テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

今回は、阿佐ヶ谷(070710)の再放送だと思います。加筆・訂正した部分もありましたので、再掲します。

「今日のちい散歩は阿佐ヶ谷に来ております。あいにくの雨ですが、まーこれもいいでしょう。」

あいにくの雨。それでも、雨に濡れた緑が映える自然一杯の阿佐ヶ谷をお散歩。ちいさん、今日も元気良く中央線阿佐ヶ谷駅を出発です。

<阿佐ヶ谷駅関連ページ>
都区内全駅ガイド//TOP




「緑と文化の街 阿佐ヶ谷散歩」

「いやー、すごいね木が大きくて。これけやきだねー!」

まだ、駅を出発して間もないというのに、道路沿いには大きなケヤキの緑がまぶしいです。こちらは、中野区と杉並区を結んでいるケヤキ並木通りです。

(ちいさん)これは、ケヤキのこんな大木が駅、どこまでずーっとあるの?
(スタッフ)えーっと向こうまで。
(ちいさん)あーそー!いーねー、こうやって、なんか外国の駅みたいに見えない?

<ケヤキ並木通り関連ページ>
“つぶやき” 阿佐ヶ谷の不動産屋さん

中央線沿線の中でも緑豊かな阿佐ヶ谷。木々を潤す雨はどんな出会いを演出してくれるのでしょうか?
ちいさん、大通りから少し小さめの裏通りへと入ってきました。

「あー、すごい木が。これこのけやきもすごいね!おい!」
「な、なに?これ!なんだこれは?」

ちいさん、何か発見したようです。

「うぁーーー!圧倒的な緑のようだこれ。」

あたり一面、緑のカーテンのようです。

「うぁーーー!これ一軒のおうち!」

こちらは、旧阿佐ヶ谷村の名主・相沢家の屋敷跡。防風林として植えられたケヤキが取り囲む広大な敷地は、東京都の旧跡にもなっている散歩の名所でもあります。当地にある樹齢400年といわれるケヤキの木は都の保存林に指定されています。ここは、今も昔も阿佐ヶ谷のシンボルとなっています。

「巨木だよ!ほらっ!うぁー、30メートルもっとあるね!」

空を覆い隠すようなケヤキの散歩道。

「いやーすごいね!何メートルあるよ。この木。」

ちいさん上を向いたまま、傘をたたんで、立ちつくしています。たしかに、傘も必要ないですね!

「何でここに、こんな大きい木が立ってるんだろ。」

<相沢家の屋敷跡関連ページ>
小さな旅と四季の風景//TOP
すぎなみ学倶楽部//TOP


うらしま堂//月うさぎ//激安家具

「今日は緑ばっかり見て歩くようにしようか!」

あーちいさん、こちらにもかわいい緑がありますよ。(ブオーノイタリア

「オリーブのこれ木ですよ。ほら!オリーブの花が咲いてますよ。ほら!」

「新鮮なオリーブオイル ブオーノイタリア」

(ちいさん)こちらは、オリーブオイルの、売ってらっしゃる会社。
(朝田直美さん)はい。オリーブオイルを売っております。

(ちいさん)オリーブオイルって何も知らないですけど、いろんな種類があるんですか?
(朝田さん)オリーブオイルはいろいろ種類があるんですけど、うちは1種類しか置いておりません。
(ちいさん)それはど、どんなオイルなんですか?
(朝田さん)よろしかったら。
(ちいさん)いいですか?僕嫌いじゃないんです。オリーブオイル。大好きなんですよ。
(朝田さん)もう、どうぞ。おかけ下さいませ!

ちいさん、何も知らないて言ってたのに、大好きなんじゃないですかぁ!ところで、”おかけ下さいませ!”って言われましたけど、何かにつけて食べさせてくれるんですかねー。

(ちいさん)え?!これどーするんですか?
(朝田さん)どうぞ、このまま、飲んでいただけたら。
(ちいさん)。。。お酒じゃないですよねー。。。いいですか?このまま飲んでも。

ちいさん、小さめの白いお皿に注がれた黄色い液体にちょっと、口をつけてみました。

(ちいさん)はーーー、あのね、普通のオリーブオイルより、僕の今感じるあれだとね、”こく”があってね、ちょっと舌にピリッ!と来るくらいの、強さがある生命力に溢れるというのかなー、すごい”こく”がある。


( ̄◇ ̄) うまい!!

(ちいさん)う~ん、こんなにしっかりした味してるもんなんですか?オリーブオイル。。。この種類がそうなんですか?ちょっと辛いですね。
(朝田さん)のどにねー。村の人たちは”スパイシー”といいます。
(ちいさん)村の人たちって、これを作ってる村の人たち?
(朝田さん)そこの村に娘が住んでおります。
(ちいさん)お嬢様(朝田今日子さん)が。
(朝田さん)はい。

もとはと言えば、このお店はイタリアで暮らす娘さんの奨めで始めたそうです。実は娘の今日子さんは、オリーブオイルの本を出すほどの専門家。その今日子さんお墨付きの一品が、お店に並ぶイタリア中部ウンブリア州の農家から直送された自家用のオリーブオイル。その芳醇な香りと風味にはファンも多いんだそうです。

朝田今日子さんの著作:オリーブオイルのおいしい生活~サンブリア田舎便り~

このお店の営業時間:10:30~19:00、定休日:毎週木曜及び第四水曜日

(朝田さん)この後ろに住宅街のこう住んでらっしゃる奥様達は、うちで買い物をして、もうパンはこればっかりとか、野菜はこれと塩とーというふうにして、わたしよりもずっと良く知ってらっしゃるし、それからお醤油と合わせたりね、して和食にも使われるし、知ってらっしゃる方はほんとに詳しいですね。
(ちいさん)これからどんどん需要が伸びるんでしょうね。きっと。
(朝田さん)そういう風に願っております。


(≧▽≦)あはは!分かりましたぁ!

(朝田さん)パンも召し上がって行って下さい。ほんとうに!

そういうわけで、パンまで出てきてしました。もちろん、オリーブオイル付きです。

(ちいさん)いやーおいしそうだなー!好きなんだよー!
(朝田さん)召し上がって下さい。


(*^-゚)vいただきます。

(ちいさん)僕はオリーブオイルでパンを食べると思い出すことがあって、北の国からというドラマやってて、北海道の富良野で長い間ロケしててね、先輩の田中邦衛さんが、いつも食事いっしょだったんだけど、俺たち朝、パンにバターをベタベタベタベタ塗って食べてたら、邦さんだけオリーブオイルを前に置いて、こうやって食べてんのよ。で、”邦さん、それなあに?””しらねーのかお前ヘ!。これオリーブオイルだほ!”って食べるんだよ。それがうまそーなんだよ。それから俺もオリーブオイルにしたんだけどね。

ちいさん、田中邦衛バージョーンでお送りしました。

(ちいさん)きれーな色してますねー。
(朝田さん)しぼったばっかりん時は緑色なんですけど。少しづつ黄色くなるんです。


ガーデニングショップ四季の里//千草園芸


Bサプライズ

おいしいオリーブオイルについつい長居しちゃいましたねー。ちいさん、雨もやんだみたいですね。さー散歩の続きです。

「腹話術教室 健ちゃん会館」

「あ!面白いものがありますよ。志村けんさんがいますね。」

何か良く分からないのですが、志村けんさんの顔が書いてあるものがありました。

「あーこれは?健ちゃん腹話術。(腹話術教室:健ちゃん会館)」

ちいさん、こちらにお邪魔するようです。

(ちいさん)こちらは、腹話術のあれですか?

いきなり、腹話術のお人形がお出迎えです。

(人形:こうちゃん)ハウドゥードゥー!ナイスミチュー!

ちいさん、お人形さんとがっちり握手です。

こちらは阿佐ヶ谷で30年以上続く腹話術の教室。生徒さんも実にバラエティーに富んでますね。主催する村田(村田康仁朗)さんは、松竹芸能で腹話術と出会い、警察官に転進した後は、「110番」の使い方を普及させるのに、腹話術を使っていたという経歴の持ち主。

(村田さん)腹話術というのはね、難しいと思うけれどね、できるのは誰にでもできるんですよ。
(ちいさん)そうですかぁ?んなことはないでしょ!

ちいさん、村田さんの言うことが信じられないようです。

(村田さん)ただね、やる気があれば。
(ちいさん)。。。だけど、自分の口動かさないで、こっちの人形にしゃべらせるわけだから、そこら辺はどうやったらいいんですか?
(お弟子さん:男性)だから、唇を動かさないのはいろいろありましてね。

お弟子さん、まったく唇を動かさないで話してます。

(村田さん)ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ。ば・び・ぶ・べ・ぼ。ま・み・む・め・も。これは口が動くんですよ。ただ、それを言い換える方法を考えてやれば、それができれば大丈夫なんですよ。だから、それを練習しないでやると、バクバクバクバク動いちゃう。

上唇と下唇がくっつく言葉を別の言葉に言い換える技術が腹話術の第一歩だそうです。

(ちいさん)ちょっと、見せてもらいましょうよ!こうちゃんはどういうあれですか?これは。

(人形:こうちゃん)コウチャンデース。
(お弟子さん:女性)今日も言葉のお遊びしたい?
(こうちゃん)ウン!シタイヨー!
(お弟子さん)じゃねー、大根役者ってなんで大根役者って言うかわかる?
(こうちゃん)ソウダネー!ダイコン、シロイカラネ!シロ ヲ シロウト ニ カケタノ!
(お弟子さん)あ、そうか!良く思いついたわねー。他にどうかしら?
(こうちゃん)ソウネー!ダイコン ハ ネー!ダイコンオロシ ッテ ハヤク オロサナキャ ナンナイデショ?
(お弟子さん)ウン!だから?

お弟子さん間違えたようです。

(こうちゃん)ヘタダカラ ハヤク オロセ!! ッテ
(お弟子さん)なるほど、下手な役者はハヤク下ろせってことね。

(こうちゃん)ウン!ソウダヨ!

(ちいさん)ハハハ、こうちゃん生意気だねー!おい!俺のこと言ってるような。

ってちいさん、目が笑ってませんでした・・・。

(村田さん)それで、わたしは皆さんにね、これ(天狗)になっちゃだめだっていうだ。ね!ところがね、上手になってくると、すぐ、これになっちゃう。。。これになっちゃだめだ。その代わり自信を持て!自信とこれは違うんだ!
(ちいさん)。。。耳痛いですよ。。。そういうのも含めて、腹話術もやってて、これは?絵手紙。。。
(村田さん)絵手紙ね。

村田さんの後ろには絵手紙がたくさん展示してあります。

(ちいさん)これは先生がやってらっしゃるんですか?
(村田さん)これはわたしんとこにみんな来たあれです。

村田さんは、杉並区の絵手紙協会の会長もしているそうです。

(ちいさん)どの絵もみんな心のこもった素敵な絵です。
(村田さん)だから、下手でいいんですよ。下手がいいんです。
(ちいさん)そうですよねー。
(村田さん)ところがねー、絵の上手な人はね、下手に描けないですよ。
(ちいさん)あーー、なんか、また耳が痛いなー。


えんぎのいいはんこや

ここでちいさん立ち上がりました。

(ちいさん)。。。下手がいいとおっしゃるけど、ただ、下手じゃないんですよ。でも、どれが下手って、みんな上手だけど。例えばこんなに大きく書かなくてもいいなって思うけど、これが、このなんか一番表現力があっていいじゃないですか?。。。

”そろそろわたしの出番です。”という言葉といっしょに、トマトが手紙の大きさいっぱいに描かれたものですが、とっても素敵な一枚でした。

(ちいさん)腹話術もこういうあれもなんかいいですね。温かくて。共通するものが優しくていいですね。

<健ちゃん会館関連ページ>
ぶらり途中下車の旅
くじらの一本釣り


販促イベント屋

どこか懐かしい腹話術と絵手紙に癒してもらったちいさん。さて、今度はどちらに向かいましょうかねー。

「緑と文化の街 阿佐ヶ谷散歩」


ピーチクパーチク!!

「おーおー!小鳥がいっぱいいて。チュンチュン、チュンチュン、チュンチュン。」

ちいさんの周囲は小鳥の鳴き声で充満しています。

<ほのかBGM♪>

阿佐ヶ谷の名称は、桃園川(現在は暗渠)の浅い谷地にあったことから、「あさがや」と名付けられたと言われています。
<桃園川関連ページ>
POTTERINGFUN ~自転車のある風景~
杉並歴史のホームページ//TOP

神明宮---後祭神を天照大神とした旧阿佐ヶ谷村の鎮守。
(ちいさん)ほら、あの木なんか。こういう背の高い木を東京でこう下から見ることはあんまりないからなー。これー、何メートルある?上まで。30メートル以上あるよなー。すごいなー。
<神明宮関連ページ>
阿佐ヶ谷寺社史跡マップ//TOP

ラピュタ阿佐ヶ谷---映画館・小劇場・レストランが入った複合施設。
(支配人:石井紫さん)今そういう、こう日本映画の良かった時期の作品を、ほんとにこれを作った時にどこもやってなかったんですよ。ちょっと、それはもったいないなーっていうんで。じゃー!って。
(ちいさん)こういうところにそういうのを立ち上げてみようというんで、こういうことを企画なさったんですか。

今週のラインナップ(湯けむり日本映画紀行)
<7/11(水)~7/14(土)>
13:00 夢千代日記
15:30 温泉女医
17:20 波の塔
19:30 流温泉 番頭日記

山猫軒---ラピュタ阿佐ヶ谷内3階 映画を見た後、有機野菜を使ったフランス料理が味わえる。

<ラピュタ阿佐ヶ谷関連ページ>
シネママガジン//TOP


//はかた屋 楽天市場店//水広場楽天市場支店

中杉通り---青梅街道から早稲田通りを結ぶ1.7kmにのびるケヤキ並木。
(ちいさん)あーほんとにこのケヤキもりっぱで、緑の多い街だ。
<中杉通り関連ページ>
Information from seyg//TOP

<ほのかBGM♪END↑>

「かわいいふくろうの置物がたくさんあります。僕の好きなふくろうが、ふふふ。お邪魔してみましょうか?」


o(^-^)oおじゃましまーす。

「癒しの美術教室 小笠原アートセミナー」

(ちいさん)こちらは何を今、お作りになってる工房なんですか?
(小笠原光紀さん)。。。玉です。

ドッジボールより一回り小さいくらいの玉がそこにはありました。

(ちいさん)今は玉を作ってらっしゃるけど、全体では、いろんなこういうものを。。。あー焼き物がメインですか?


アンプバーチャルマーケット

こちら、芸術家のご夫妻が教えてくれるという美術教室。家の前にあったふくろうやこちらの作品は、陶芸家のご主人が作られたもの。作品作りの傍ら大人の生徒さんを相手に、陶芸教室を開いているそうです。一方、奥様の生徒さんは子供たち。ちいさんちょっと、お邪魔しちゃいましょうか?

(ちいさん)おじゃましまーす。

中には、男の子が何やら作品を制作中?ではなく、手作りのボードゲームをして遊んでいます。


トイザらス・ベビーザらス

(奥さん)教室が終わって遊んでいるところです。
(ちいさん)あーそうですか?こんにちは!
(子供たち)こんにちはー!

元気良い声が返ってきました。

(ちいさん)これはみんな、ぼくらが作ったの?
(子供たち)はい。○○君は2個。

そこには、粘土で作ったいろんな動物や焼き物風の作品がたくさん展示してありました。

(ちいさん)これは誰が作ったの?本格的ですねー。この壷なんかは。どなたですか?
(男の子)はい!
(ちいさん)おーそうですかー!

この男の子、ほめられたせいか、面構えがいいです。

(ちいさん)すごいですねー。へー。楽しいですか?
(他の男の子)楽しいです。
(ちいさん)いいねーちっちゃい時からこういうのやったら、すーっと好きでいるよ。きっと。

(ちいさん)でも、みんな、これ動物は分かるよ。これはキリンだよなー。ゾウだよなー。カバか。わかるよー。これはおじちゃんちょっとわかんないんだ!これ!

巨大化したピラニアにようなものをちいさん指差しています。

(男の子たち)シャチホコです。


(;^_^Aシャチホコかぁ!


ウインドジャマーズ

ちいさん、未来の芸術家を笑っちゃ失礼ですよ。でも、子供たちの感性って独特ですねー。

(先生:小笠原すみえさん)最初は絵画教室だったんですけどー。やっぱり絵だけの好きなお子さんより、いろいろ遊びとかを取り入れて、全部、遊べるようなものを手作りで作っていこうみたいな感じで、そっちも共同制作でみんなで作ったり。。。
(ちいさん)今も話してたけど、このくらいのちっちゃい時から、僕なんかも習ってたのが、未だに絵筆放さないでいるのは、こういう風に習ったという経験があるからなんですよ。だと、思うんですよ。だから、きちっと、この子たちもきっと今、こういうところでやってたら、一生なんか多分・・・。
(先生)そう思いますね。なんか作ることがね、身近だと、やっぱり工夫したり、なんでも自分でやっていこうっていうね、気持ちが育つと思います。


( ̄□ ̄;)あ!倒しちゃったよ!

さきほどのキリンの首が倒れました。ちいさん、何やってんですかぁ!

(男の子)あ~あ!俺のだよ!

あ~あ、怒られちゃった。ちゃんと謝って下さいよ。


m(o・ω・o)m ごめんね・・・

自分で作ったものは宝物、そんな宝物がいっぱいのこちらの教室。子供の頃を思い出します。さて、ちいさんはというと?ちゃんと仲直りできたみたいですね。みんなといっしょに、手作りのゲームをやっています。
こどものひろば(月4回)
毎週水・木・金・土曜日 午後1:00~5:30


heartwarming zakka POP&CUTE

「自由な発想から遊べて、想像力が増えてくとか、ドキドキしながら遊べるっていうようなことがなくなっちゃってるから、なんか買ってこなきゃ遊ぶもんがないみたいな時代だから、僕らの子供の頃って何もないから、こういうものみんなで工夫して作って、こんなにりっぱなおもちゃじゃなくても、単純だけどもけっこうみんな仲間とさー、近所のお兄ちゃんがちょっと、先輩のお兄ちゃんが教えてもらったりなんかしながら、覚えたことって一生忘れないでいるもんなー。こういうところから、生まれるんじゃないかねー。大きな想像力とかなんかってね。」

<小笠原アートセミナー関連ページ>
SEIGO PROJECT//TOP

子供たちの豊かな感性に刺激を受けたちいさん。そこでさらに刺激的な珍しい情報を仕入れたそうですねー。

「ブランコに乗れる喫茶店 阿佐ヶ谷ギオン」

「阿佐ヶ谷にブランコがある。お店の中にあるという喫茶店があるらしいんで、ちょっと。」

そういうわけで、お店の中へ。

ブランコのある喫茶店gion ギオンは地元でも有名なお店。あ、ありました。お店の中にかわいいブランコが二つ。静かに揺られながら過ごすゆったりとした時間は、ここでしか味わえない特別なひと時。ちいさん、たまにはこんなブランコいかがでしょうか?(チーズケーキにコーヒーが付いたチーズケーキセット750円が紹介されていました。)

「そうですねー、わたしもブランコ好きとしてはねー、いろんなブランコを百ヶ所ぐらい乗ってきましたけど、このうちん中でブランコを乗ったは初めてですね。残念ながら大きくこげないのが残念と言えば残念ですけど。いいですね、これも。」

大きくこいで見える景色もあれば、静かに揺らすことで見えてくるものもあるのかもしれませんね。

今日のお散歩は、2時間15分、6493歩、201kcalのお散歩でした。

<ギオン関連ページ>
ジョリーのきままなキャンバス


わたしのお菓子箱 果子乃季

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/544-d62ba72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。