたみたいな感じなんですよね。
(ちいさん)ほんとにそうですよね。右も左もそうだからね。

と?

(京橋のゆうこちゃん)「何だろう。これ。」

ゆこちゃん、立ち止まって、何かを読んでいます。

(ゆうこちゃん)神秘のゆらぎ療法。
(生稲さん)あ、出た!また、また、癒されるのね。

と、いうわけで、ゆうこちゃん、お店(ゆらぎ療法サロン ピアチェ)の中へ。

「散歩のシメにゆらぎ体験」

(ちいさん)こういうとこは生稲さんなんかは、こう、普段入る?
(生稲さん)なかなかねー、最近は、もう、行かなくなっちゃった。
(ちいさん)入りずらいもんなの?そうでもないもんなの?
(生稲さん)そーう、う~ん、なかなか入りずらーい。
(ちいさん)男の僕なんかは、とってもじゃないけど、入れない。こういうところは。マッサージとか、まだ、かたもみとかなら、まだいいんだけどさー。
(生稲さん)いやでもね多分、女性だったらフッとね。雰囲気良かったら入っちゃう。
(ちいさん)あーそうですか。そういうもんなんですか?

そうこうしているうちに、京橋のゆうこちゃんは、すでに、施術台の上に横たわってます。ゆうこちゃんは、首の部分など、上半身中心にまずはやってもらっています。

(ゆうこちゃん)このゆらぎ療法。

ったり
くになる
じゅつ

ということで開発した療法なんです。

(生稲さん)なるほど。
(ちいさん)ゆったり、らくになる、ぎじゅつで、”ゆらぎ”ですか!
(ゆうこちゃん)スポーツマッサージやあん摩、そして気功などを組み合わせて先生(榊優維さん)が開発しました。
(ちいさん)気功!

ゆらぎ療法、初回40分、5000円だそうです。

(ゆうこちゃん)今度は足をやってもらいました。
(ちいさん)あー、気持ち良さそー。
(ゆうこちゃん)しかも、先生が美人でしょ?
(ちいさん)きれーだよ。ねーいいねー。狭い部屋で。ヘヘヘ。
(生稲さん)なーに考えてるんですか、ちょっと。狭い部屋でって。昼間ですから、まだ、午前中ですから。

京橋のゆうこちゃんは、気持ち良さそうに寝ちゃってます。


( u _ u ) クゥゥ。o◯ちいさん絨毯買って。

(京橋のゆうこちゃん)「あーー、気持ち良かったです。」

(ちいさん)毎回、寝てんねー。ゆうこちゃん。ちい散歩というより、ゆうこ昼寝・・・。

(京橋のゆうこちゃん)「なんか、ちいさんとしゃべってる夢?ちいさんとずっとしゃべってました、あたし。」

(ゆうこちゃん)秋の芸術を求めた今回の京橋。最後は夢の中をちいさんとお散歩をしていました。

<今日のお土産>
メサージュ・ド・ローズの薔薇のチョコレート(グラン・ペダル2940円)

(ちいさん)生稲さん開けて、僕、開けないでもらって帰る。
(生稲さん)どーしてー!

と、いわけで、生稲さんは箱を開けました。

(生稲さん・ちいさん)うぁーーー!
(生稲さん)うれしーー!

手のひらサイズの大きな薔薇の花がその箱いっぱいにできあがっていました。

今日のランキングは?


ホームメイドショップKIKUYA//プロフーズ

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/593-f4cc6f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。