テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

今日は日光駅の前にやってきたちいさんです。

「今日のちい散歩はスペシャルということで、ちょっと遠出して日光に来てみました。日光ですよ!はい。ここは東京から一番近い、こう、世界遺産の場所ということでもありますよねー。日帰りでも十分来れるところです。それと、日光といえば東照宮、あるいは、左甚五郎でしたよねー、彫刻で有名な、ええ!その人の作品じゃないかというというのも、見れるところですが、そういうわけで、ここはまた職人技も、技が見られるところでもあるかと思います。それでは天気もいいようですし、行ってみたいと思いますが、」

ちいさん、この後、後ろを振り向いて指差しました。

「これ、ねー、素敵な駅舎できよねー。帝国ホテルを設計したライトさんが、設計したと言われる駅舎ですが・・・。」

こちらは、大正12年に建築された帝国ホテルを設計したアメリカの建築家ライトの設計であると言われています。
さて、ちいさん、今日も元気良く出発です。

<日光駅関連ページ>
めくるたび//TOP
<帝国ホテル関連ページ>
一休.COM//TOP
<建築家ライト関連ページ>
ウィキペディア


贈り物プラザ

華厳の滝や中禅寺湖など様々な自然の名所。日光は、間もなく一年で最も美しい紅葉の季節を向かえます。しかし、美しいのは自然だけではありません。人間の知恵と技が結集された日光の建造物は、8年前、世界遺産に認定されています。

(日光山)輪王子(日光)二荒山神社、そして東照宮の建造物群、延べ103棟と、その周辺の文化的景観。中でも日光東照宮は一年五ヶ月の歳月、延べ450万人以上の労力。そして、当時の名工たちの技が注ぎ込まれ完成したもの。職人好きのちいさん。今日は楽しみですねー。


大工道具・金物の専門通販アルデ

日光は東京から電車や車で凡そ二時間。日帰りも十分可能な近さです。ちいさんは、JR日光駅から出発です。

JR:東京駅から宇都宮まで新幹線利用 約1時間30分
東武線:浅草駅から特急で 1時間49分

<華厳の滝関連ページ>
ウィキペディア//元ページ
<中禅寺湖関連ページ>
海中散歩?
<輪王子関連ページ>
You Tube
<二荒山神社関連ページ>
玄松子の記憶//TOP

↓日帰り旅行に↓


セレブブランド


「世界遺産 日光を散歩」

「高校の修学旅行が日光だったんで、その頃来たのが初めてだったと思いますが、その後も一、二度、この界隈には来てるんですけども、東照宮に行くのはほんと何年ぶりかもしれませんねー。」

林が見えてきました。りっぱな大木が道路の両側に、仁王立ちしています。

「これが、まー、有名な、ええ!杉並木ねー。なんか、杉もずいぶん大きくなりましたねー。」

東照宮につながる全長37キロにも及ぶ、杉並木の道(日光市野口付近)。特別史跡と特別天然記念物の、両方に指定されています。
<杉並木の道関連ページ>
写真//杉の巨木連なる日光街道//TOP


Joshin web 家電とPCの大型専門店//DIYとプロの店 セレクトツール

「これは、東武日光駅ですね。」

ちいさん、東武日光駅の前を通りすぎます。

「あのー、駅舎の後ろに、高いこう、山が見えるってのは、なんかこういうの見ると東京にはまー、ない景色なんだよな。こういうのって!いいよねー。高原という感じで・・・。」

駅舎の後ろには濃い青空が広がっていて、そこには、山の尾根が連なっていました。
<東武日光駅関連ページ>
ウィキペディア


さくらんぼの里山形「味の農園」

「うぁー、いいポストがありますよ。ほら!」

ちいさん、古風な郵便ポストを発見したようです。

「東京都内のちい散歩では、なかなかお目にかかれませんので。これは、ワンカット撮っておいて下さい。」

確かに味わい深いですねー。

<郵便ポスト関連ページ>
ウィキペディア

「お!」

今度は何ですか?

「置物か?お腹動いてるよ。」

お店のショーウィンドーの中に箱に入った猫がいます。目をつぶっているので、置物とも思えるのですが?

「生きてるよ。眠り猫がいるんだね!日光ですねー。じゃ、ゆっくり休んで下さい。」


高知農協直販店

と、いうわけでちいさん、おさんぽに戻ります。

「日光彫り趣味の会!」

ちいさん、何やら見つけたようですよ。

「何だこれ、日光彫り趣味の会って。」

「日光の職人たち」

(ちいさん)日光彫り趣味の会(の店)っていうのは、なんなんだ?なんなんだって、って・・・。」
(男性)その通り。
(ちいさん)その通り。おやっさん、もともとは彫刻家じゃないの?
(男性)違うよ!!
(ちいさん)何屋だたの?
(男性)サラリーマンです。
(ちいさん)サラリーマンで趣味でやってるうちに、こんなの彫れるようになったの?

ちいさん、ご主人の作品を手にとって、見ています。

(ちいさん)柿だろ?間違ってたら・・・。
(男性)いやいや。
(ちいさん)すごーいじゃないですか?

ちいさんの右手の方にも男性がいます。こちらは、代表の君島光男さんです。

(ちいさん)職業なんですか?
(君島さん)床屋です。
(ちいさん)床屋さんなの!
(君島さん)となり床屋です。
(ちいさん)となりが床屋さんなの!

日光彫りを趣味とする方が集まり、作品を売るこちらのお店。中心となる君島さんは、理髪店のご主人。はさみを操る手先の器用さを、そのまま活かし腕前も次第に向上。今や彫刻等も滑らかに使いこなすようになりました。こちらの引き出しは地元展覧会でも表彰された君島さんご自慢の力作です。


プロショップキクミツ//コスメボックス//WebShopGITA

それにしても君島さんや会のみなさんは、これら日光彫りの技をどのように身につけたのでしょうか?

(君島さん)。。。木彫りの里って知ってるでしょ?その生徒が仲間同士で・・・。

趣味の会の場所から車で5分ほどの場所にあるという、木彫りの里(日光木彫りの里、工芸センター)。ちいさん一端散歩を中断し、訪ねてみることにしました。工芸センターに展示されていたのは、絵柄打ち上がりまるでこちらに迫ってくるような、力強い彫りのタンス。これは、ふくろうでしょうか?

(ちいさん)すごいねー!こんなタンスがあるんだねー、世の中に。

たしかに、すごいです。彫刻の塊のようなタンスです。彫られているのは、鳳凰のような鳥です。それがタンスの前面に彫られています。

(ちいさん)なんか男っぽいねー。男性的だねー。

ちいさん奥の方に入って行きます。

(ちいさん)話しかけても平気でしょうか?
(中瀬武男さん、70歳)あ、大丈夫ですよ。はい。

黒いおぼんになにやら彫り込んでいる最中です。

(ちいさん)これは、今、牡丹かなんかを。
(中瀬さん)これは、あやめ。

ちいさん、ピントはずれでした。

(ちいさん)あーー、見えてきました。
(中瀬さん)ええ。こうでしょ。

あやめの輪郭が見えてきました。

(ちいさん)この日光彫りというのは、特徴としては、どういう、彫り方になんか特徴あんですか?
(中瀬さん)普通は、彫刻刀ってこう、押すです。自分からね。
(ちいさん)はい、そうですね。
(中瀬さん)これはご覧のように引っ張ってんです。
(ちいさん)はーー。
(中瀬さん)で、名前を引っかき刀。っていうんですよねー。

ちいさなんここで、さきほどのあやめのお盆を手に取りました。

(ちいさん)グーッと、スーッと。

ちいさん、彫刻刀で彫るまねをしています。

(中瀬さん)やらかい線が出ると思いますねー。
(ちいさん)そうですね、繊細な線っていうかねー。すーっと持ってくればそうかもしれません。

日光彫り独特の引っかき刀。引っかき刀は、主に図柄の周りの縁取りなどに使います。東照宮を造営した職人たちが残した、日光彫り。その技を受け継いだ現代の名人にとって、日光東照宮とはどんな建物なんでしょう。

(ちいさん)やっぱり、先人たちがやっぱりやったことを、たまに、こうご覧になると、
(中瀬さん)いつも、行ってますよ。
(ちいさん)どんな思いになられます?
(中瀬さん)職人のそのなんて言いますか?魂みたいな感じでねー。腕そのものも確かに良かったと思いますよ。現在よりは。
(ちいさん)あー、そうですか!

日光の街中には日光彫りの店が数多くあります。日光彫りの特徴は、線彫りや浮かし彫りなど、様々な種類がある合わせ彫り、鎌倉彫りなどに比べて彫り口は男性的です。ちいさん、東照宮詣での前にじっくり観賞しました(五十嵐漆器)。
(番組紹介の五十嵐漆器さんでは、手鏡(大)4000円~、給仕盆(尺)4000円~などが、紹介されていました。

日光彫り(栃木県の伝統工芸)関連ページ>
どんなものなの?
作り方は?
何に活用されているのかな?

↓は鎌倉彫です(雰囲気だけでも)。↓


かぐ屋//ミナト//履物の専門店 高田屋

さらにちいさんの日光散歩は続きます。日光には様々な技を持つ職人がいました。

「あー、りんごの枝でハンコってばー、僕好きなんだよ。」

こちらのお店は、日光遊印しの、です。篠崎貞紀さんは、ウェディングプランナーから彫師に転身しました。

「こうなるわけですよ、いいもんでしょ。」

彫りたてのハンコを朱肉につけて、”地井武男”と書かれた文字の横に押すちいさん。”武”という文字が光るハンコ、味のある字です。

「色紙を書いて、ペタッ、パッと押せるようにね。ええ、かばんに大事に入れておきます。」

りんごの小枝の判子は2600円~です。

<りんごの小枝の判子関連ページ>
安曇野りんご遊印//TOP
栃木の生活便利系サイト アットとちぎ//TOP


おりじなるはんこの店あづみ野遊印

さて、ハンコ屋さんを出たちいさんですが、

「ジャパニーズドラゴンアート!」

ちいさん、英語で書かれた張り紙を読んでいます。こちらは、一筆龍 晄秋家さんです。


( ̄◇ ̄) σあーーーーあーーーー。

一筆で描かれて行く龍のしっぽが感動的です。阿部哲也さんの一筆龍は中国から伝わったといいます。


パチパチパチ

(ちいさん)感動しました。いやーーー!

こちらの絵は3000円~あります。

<一筆龍 晄秋家関連ページ>
風の翼にのって
★KiRaKiRa bB Life★


ぼらんち【VOLANTE】//卸屋//掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊

↑阿部さんの作品ではありません。

ちいさんが次にやってきたのは、日光グルメやまなか さんです。ゆばコロッケ(150円)がオススメです。コロッケを割ると中の具がおいしそう。たまりませんね。

それから、焼きゆばソーセージ(200円)も忘れてはいけません。網の上でこんがり焼かれたソーゼージ。思わずかぶりつきたくなるほです。

(ちいさん)あちー!

ソーセージにかぶりつくちいさん、うれしそうです。

(ちいさん)何でゆばがはいるようになったの?
(店長さん:福井隆治さん)やっぱり、日光のものを何か。。。入れて。日光ならではものを。
(ちいさん)。。。日光といえばゆばだから。
(店長さん)はい。

さて、次のコーナでは、日光の食の老舗に、ちいさんいつも以上に、食いしん坊ぶり発揮します!

<日光グルメやまなか関連ページ>
ゆりんずシェフ
日光「ふぃふぁ山荘」単身赴任日記


Zeppin de G & S(豆腐のコロッケ)//生活クラブ・スピリッツ


↓検索↓日光彫↓判子↓湯葉↓龍↓日光



(その2)//(その3)//(その4)

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
返信、遅くなりました。
うっかり忘れてたました、ごめんなさい、掲載していただきありがとうございます。PC、IT関係に疎いもんでこちらの方こそよろしく
お願いします。
また、寄らせてもらいます。
2007/11/07(水) 23:27 | URL | ゆりんずシェフ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/566-d907ac7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。