テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

「はい。今日のちい散歩は東京を離れて葉山に来ています。ここは葉山港(逗子駅からバスで約10分)ですねー。これをご覧下さい。はい!」

ちいさん、歩き出しました。

「葉山港。日本ヨット発祥の地、というねー、今日はリッチな散歩になりそーですねー。葉山ですよ。へへへへへ!」

そこには、(葉山港 日本ヨット発祥の地と刻まれた)碑が立っていました。

<葉山港関連ページ>
ハナといっしょに
葉山の散歩道//TOP


めでたし・・贈答ギフト記念品の店


「湘南の風吹く海の街 葉山散歩」

(スタッフ)葉山に関しては、何か印象はあります?
(ちいさん)そうよねー、葉山といえば、なんか我々の世代はやっぱり、石原裕次郎さんを代表されるね、当時の若者たちがあこがれましたよね。

憧れの街、葉山。高級別荘地としての天皇家の御用邸が作られて以来の、伝統。その御用邸で大正天皇が崩御され、皇位継承の式が執り行われた葉山(葉山御用邸付邸跡地)は、いわば、昭和が生まれた土地でもあるのです。(現在その場所は、葉山しおさい公園となっています。)

そして、もう一つのあこがれが海(森戸海岸)。首都圏有数の海水浴場を持つ一方、かつて太陽族と呼ばれた若者文化発祥の街でもありました。そのきっかけとなった、映画「太陽の季節」でデビューした石原裕次郎は、映画さながらの青春時代をこの地で送った葉山ゆかりの人物。誰もがあこがれた昭和の大スターを輩出した名残は小さな島(名島もしくは菜島)の隣に佇むその名を冠した灯台(裕次郎灯台こと葉山灯台)に、今も残されています。

ちいさな街に様々なあこがれが詰まった葉山。さて、ちいさん、まずはどこに向かいましょうか?

<葉山しおさい公園関連ページ>
あやかの毎日のお弁当
あやかの毎日のお弁当
<森戸海岸関連ページ>
三浦半島レジャー情報//TOP
<名島&裕次郎灯台関連ページ>
湘南こはる日和
↑のURLの写真で鳥居があるのが名島。その横にある灯台が裕次郎灯台です。


楽天ブックス//い~でじ!!シネマ


「マリンリゾート基地 葉山マリーナ」

「こちら、葉山マリーナですよねー、どこに行きましょうか?あっ!ラジオのオンエアー中ですよ。FM放送ですかねー。ちょっと、出演したいですねー。ちょっと、冷やかしてみましょうか?」

葉山マリーナには、湘南ビーチFMの放送局が併設されています。

「オンエアー(中)?」

向こうでコックリしてます。

「オンエアだって。」

ちいさん、ここであっさり退散です。

「邪魔しちゃいけないよね。」


アンマクヤ防災屋 楽天市場店

コミュニティーFMのスタジオも併設する葉山マリーナは、日本有数の名門ヨットハーバー。外洋にも出て行けるクルーザーから、マリンスポーツに使われるディンギーまで、数多くのヨットがここに係留されています。(こちらは、昭和38年にヨットハーバーとして設立、一般の人も入れる食堂やクルージング体験があります。)

ちいさん、ヨットがたくさん係留してあるところへやってきました。

(ちいさん)僕ら若い頃、車もまだままならない時に、ヨットなんていうのは、夢の夢の夢みたいな時代だったと思うんですが、
(常務さん:渡辺康夫さん)そうですね。
(ちいさん)当時からそういう、この辺にはそういう方がたくさんいらっしゃいますか?
(常務さん)ええ。ここがだから、1960年代にできた時に、もう、100隻近くの船が。。。ここは東京オリンピックの時にできたんですけども、実はホテルがありましてね。で、当時は珍しきかったんですけれども、ホテル・プールはあって、

こちらの施設は昭和38年東京オリンピックの関連施設としてオープンしました。周辺にはホテル・プールなどが建てられ
ていました。

(常務さん)歌手とかですねー女優の方がですねー、皆さん来られて、ここから大きく育った人がいっぱいいるんですね。例えばねー、松任谷由美さんとかワイルドワンズとか。
(ちいさん)何で葉山から育ったんですかねー、やっぱり、こういう生活しなきゃだめですかねー。
(常務さん)やっぱり、これ、湘南のねー、味でしょう。
(ちいさん)湘南の風浴びないと
(常務さん)ダメなんでしょうねー。
(ちいさん)そうかー。湘南の風かー。


( ̄◇ ̄) σ遅かったなーちょっとなー

(ちいさん)65で湘南の風・・・。

ちいさんが湘南の風を浴びてたらどうなったんでしょう。まさか、ちい散歩やって、カメラさんにおすそわけはしてなかったですよね。

(常務さん)私も葉山っ子ですけど、
(ちいさん)葉山っ子!生意気だな!
(常務さん)湘南の風浴びてますから、

大きく出た常務さん。いったい二人はどこへ話しを落とすのやら?

(ちいさん)しょうがねーやつだなー!

そっちへ、落としましたか?

(ちいさん)僕はやったことないんですけど、ヨットって何が面白いんですか?


(⌒▽⌒)ハハハハハ

常務さんよろめいてます。

(常務さん)まさに、自然相手ですから、やっぱりいろんなその海の条件、風の条件の中で、安全に早くどうやって走らせるかっていうのをいつも考えながら走ってわけですよ。それがやっぱり面白いんですね。あと、もう一つの楽しみはですね、ヨットでまた、生活するのが面白いんですね。例えばこっから出て、いろんな港、港をこうずーっと回ってですねー、そこで人と触れあいおいしいものを食べて、ヨット仲間と談義しながら、。。。一周するとかね。
(ちいさん)どこの辺まで行くんですか?こういうヨットで。
(常務さん)えっとねー、いまー、このぐらいの船だったら、もう、世界中行けますよ。
(ちいさん)世界中いけんの?。。。行けんだけど、世界中行ってる人いるんですか?
(常務さん)いますよ!浅野さんってご夫婦ですけど、リタイアヤされて、世界一周に出られてましてね、今確かイギリスにいますけども、多いんです今。
(ちいさん)それでイギリス行って、どのくらいかかるんでしょうねー。
(常務さん)2年ぐらいはかかるんじゃない?


(⌒▽⌒)ハハハハハ

(ちいさん)まーわたしの年では無理ですね。そのうち、おっちんじゃうかもしれない。
(常務さん)60でリタイヤされて、で、60以降。。。船で奥さんと二人で行かれましたけど。

リタイヤしてヨット暮らし、ちいさんも時には海のおさんぽなんていかがですか?

<葉山マリーナ関連ページ>
夢見る頃を過ぎても
私的癒景


Sundays

「いいですよね。お話伺ってみたけど、こう余裕があるというか、冗談もなんかこう、軽やかで、ねー、葉山ですよ葉山。さー散歩に行きましょう。」

ちいさん、ご機嫌ですねー。

「湘南の風吹く海の街 葉山散歩」

「この付近、海抜6.5メートル。」

電信柱に表示板がありました。

「6メートル半しかないんだね。この辺。海からねー、海のへーーー!」

感心するちいさん。しばらく、歩いて右の方に細い路地がありました。

「海の方へ出ましょう。」

ちいさん路地の方へ曲がります。坂を下って行くちいさん。

「あっ!いいですねー海は。」

視界が開けました。目の前には、岩場と少しの砂浜が広がります。

「はーこんなところにカンナが咲いてます。真っ赤なカンナがほら!いいねー、ブルーの海に、もう。この赤すごくない?真っ赤だなー。すごいよ。真紅ってこういう色だよな。きれーだなー。」

ちいさん、このカンナがすごく気に入ってしまったようです。

<カンナ関連ページ>
ウィキペディア


インターフェース市

「あーいいねー。」

海の方はほとんど、波が立っていません。静かな海が広がっていました。

「ほら、おい、風が吹いてるだろう!分かる?カメラマン!この左から右へ吹いてる風。ねーわかる?風が、湘南の風だよ。」

ちいさん、また歩き出します。

「面白いなーこういうの。」

ちいさん、岩場までやってきました。

「子供の頃こういうとこで遊ぶのは好きだったなー。」

ちいさん、何か発見したようです。

「いやーこういうところでほら、海の中にいろんなものがいるじゃないですか?」

潮溜まりで、何かいっぱいうごめいています。ミミズのようなのや、貝もいました。

「ねー、見ると面白いね。こりゃ。」

ちいさん、海の中から海草を拾い上げます。天草でしょうか?

「海の匂いがしますよ。ほら!少しづつ、こう、潮が満ちてきてるねー。さっきよりね。ほら。」



さらに歩くと、砂浜に出てきました。

(釣り人)ちいさぁーん!
(ちいさん)はい。こんちは!

釣りをしていたのでしょうか?船を海から引きあげている最中です。

(ちいさん)今日は釣りですか?釣り?
(釣り人)釣り!
(ちいさん)何が釣れたの?
(釣り人)今日はねー。キスとあれがつれたよ。
(ちいさん)これは何?スイカ?
(釣り人)スイカだよ!
(ちいさん)これ釣ったわけじゃないだろ?
(釣り人)釣ったわけじゃない。これ海にいないもんよ。
(ちいさん)そりゃそうだよね。そんなことは知ってるよ。
(釣り人)もちろん、今さーえさがなくなっちゃったんだ。あんまり釣れすぎて。
(ちいさん)うそだろー、また、そうやって意地はるなよー。
(釣り人)まさか、こんなに釣れるとは思わなかったよ。
(ちいさん)釣れてるかーー?

ちいさん、船の中のクーラーボックスを覗きこみます。

(ちいさん)そんな釣れてるかーー!言うほど。どれよー。あーでも釣れてるわなー。

中には釣れたキスやメゴチがそれなりにありました。

(ちいさん)これはあれじゃない?
(釣り人)メゴチっていう。うまい!
(ちいさん)メゴチだろ?おいしいんだよ。これなー。
(釣り人)うん。ちいさん、知ってるなー。

たこを取りだすちいさん。

(ちいさん)タコだろ?
(釣り人)タコ、イイダコねー。最初、二つ釣ってたの。
(ちいさん)おーー、これもうまいね!おいしよこれも。やっぱり、この辺の海はいい?釣りすんのに。
(釣り人)いいね!
(ちいさん)どーして?おだやかだから?
(釣り人)おだやかだから。今日、朝、午前中、バーっと雨降ったんですけどー、ちょうど今、なぎにたってるでしょ?
(ちいさん)こういう時いいんだ!
(釣り人)キス日和だね。
(ちいさん)キス日和だって・・・。
(釣り人)そうだよ。
(ちいさん)違うキスだよ。俺言ってんの。
(釣り人)他のキスもあるけど。
(ちいさん)どうもありがとう。
(釣り人)はいどうも!いつ放送すんの?これ。
(ちいさん)今、係りもものが言いますわ!

ただ今放送中でーす!

(スタッフ)いいですねー。
(ちいさん)ああいう舟に乗って釣りに行くっていいだろうねー。

<キス関連ページ>
食材辞典//TOP
<メゴチ関連ページ>
八王子釣りしたい//TOP
<イイダコ関連ページ>
ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑//TOP


瀬戸内 うおや//SeafoodMax//瀬戸内海鮮亭 双葉

さらにちいさん、進みます。

「あそこに、なんか素敵な、なんかお店がありますよ。ちょっと、寄ってみましょうか?海を見ながら。コーヒーでも飲みますか?。。。サザエのつぼ焼きでもないかなー。なんかおじんくさい?」

そう聞くことがおじんくさいんでは?

「素敵なお店だねー。下行って大きいってのは見たことあるけど、下が小さいっていうの面白いね。こう、建築的にこう、あるのかね。こういう上が大きくて下が小さくなるっていうのは、反対のものはあるけどね、ピラミッドみたいなものはねー。そんなことはどーでもいいんだ!」

と、いうわけで、スタッフのみんなを置いて、さっさとお店の入り口の向かうちいさんでした。

(ちいさん)お邪魔しまーす。
(ご主人:河田敬二さん)こんにちはー!いらっしゃいませー!


U^ェ^Uワンワンワン!

小さなワンちゃんもお出迎えしてくれました。

(ちいさん)ボクちゃん、どうもどうもどうも!

「葉山の絶景喫茶店 VERDE」

お店の中に入ると、前が開放的な作りになっていて、テラスがあるようで、湘南の風がお店の中に心地よく吹き込んで来ます。

(ちいさん)素敵なお店ですねー!
(ご主人)いえー!

もともとは別荘として建てたものの、あまりにも景観がいいので、自宅として住むようになり、されにはたくさんの人にもその風景を見てもらいたいと、カフェにしてしまったというこちらのお店。その自慢の絶景がこちら。その気持ち分かるような気がします。(ご夫婦で集めたパリの装飾品なども売られています。革サンダル6800円)

(ご主人)冬になると富士山が見えてちょうど。
(ちいさん)あ!ほんとだ!

ご主人富士に、夕日が暮れて行く写真を見せてくださいました。

(ご主人)あそこの辺りに富士山が見えてきた。
(ちいさん)見えましたねー。

今度は、お店の前の実際の景色です。

(ご主人)で、春と秋に夕日がちょうど富士山の真上に、落ちる時が年に2回ぐらいあるんですよね。

二人が話しているいるのは、お店のテラスからです。ちいさん、コーヒーをいただきながら、ほっとする瞬間です。

(ご主人)最初は同じところへいつも沈むのかな?と思いました・・・。あれあれ、って言っているうちに太陽がどんどん変わって行くんで。
(ちいさん)そうですよねー。
(ご主人)結構早いあれで、変わって行きます。
(ちいさん)でもいいですねー。これは優雅ですねー。
(ご主人)いやいや。
(ちいさん)ここにいると、もう、一日・・・。素敵だなー。

ちいさんの足元にはさっきのワンちゃんが遊びに来ていました。

(ちいさん)おい、ぼく!君はさー。君はさー、大丈夫?(テラスから)落ちないでね。ここから。

ちいさん、ワンちゃんを持ち上げます。

(ちいさん)ここから落ちないでね。えへへ、かわいいねー。

ワンちゃんにチューをするちいさんでした。

(ちいさん)ここから、落ちないでね。ポンっ!と。

ちいさんに抱きかかえられたワンちゃん大人しくしています。犬好きは分かるのでしょうか?

季節の移ろいを肌で感じる海辺の暮らし。ゆったりとした独特の時間が、流れて行くようです。

平日:11時~19時
土日:10時~20時
定休日:月~水曜日

(ちいさん)いいですねー、なんかねー、海が見えるこんなきれーな景色のところで、コーヒーを飲むなんてこの番組、今までなかったんじゃないですかねー。こんな優雅さはねー。
(ご主人)葉山ならではですか?
(ちいさん)葉山ならではですねー。これが葉山の風ってやつでしょうねー。

では、葉山の風を感じながら、行きましょうか?

<VERDE関連ページ>
Natural Life CD制作日記
日々のあれこれ。
<富士と夕日関連ページ>
森の広場//TOP


アウトレットシューズ


「湘南の風吹く海の街 葉山散歩」

「こっち行くか!」

ちいさん、さらに、海沿いに進むようです。

(スタッフ)すごい、いい出会いですね。
(ちいさん)ねー。

と?猫ちゃん発見です。

(ちいさん)おい!猫、何してんの?休んでんの?いいねー君。ここは。
(猫ちゃん)・・・

眠そうな顔をしています。

(ちいさん)いいねー。やっぱり、太いねー。知らんぷりだね。
(スタッフ)ハハハハハ!
(ちいさん)東京の猫はこういう時、逃げるよなー!やっぱり、人を信じてるんだよ。

(ちいさん)おい!こっち向いてくんねーかねー。

と?猫ちゃんこっちを向いてくれました。

(ちいさん)おしおし。どうもどうも。ありがとよ。
(スタッフ)ハハハハハ!

ちいさん、猫ちゃんにお礼を言いながらお別れしました。

「おかしいな!」

それにしても、今日はいつになくゆったりとしたお散歩ですね。これも葉山の風のおかげなんでしょうか?
さて、ちいさん、海縁の小道から、車の通る海岸通りへ出てきました。

(ちいさん)もう、森戸海岸だ。昔良く海水浴に来たな。
(スタッフ)森戸海岸ですか?
(ちいさん)うん。

しばらく歩くと、川に出ました。

「いっぱい魚がいるよ。」

小魚が、川に群がっています。

「何だ。これふぐか?ふぐの稚魚みたいのがいっぱいいるなー。」

ちいさん、さらに森戸海岸に向かいます。森戸海岸は、古来よち遊覧の地として愛され、源頼朝や実朝も来遊した記録が残っているそうです。

「まだ、でも、海水浴してますよ。みんな!」

<BGMほのか♪>

森戸海岸の波打ち際を歩くちいさん。寄せては返す波の音が心地いいです。

千貫の松---源頼朝が「珍しき松」と褒め称えたことにより、「千貫の価値あり」としてその名が付けられたと言います。
<千貫の松関連ページ>
enjoy三浦半島//TOP

森戸神社---鎌倉時代、源の頼朝が創建。葉山の総鎮守として崇拝を集めています。
<森戸神社関連ページ>
週末ウォーキング//TOP

森戸神社で、手を合わせるちいさん。いつもより少し長いような気がします。

「えーいいですねー、海のこの。。。先に出てる。。。きちっとして、ほら!」

げんべい---ビーチサンダルにこだわった葉山では知らない人がいないと言われる有名店です。
<げんべい関連ページ>
TUYOSHI WEB//TOP
『今日のげんべい』

(ちいさん)これ何?サイズが書いてあるビーチサンダルってあんまり見ないけど。
(お店の人)。。。サイズはほぼ、1センチ刻みになります。

自由にサイズや色を選べます。ネット販売もしているそうです。

葉山旭屋牛肉店---葉山コロッケ(70円)が有名です。葉山コロッケは葉山牛を使ったコロッケ。裕次郎コロッケとも呼ばれ地元民や観光客に大人気です。
<葉山旭屋牛肉店関連ページ>
TUYOSHI WEB
遊ぶ探偵0467

(ちいさん)どうですか?。。。あ、いい!食べやすいわね!

カメラさんのコックリサイン出ております。


子供の頃を思い出すなつかしいお肉屋さんの味!

葉山俳句協会---5つの俳句が画面に出でいましたが、真ん中のを一つだけ。

「江戸風鈴下町の音すなり。。。わかるなー。」

江戸風鈴を葉山の風で鳴らす。ちいさんぽにピッタリの俳句でしょうか?


楽天フエルショップ店//NEXT STAGE//楽天ブックス

さっきまでの曇り空がうそみたいに晴れて来ましたね。

<BGMほのか♪END↑>

「地井さん感動 石原裕次郎の碑」

ちいさんの目の前には、石原裕次郎の碑があります。

夢は遠く 白い帆に のって♪

消えてゆく 消えてゆく 水のかなたに♪


っていう歌ですよ。これは。

ちいさんの歌声と波の音が響きます。

(ちいさん)この歌、裕次郎さんの歌にもあるけど、すごくいいですよね。
(スタッフ)裕次郎さんが亡くなった時、ショックでしたか?
(ちいさん)うん、ま、僕はちょうど、亡くなる時にずっと、同じ仕事してた時だったからね。

ちょっと、ちいさん、悲しそうな顔をしています。

(ちいさん)ショックというか、もう、亡くなる頃、お亡くなりなる頃、だいたい僕らもなんか様子がおかしいなっていうのは知ってたからねー。

昭和62年に亡くなった石原裕次郎さん。最後の収録はちいさんといっしょだったそうです。どんなシーンだったんですか?

<石原裕次郎との最後の共演秘話>

取調べ室である女の子が僕が取り調べしてて、全然、自白しないのよ。
そこに、裕次郎さんが「おう、どうした?」まだだめかみたいなことで入って来るんだよ。
で、じゃ、俺代わるよって言って、僕はその後出てっちゃった後、
石原さんがその子を、ダーっと説得するシーンがあったのね。
で、結局、最後はまー、簡単に言うと自白するんだけど、
そこの間に、まー台本で言うと3ページぐらいのその説得するシーンが台本にあったんだけど、
裕次郎さんその前の日かなんかに、自分でそのシーンをこう、書いてきてね、
こんな風にしたいんだって、台本とは放れて、こういう風に言いたいんだっていう風に、
朝監督にこう、説明なさって、要するに健康のことを話すわけよ。
その子に俺も今はこうこうこうで、それはもう、自分の体の状態がこういう状態だから、
命を大事にしなきゃいけないってことから、その女の子にちゃんと自白するように、
っていう話しにこう、繋がるんだけど、そこー、健康状態があんまり僕もほんとは良くないんだって、
タバコを吸いながらやるシーンがあって、このタバコを今、止められてんだって、
いうような話しをしたりして、ながーいカットでこう、口説くんだけど、
あんなパワーがあったんだなって思うくらい、そのワンカットは、しびれるワンカットだったなー。

それは偶然、俺もそのー石原さんが、最後のドラマのワンカットに立ち会えたことがまた、
俺は裕次郎さんがいなかったら俳優になってないから、
なんか自分なりにこう、無理矢理あれするわけじゃないけど、
不思議な縁だなー、縁なんてねー言えるねー、間じゃない、友達じゃない、
こんな人(雲の上の人)だけど、だた、見てたってんじゃなくて、いっしょの出番だったことがね、
他のレギュラーじゃないで、僕だけなんだよ。そこー出てんの。


葉山に吹く自由な風の中で生まれた石原裕次郎という輝き。兄慎太郎は、この碑に、こんな言葉を残しています。

太陽の季節に 実る
狂った果実だちの 先達
石原裕次郎を 偲んで


「ほんとに気さくで、どんなにえらい人でも、どんなに若いスタッフにでも、みんな同じ、同じように口きいてくれてね、ほんとに素敵な人でしたよ。」

平成元年3回忌に建てられた灯台(裕次郎灯台もしくは葉山灯台)は、裕次郎さんが愛して止まなかった海を、今も見つめています。

今日は、2時間15分、2843歩、97kcalのお散歩でした。

<石原裕次郎の碑関連ページ>
わんだふるはうす
わんだふるはうす
わんだふるはうす
TOP
<太陽にほえろ!関連ページ>
太陽にほえろ!
<石原裕次郎関連ページ>
石原裕次郎記念館


イーベストCD・DVD館//S-プレミアムDVD&GAME館//PANORAMA ld-dvd.com

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/535-cfaa8d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。