テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

「こっからはですねー、あまり観光では来ないだろうという、日光東照宮ができる前の、僧侶たちの修行の場だったというようなところを、あえて!ちい散歩はですねー、あえて散歩してみようということですが・・・。」

周囲は林になっていて、道路は舗装してあるのですが、少し暗い感じのするまさに、山道を進むちいさんでした。


アットマークジュエリー

「あーー、冷たくて気持ちいい!」

ちいさん、道のそばを流れている小川に、手を入れてみました。

「あーーー!」

ちいさん、顔にも、水をちょっとつけ、

「あーー、気持ちいいよ、ほら!」

ちいさん、生き返ったような顔をしてます。水量も豊かで流れは少し早い小川でしたが、そのせせらぎの音が、心を癒してくれそうです。

「目が覚めるわ!」

ちいさん、再び歩き出しました。しばらく、歩くと、古びた鳥居と社殿がありました。そこに深々とお辞儀をするちいさん。

「へーー、これは、日光山を開いた(日光山を開いた勝道上人の墓)、」

8世紀末に日光山を開いた、勝道上人(735~817)。山岳信仰の彼らが歩いた道が、今もここに残っていました。

「あーー、これはなんかすごいですねー。」

ちいさんが、見ているのは、仏岩です。6体の、体長50センチ程度の仏像が、岩のくぼみのところに安置してあります。

「ふ~ん、これはやっぱり、すごいなんか、おごそかな気持ちになりますなー。みんなこの神は厳しい顔してますわー。一番向こうのこれは何だろう?ねー、りっぱな顔してるわ。」

ちいさん、仏像をなでながらしみじみ語って、最後に手を合わせていました。

<勝道上人の墓関連ページ>
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡//TOP


和のある暮らし 布紙木工房//コスチュームで仮装大賞//秀岳荘NETSHOP

「いいですねー、この静寂は!水の音しかしません。」

ちいさん、石畳の続く、滝尾古道を歩き始めました。

「僕は以前、熊野古道を歩いたことがあるんですが、ちょうど、こういう感じでしたね。やっぱり、昔はこういうところの作り方が同じだったんだろうね。だから、石をこう、まーいろんなとこから石を集めて、平らな部分をこう出すようにして、張詰めたんだろうし、その後いろんな人が踏んで、こう平らになったりしたんだろうけど、ちょうどこういう感じでしたねー。」

<滝尾古道関連ページ>
きままなカメラアイ(その1)//(その2)
↑(その2)に仏岩のアップの写真もあります。
きままなカメラアイ//TOP


小さな石屋さん

道はさらに続きます。

「これ、もう少し秋が深まったら、ほんとうにきれーだろうねー。」

ちいさんの行く手には、木々が生い茂り、絶好のハイキング道になっています。


日本花卉ガーデンセンター

「あーー、素敵だなー。。。うわー、ここにも大きな杉があります。ほら!はー、すごいな、ほら!すごいよ!」

カメラさん引いて映そうとしていますが、大きな杉なので、画面からはみ出してしまいます。

「これ、なあに、何でこれ濡れてんの?」

ちいさん、杉の大木に触りながら、不思議そうにしています。

「雨じゃないのに。はーーー。でもね、冷たくないの。なんかこうね、あったかいものを感じる。」

まさに、自然と信仰が一体化したような聖地。この辺りには、家康が関が原のい合戦で乗った馬の墓所(神馬の碑)や小さなほこらなど、様々なものが点在しています。

<神馬の碑関連ページ>
家康公史跡めぐり//TOP


天使のやすらぎ

「フフフ、下見なきゃならないし、上を見たいし・・・。」

ちいさん、川のほとりへやってきました。少し上流の方には滝のようになっている場所がありました。

「はーーぁ!」

こちらは、白糸の滝。豊富な水量が、涼しさを醸しだしていました。

「(カメラさん)気をつけてー。はーーぁ!」

ちいさん、しばし立ちつくして、滝に見入っています。

「ほんとに、気持ちいいなー。まいったよー、東京からわずか車で2時間半ぐらいところにねーー、僕も日光何回も来てるけど、ここは初めてだけど、やっぱりちょっと感動するねー。この景色とこの雰囲気は。う~んいいわー。」


\( ̄▽ ̄)/うぁーーー!

ちいさん、体いっぱいに森の精気を感じたようですね!

<白糸の滝関連ページ(滝の細道)>
その1
その2
その3
その4


わくわくショップちゅーりっぷ//暮らしの幸便

ちいさん今度は、長い階段を上って行きます。

「運だめしの鳥居!」

この鳥居、三度石を投げて、穴に通るかどうかで、運試しをするそうです。(鳥居の中央には、穴のあいた石があり、この穴が的になっているようです。)ちいさん、早速挑戦です。

「これは難しいぞ、相当!」

たしかに難しそうです。

「だいたい真ん中の四角い石に当たるかどうかもわかんないけど。」

第一投!

「全然低い。一つ!」

第二投!

「あー、二つ。」

今度は高すぎて鳥居の上の部分に当たりました。第三投!

「あーーー。だめでした。」


スパート

あー、残念!さー気を取り直して進みましょう。奥には赤い建物が見えますよ。

「りっぱな建物だねー。誰もいないよ。見てんのは杉だけだよ。」

見る者の背筋を伸ばすようなおごそかな美しさ。ひっそりとした空間。世界遺産独り占めです。(世界遺産重要文化財 瀬尾神社)

「やーこれはやっぱ来て良かったねー。これも重要文化財ってか、世界遺産の一つだそうです。残念というか、どう言ったらいいのか、人が誰もいなくていいのかなーと思うけども、まーそうではないんだろうけど、みなさんがもっとねー、こういうの見に来てくえたらいいですよねー。りっぱな素敵なとこですねー。この滝を、滝からこの木立と、この赤い社?僕はすごく感動しました。」

ちいさん、この神社をゴールにするようです。

今日の散歩は、二つのコースで、8112歩、276kcalのお散歩でした。

<瀬尾神社関連ページ>
鹿沼見て歩き//TOP
WILDERNESS-GAME

(テレビなコラムの感想)日光はあらためてこうやって見ると、本当に素晴らしいと思いました。テレビでこれだけ感動するのも久しぶりです。特に、東照宮の裏手にあたる古道がいいです。いつか行って見たいと思いました。

(その1)//(その2)//(その3)


↓検索↓修行僧↓勝道上人↓日光 杉↓滝↓東照宮


今日のランキングは?
↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/569-ad432700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
まだコリン星人を隠して?いたころで、喋り方も普通の痛いコギャルです(笑)最後に顔
2007/10/17(水) 05:54:09 | 小倉優子がデビュー当時に発売してすぐに発禁になった幻の着エロDVDがあった!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。