テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

「今日のちい散歩は江東区の住吉に来ています。どんなとこかというと、僕もそんな詳しくないんですが、ここは以前来た深川の地区なんですね。下町ですよねー。下町はもう大好きなんで楽しみなんですが、いい天気です。暑そうです。でも行ってみましょう。あ、そうそう、今日からこれ、腕時計式の散歩になってて、カロリーも出るそうです。もちろん、時計も見られるらしいんですが、これをつけて行きたいと思います。」

ちいさん、住吉駅前を元気に出発です。

今日の散歩は江東区住吉。ちいさんが去年歩いた門前仲町や清澄白河と同じ、下町深川地区の一角です。

<住吉駅関連ページ>
ウィキペディア
<門前仲町界隈関連ページ>
大王さんの旅行記
<清澄白河界隈関連ページ>
大王さんの旅行ブログ


夢みつけ隊 ONLINE SHOPPING


「下町の夏休み 江東区住吉散歩」

「あ!公園がありますよ。すごい公園ですよ。大きな!。。。あーここが正面の入り口かな?」

ちいさんがやってきたのは、猿江恩賜公園です。こちらは、1932年開園の広大な都立公園です。

<猿江恩賜公園関連ページ>
江東365なび//TOP

「やっぱりこれは、木があるとこの方がさー、ビル街よりも涼しいーなー。」

ちいさん、公園内の噴水のところまでやってきました。

「あ!ポプラがある。」

ちいさんの右手の方には、直立不動の大きなポプラが5本立っていました。

昭和7年に開園した猿江恩賜公園。(1733年頃、幕府の材木蔵として造られた後、明治政府に引き継がれ、)かつて皇室、御用材の貯木場としても使われたこの場所は、現在、公園に。池の広さは1600㎡もあるそうです。

「あー、みんな子供が水浴びしてますよ!」

子供が遊ぶ時に上げる甲高い声が聞こえてきます。

「あー、いいねー!」

ちいさん、その中で子供を遊ばせている一つのお母さんグループのところにやってきました。
子供たちが水浴びをしています。

(ちいさん)子供さん遊ばしているっていうより、親が遊んでんじゃないの?
(若いお母さん)親の方が気持ちいいかもしれない。

あっちのお母さんからは、


( ̄◇ ̄) σちいだよ!

なんて声も聞こえてきました。じいだよ!じゃなくて良かったですね。

(ちいさん)いいねー。これは。いいねー!オーッス!

ここの子供たちみんなに手を振ります。すると、女の子が手を振ってくれました。
ちいさん、別のお母さんグループのところにも行ってみました。

(ちいさん)いいねー、いいねー、こういうのあったら、お風呂入んなくてもいいでしょー。
(若いお母さん)そうですねー!

こちらでも、子供たちが水浴びをしていました。
ちいさん、そこにいた男の子に話しかけます。

(ちいさん)何笑っての?何笑ってんのよ。

カメラを向けると笑ってくれました。

(ちいさん)お母さんに似てるねー、ねー、お母さんに似てるねー、迷子になっても大丈夫だねー。このお母さん探したらそっくりの人がいるから分かるねー。

別の男の子がビーチボールを持ってちいさんのところへ寄ってきました。

(男の子)何やってんの?
(ちいさん)何やってるって、テレビだよ!

ちいさん男の子の顔を両手ではさんでます。
その時です。

(若いお母さん)カメラには止めて下さい。

男の子がカメラにいたずらしそうになったようです。

(ちいさん)いいんだよ!いたずらでいいんだよ!なっ!いたずらしていいの!

その瞬間、男の子はカメラにビーチボールをぶつけてました。

(ちいさん)いっぱいいたずらすんだぞー!

別の男の子はその瞬間、カメラに向かって水鉄砲を向けていまました。

(ちいさん)ありがとう!
(子供たち)ばいばーい!

ちいさん、散歩に戻ります。


JACMART//たつみやベビー//ネットのおもちゃ問屋 マルゼン

「何かあるよ。あそこにベーゴマって書いてあるの?」

向こうの方に、休息できるような場所があります。ちいさん、そちらの方へ向かって芝の上を進んで行きます。


「あっ!本格的にやってるぞ!おい!」

そこでは、10人ぐらいの男女(大人と子供)がベーゴマに興じていました。

(ちいさん)えっ!回せるかな?俺何年もやってないからな。

実はちいさんちょっと前にやってる(昭和の子供の遊び )んですが、忘れちゃったようです。

そこで、ちいさん、小学生くらいの男の子に聞いてみます。

(ちいさん)回せる?
(男の子)わかんない!

ちいさん、ひもをコマに巻き始めました。

(男性)やってますねー、かなり。
(ちいさん)俺!がきのころはけっこう、うまく行った。近所のおにいちゃんのベーゴマ皆、取っちゃったんだよ!
(男性)うまかったんですか?
(ちいさん)うまかったんだけどねー。これ、最初固くしてあとはやわらかく巻くんだよなー、たしかなー。どうやんだっけー。できるかなー。


( ̄□ ̄;)あーー落ちちゃったよー!
ベーゴマは、台の上から落ちて、あっちの方へ行ってしまいました。

(ちいさん)ハッハ!回ることは回るなー!やってんすか?みなさんこれ!
下町探偵団代表:鈴木祥元さん)ベーゴマです。ベーゴマっをやるっていうのが主な目的っていうわけじゃないんですけど、だから、この辺の下町とかをちょっと良くしたいとか、活性化することをがんばってるような。
(ちいさん)運動で、ベーゴマも一つのものに取り入れてらっしゃる。
(鈴木さん)もともと、インターネットでそういうことをやってるんですけれどもー。まーインタネットってなんかー、人が見えないじゃないですか。だけど、こっちの方のなんか江東区とか下町の子って、下町気質とか・・・。

ところで、相変わらず、ベーゴマ回しは続いています。

(ちいさん)すごいねこうなって欲しいよね。

「下町」と書いてある台の上でベーゴマが勢い良く回っています。

(ちいさん)でもさ、このベーゴマさん。あ、本格的だこういうのは。

ちょっと、良く回るベーゴマの裏を見せてもらいました。ベーゴマの裏側の中心の突起は鋭くとんがらせてあります。

(ちいさん)これわざわざ、自分で砥ぐんですよ、こうやって。僕らはそういうものはないから、こういうところコンクリの上(壁や床)でこう擦ったりさー、確度をつけるわけよ。これ多分ねー、お宝なんだこれー。俺がこれもらってくよーってこう言うと、すごく怒ると思うんだよねー。これはやっぱりねー、やっても強いんだよ。多分。

さーちいさん、ベーゴマの真剣勝負ですよがんばって!


イッチノチ!

同時にコマを投げ入れます。


( ̄□ ̄;)あーー引っ張りが弱いんだ!

また、台から落ちてしまいました。

(ちいさん)あーーー、昔ならしたよー、俺もダメだなー、落ち目だなー!
(男性)ここら辺まで立ってやれば、引くので入ります。あんまり遠くへいると・・・。

アドヴァイスを聞いて、ちいさん再トライ!


イッチノチ!


あ!回った!

コマが入りました。ちいさんのコマもうまく入りました!が?
で、もう、止まってますねー。

(ちいさん)迫力に違いがあるわなー。

もう、1回!ガンガン投げ込まれるベーゴマ。
あっちこっちからぶつけられるちいさんのコマ。
負けるな!
やっぱり止まっちゃいました。
残念!

(ちいさん)完全にはっとばされたねー。それ!

白いベーゴマやさっきのスペシャルベーゴマの強さが光ってました。

(ちいさん)生意気だな!これ!

久しぶりのベーゴマにもう、すっかり夢中。でも、そろそろ散歩に戻りましょうかねー。

<下街探偵団関連ページ>
ベーゴマ
浅草橋のベーゴマ達人
メルマガ下町探偵団


ネットのおもちゃ問屋 マルゼン

大きな池のある公園で、地元の人たちと楽しんだちいさん、さて、次ぎはどちらに向かいましょうか?

「あーここに商店街がありますよ。行ってみましょうか?」

ちいさん、住吉銀座商店街にやってきました。

(女の子3人組)いらっしゃいませー!

かわいい女の子(小学生くらい)がお出迎えです。

(ちいさん)おっ!すごい掛け声だねー。何やってるの?
(女の子)夏休みのお手伝いでーす。
(ちいさん)お手伝いしてんの!
(ご主人)そう!
(ちいさん)いいですねー、こう、看板娘たちが!

こちらは、住吉銀座商店街にある、中村屋豆腐店です。

(ちいさん)こちらは何って書いてあるの?「商業体験児童」

女の子たちは、「商業体験児童」という青色の腕章をつけています。

(ちいさん)あーー、で何をお手伝いするの?
(女の子)えっとー!
(ちいさん)ただ、いらっしゃいませ言うだけ?
(女の子)いや!お金渡したり。
(ちいさん)あ、じゃーおじさん、買うの。買える?
(女の子)はい!
(ちいさん)あそうですか!じゃー!

ちいさん、おばあちゃんの財布からお金を出します。

(ちいさん)何を食べようかところてんにしようか!ところてん一つ下さい。
(ご主人)はい!食べますか?
(ちいさん)食べたいんですけど、お店の前で!
(ご主人)じゃー、誰かが(ところてんを)突いてやって下さい。

女の子たちの誰かが、ところてんを細くする器具でところてんを作ってくれるようです。

(ちいさん)ねー、ところてんなんて普段、食べたことある?
(女の子)ある。

女の子はところてんを突くのに一生懸命です。

(ご主人)うまく(ところてんを)突いてよ!もっと、力入れて。


にゅるにゅる!

透明のところてんが出てきました。


( ̄◇ ̄) おおお!

(ちいさん)ねー、おねーちゃんずいぶん盛がいいねー!大サービスだねー。(ところてん:1本、130円)
(ご主人)あのーちょっと、一本だと多いくらい!
(ちいさん)そーだよねー!

黒い蜜をかけて出来上がりです。

(ちいさん)はい、ありがとう!。。。俺好きなんだ。ところてん。


( ̄~ ̄)おいしい!

(女の子たち)おいしいですか?
(ちいさん)中へ入れてもらおう。

ちいさんお店の作業場の方まで入ってきました。

(ちいさん)なに?夏休みの間、こうやって、お店のお手伝いして、何を勉強すんの?
(女の子)社会科の勉強。

ここで?

(ちいさん)カメラマンに一口。

いつものおすそ分けです。

(ちいさん)いいか、いくぞ!嫌いじゃないだろ?大丈夫だ。心配しないで。。。お皿で受けたあげるから。カメラ回せよ。ちゃんと。

カメラさんから、グーのサインが出ました。

(ちいさん)そうでしょ!おいしいでしょう!

さて、女の子たちに再び、聞くちいさん。

(ちいさん)何がこのお店では売りものですか?
(女の子たち)とうふ・とうふ・とうふ!

とうふの輪唱になってます。
そういうわけで、とうふを食べることに。

(ご主人)この中ににがりが仕込んでありますんで、国産の大豆でおいしいと思いますんで。
(ちいさん)スプーンで食べていい?
(ご主人)ええ!スプーンでね。

ご主人はそう言いながら、寄せ豆腐(110円)に醤油をかけてくれました。

(ご主人)薬味あるといいんだけど。あ、薬味あったっけ。
(ちいさん)いい、いい、いい!(いらない)

薬味がやってきました。

(お店の女性)しょうがございます。
(ご主人)しょうがもね。国産のしょうがですから。

国産はいいです。

(ちいさん)ほら、おいしそうだろー!

豆腐の上にしょうがを乗せて女の子たちに見せるちいさん。

(女の子)フフフ!!
(ちいさん)食べたいだろー。
(女の子)フフフ!!
(ちいさん)大丈夫?おじさん食べちゃっていい?


( ̄~ ̄)うまい!

(ご主人)今日はねー、たまたま、うちの孫も一人いるんだけど。
(ちいさん)あ、このお孫さん。
(ご主人)そうなんです。その他ねー、この地域でね。商店街でー、東川小学校毛利小学校ってあるんですよ。毎年、両校から受け入れて商店街でね、で、50人ぐらいの生徒全部受け入れて、やってんですよ。
(ちいさん)じゃー、このお店だけじゃなくて・・・。
(ご主人)今日はたまたま、うちの孫と夏休みの宿題を兼ねてやってるんですけどー。

こちらの商店街では、「商業活動体験」の一環で地域の児童の学習を受け入れています。

(ちいさん)でもさ、僕が来たらみんな”いらっしゃいませー”って言ったけど、ああいうの恥ずかしくない?
(女の子)最初、ちょっと恥ずかしい。

(ちいさん)もう平気?
(女の子)フフフ!
(ちいさん)他には何お手伝いしてんの?
(女の子)お金渡す。
(ちいさん)お金渡すって何?おつり?
(女の子たち)おつり!
(ちいさん)例えば、100円で85円の買い物したら、いくら渡すの?

しばらく沈黙が・・・

(女の子)15円!

(ちいさん)それがフッ!と分かる?

(ちいさん)分かるか。引き算は。ねー。でも、35円のものと85円のものと、600円のものでいくら?って言われたら、お母さんが買いに来て、はい、これとこれとこれ下さい。35円と80円と600円って言ったら、あっ!わかんなくなっちゃったなおじちゃん。そういうのばーばーばーって足してできる?

女の子困った顔になってます。

(ちいさん)どーすんの?そういう時。
(女の子たち)電卓、電卓!
(ちいさん)うん?
(女の子たち)電卓!

3人の回答が、妙に、揃ってました。

(ちいさん)電卓だよねー、そんなの数えている人いないよねー。今!

結局、電卓ということで、収めたちいさんでした。

(ちいさん)暑い時に大変だね。がんばってね!お豆腐のお金払わなきゃ。おいくらですか?お豆腐。
(ご主人)はい!これ110円です。
(ちいさん)はい、110円ありました。どうぞお願いします。

ちいさん女の子にお金を渡しました。

(女の子)ちょうどです。ありがとうございました。

<中村屋豆腐店関連ページ>
振興組合情報No336号


//火の鳥//無農薬野菜のミレー//やさしい生活

続いてちいさん、下町の路地裏を散策。

「あー、こういう路地がいいよねー。」

ちいさんが歩いているのは、狭い路地で、ちいさんが好きそうな路地です。周囲の民家には庭があって、それぞれのお宅が小ぎれいにしてありました。

「みんな、それぞれがほら!いいねー。ほんとにどこのうちもこうやって一軒一軒花をさ。」

ちいさん、そうしているうちに、大きな通りへ出てきました。何か見つけたようです。

「だちょうの卵プリンだってよ。これがだちょうの卵か。の大きさか、あ、割ってあるほら。こんな大きいんだねーだちょうってねー。」

ちょっとした洋食屋さんでよく見かけるランチタイムのメニューなどが書いてある黒板がそのお店の前にもあって、そこには、「本日のおすすめ だちょうの卵プリン 本日限定」と書いてあって、その下にはダチョウの卵の殻がかごの中に入れてありました。ちいさん、それを手にとって興味深々です。

「江東区住吉散歩 超特大卵のプリン」

「プリン食べようか、ちょっと、入ってみようか(手作り菓子工房 うふ)。」

ちいさん、お店の中に入ってみました。

(ちいさん)こちら、プリン屋さんですか?プリンじゃなくてケーキ屋さん。
(ご主人:小川正志さん)ケーキ屋さんです。

ご主人にだちょうの卵を見せていただきました。

(ご主人)こちらダチョウですね。はい。
(ちいさん)重いもんだねー。
(ご主人)これが普通の卵です。

両者を比べて、感心するちいさん。

(ちいさん)何倍くらいあるかねー。量としては、これ何個分くらいある?ボールにボンと開けた場合に。
(ご主人)30個ぐらいですね。

ここで、ダチョウの卵プリン(商品)が出てきました。

(ちいさん)ご主人これ、何で月に一ぺんだか何かしかできないの?だちょうの卵、あまりないの?
(ご主人)そうなんすよ。だちょうの卵、貴重品なんですよねー。
(ちいさん)どういうとこから来るの?
(ご主人)茨城のダチョウ倶楽部というところから。
(ちいさん)あーダチョウ倶楽部って、あれは僕はお友達だけどねー。


(」°ロ°)」いやー!

(ちいさん)関係ないですね。じゃ、だちょう食っちゃお!

ダチョウの卵で作ったプリン(300円)は、第一日曜日限定発売です。

(ちいさん)プリンです、どういう感じかな?
(奥さん:小川京子さん)はい!
(ちいさん)う~ん、コクがあるねー。
(奥さん)そうですね。はい。
(ちいさん)普通の卵よりは濃い感じがするね。
(奥さん)濃いですね。白身がけっこう普通の鶏卵と比べて、多いんですけどもー、黄身の味がすごい濃いのでー。コレステロール値が低いんです。はい!
(ちいさん)俺なんかには最適だねー。
(奥さん)ハハハ!そうですね!

コレステロールを気にしているちいさんでした。

(奥さん)今、けっこう生クリームとか加えて、濃い目濃い目に作ってある方が多いんですけども、逆にとっても低カロリーで、はい!

だちょうの卵は、ミネラルやビタミンを豊富に含む高タンパクで、コロステロール値が低いそうです。

(ちいさん)お二人はご夫婦なんですか?
(ご主人)ご夫婦で。
(ちいさん)ご夫婦って自分で言うやつはいねーよ。でも、あれ?結婚して何年ぐらいになるの?
(ご主人・奥さん)・・・
(ちいさん)目配せしなくちゃわかんないの?
(ご主人・奥さん)7年ぐらいです。
(ちいさん)ケーキ屋さんを始めようと、誰が言い出したの?

ご主人が奥さんを指します。

(奥さん)わたし。
(ちいさん)ご主人はケーキやったことあったの?
(ご主人)えーと。そうですね。前は勉強しました。
(ちいさん)。。。それでこうやって小さいながらも”ケーキ屋さんやろうよ!”って彼女言ったの?
(ご主人)そうですね!
(ちいさん)愛する彼女が。
(ご主人)ほんとに。ほんとに。

奥さん笑ってます。

(ちいさん)なんで笑うんだよ!
(ご主人)それで、いっしょにやろうか!みたいな話しで。
(ちいさん)でも、大変だったでしょ?
(ご主人)そうですね。やっぱり大変でしたねー。
(ちいさん)お店をオープンするってのは。
(奥さん)やっぱり、ちっちゃい頃から作るのは好きだったのでー。
(ちいさん)こういうもの作るのは。
(奥さん)はいはいはい!
(ちいさん)じゃ、家庭料理なんかも作るの好きなの?
(奥さん)あ、そうですね。はい。
(ちいさん)おいしいもん食べさせてもらってる?
(ご主人)おいしいもん食べさせてもらってますよ。
(ちいさん)なんか、昨日から用意している・・・。

(ご主人)ほんとにおいしいもん。でも、料理とかもおいしいんで。
(ちいさん)いいねー、ほんとに。がんばんだよ!

※本日8月27日(月)ダチョウの卵プリンを60個限定発売だそうです。

「やーダチョウの卵のプリンっていうのは初めて食べたね。”うふ”っていうこの店、フランス語で卵という意味だそうです。


(^∇^)うふ!

そういうわけで、ちいさん再び散歩に戻ります。

<手作り菓子工房 うふ関連ページ>
ケーキ日記
東京村.COM//TOP
ぶらり途中下車の旅

写真↓はダチョウのプリンではないですが。


高原マーケット かよう//特選グルメ//プディングアリスホンテン


「江東区住吉散歩」

<BGMほのか♪>

川岸を歩くちいさん。

1934年に深川猿江裏町・深川東町・深川本村町の一部が、合併する事になった際、縁起をかつぎ、深川住吉町と名付けられました。

ちいさん、神社にやってきました。

猿江神社!」

凡そ1000年の歴史がある猿江神社。社殿は日本で最古級の鉄筋コンクリート造りです。


パチ、パチ、パチ

ちいさん、拍手を打ってお参りです。

商店街や路地裏などをたっぷり楽しんだちいさん。今度は少し足を延ばし、清澄白河方面へ。

<BGMほのか♪END↑>

「人と人を繋ぐ 縁台ある風景」

「あっ!いろいろありますよ。縁台が(深川芸術)。どうもー、こんにちはー!」

小さな男の子(荒野隆太郎くん、1歳8ヶ月)が出てきました。

(ちいさん)こんにちはー!暑いねー。
(隆太郎くん)・・・

ちいさん、カメラさんの方を指して。

(ちいさん)こんにちはー、変なおじさんが来たねー。

隆太郎くんは、けげんな顔をしてスタッフの方を見ています。
よっぽど、怪しいようです。

(ちいさん)これは縁台がありますけど、これは誰が作ってるんですか?
(ご主人:荒野真司さん)あ、はい、うちでやってます。
(ちいさん)ちょっと、座っていいですか?

ちいさん、座ってみます。

(ちいさん)あ、いいよねー。縁台っていうかこういう。昔は、まー、どこのうちにも、こういうのは店の前に置いてあってさー。

そんな話をしているうちに、隆太郎くんは、うちわを持って、ちゃっかり、ちいさんの膝の上に乗っています。

(ちいさん)ご主人、これは縁台をいつも、良くお作りになってるんですか?
(ご主人)そうですね。縁台のある風景を作るのが面白いんだ、と。
(ちいさん)縁台のある風景を作るっていうことはどういうこと?例えば。
(ご主人)人も含めてなんですね。人を見っけなきゃいけねーのと、そういう場所?人柄がないとできないとこなんで。

ご主人は、人と人とを繋ぐきっかけになればと13年前から縁台を作っているそうです。

(ちいさん)でも、これ下町の風情だね。こういうのは。
(ご主人)そうですね。路地とかないとできないですね。
(ちいさん)昔はもっと、そんなのがいっぱいあったような気がすんだなー。今みたく冷たくなくて、もっと、どこのうちでも、こういうちょっと休むとこにこういうものが置いてあるような風情っていいもんだよねー。

隆太郎くんがご主人に話しかけ始めました。

(ちいさん)おい!お父さんなの?
(隆太郎くん)パッパー!こえこえ!(※1)

ぱっぱーと言いながら、うちわの絵を指さしている隆太郎くん。

(ちいさん)こえこえじゃないんだよー!

ちいさん、隆太郎くんを抱きかかえます。


よし、よし、よし、よし、よし

ちいさん、隆太郎くんをあやしています。

(ちいさん)物怖じしないね、この子は。

今度は隆太郎君。拍子木のように木っ端を持たされて、縁台の上に乗っています。

(ご主人)お願いします。

隆太郎くん、木っ端を打ち始めました。周囲の大人は大喜びです。

(ご主人)ご苦労様でした!
(ちいさん)ご苦労様でした!

隆太郎君もうれしそうです。

(ちいさん)いいなー、きみ!

今度はご主人。隆太郎くんに、ちいちゃな縁台を持たせました。隆太郎くんはその縁台を肩にかけます。まるで、職人さんが縁台をかついでいるような格好です。

(周りの大人)モーメ、モーメ、カッセ!カッセ!

隆太郎君、神輿担ぎの真似をやっているようです。

(ご主人)ご苦労様でした!
(ちいさん)ご苦労様でした!


日本の祭屋//ゲキカグ//ビーバーオンラインショップ

さて、ご主人の作った縁台が近くの商店街にも置かれているというので、見せていただくことに。

(ちいさん)あーこういう風にね。

その縁台には、若い女性が腰をかけていました。
ちいさん達が来たのでどこうとしていました。

(ちいさん)いいです。いいです。もう、邪魔しないから。

この商店街の通り(深川資料館通り商店街)には、あちこちに縁台が置かれていました。

(ちいさん)ちょっと、休めたりするところが。

前方には、にオレンジ色の布がかけてある縁台もあります。

(ご主人)これ、先週、先々週みんなで、トンチンカンチンやって(作りました)。

さらにちいさんたちは商店街を進みます。

(ちいさん)おい、氷でも食べようか(いちかく)?

(ちいさん)氷もらえる?。。。
(いちかくのご主人)はーい!
(ちいさん)何があるんだ?
(いちかくのご主人)三種類!

いちかくのご主人が指差します。
そこには、氷 イチゴ レモン メロン 120円 お持ち帰り!と張り紙してありました。

(ちいさん)イチゴ・レモン、イチゴだな!

今日はおいしいものいろいろいただきましたが、夏の散歩にはやはり、これですねー。

二人とも縁台に腰掛けて、カキ氷を持っています。

(ご主人)いただきまーす!
(ちいさん)うん、いいね、これ!縁台に座って。
(ご主人)へへ!
(ちいさん)カキ氷!

ちょっと、ご主人、照れくさそうですがうれしそうでもあります。

(いちかくのお上さん)おいしいですか?
(ちいさん)おいしい!

(ちいさん)こういうもの一つで、ちょっと、会話があったりして、”けっこう座らしてもらいました。”今日は天気がいいね!”でもいいんだよね。
(ご主人)そう!馬鹿話が、あるからやってけるんであって、それなくなっちゃうと、やっぱりね、お腹いたくなっちゃうんですよ。

と、お腹をさすりながら、ご主人。

(ご主人)一個一個丁寧にやってくのがいいかな?って思って。縁台のある風景っていうのをあちこち作るんだけど、ま、丁寧に。木もだから、地産地消のがいいだろうし・・・。
(ちいさん)ああ、まーそうだろうな!

のんびりした気分に浸れる手作りの縁台。こちらを散歩の終点に決めました。

今日のお散歩は、3時間で、5217歩、179kcalのお散歩でした。

<いちかく関連ページ>
小さじ1
<荒野真司さんと縁台関連ページ>
縁台睦
縁台睦(ちい散歩ロケ風景)
↑(※1)のシーンです。
Cafe Line
<縁台関連ページ(深川芸術中心 AAF深川アートセンター裏口)>
縁台睦5/30_報告
縁台睦5/30_報告1
縁台睦5/30_報告2
縁台睦5/30_報告3
縁台睦5/30_報告4
縁台睦5/30_報告5
縁台睦5/30_報告6
縁台睦5/30_報告7
縁台睦5/30_報告8


厨房卸問屋 名調2号店//販促イベント屋//あーるあーるどっとこむ

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/525-202940b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
パックをあけると豆乳につつまれたお豆腐が・・・スプーンですくっていただきました。いつも冷奴はおしょうゆかドレッシングなのですが、付属のたれが濃い目のめんつゆみたいでいつもと違った感じの美味しさでした。お値段も張りますが、味は確かですし、1パックでじゅうぶ
2007/09/04(火) 19:30:41 | とうふの感動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。