テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

番組は、ゆうこちゃんが取材してきた映像を、ちいさん・生稲さん・ゆうこちゃんの3人で見ながらのトークとなっています。「」内は、取材先でのゆうこちゃんを始めとする、それぞれの人の発言になります。

ゆうこちゃん、海浜幕張駅前に来ています。

「今日は千葉県の幕張にやってきました。」

<海浜幕張駅関連ページ>
ウィキペディア
<幕張写真関連ページ>
幕張写真集

さて、今日もスタジオからです。

(ゆうこちゃん)今日もですね、お手紙いただきました。千葉県の幕張市にお住まいの清水さんからいただいたんですねー。
(生稲さん)うん!
(ちいさん)千葉かい!あたしは千葉だからねー。

千葉県出身のちいさん、うれしそうです。

(ゆうこちゃん)そうですよねー。うれしいですよねー。それでね、ちいさん!ちい散歩で幕張に来てもらえないでしょうか?って。もう、すごくストレートなお誘いをいただいたんですが。
(生稲さん)幕張はアウトレットもあるし、いいですよー。
(ちいさん)あー、そうですか!どうも!
(生稲さん)行って下さい。

<健康食材と美を求めて 幕張編>

(ゆうこちゃん)今日はおいしい地元の味を求めてお散歩をしてみました。

駅を出発したゆうこちゃん、ちいちいバックを持って、欧風なおしゃれなレンガ畳のような広い歩道を歩いています。周囲には近代的なビルが立ち並び、沿道には木々が植えられていて、開放的な都市空間を演出しています。

(ゆうこちゃん)「なんか開けてますよねー。」

(ゆうこちゃん)わたし幕張って初めて行ったんですよー。
(ちいさん)幕張はあなた大都会ですよー。
(ゆうこちゃん)そうなんですねー。
(ちいさん)幕張メッセだってあったしねー。
(生稲さん)駅前なんてほんとに。
(ゆうこちゃん)すごく近代的なんですよねー。
(生稲さん)そうなんですよ。
(ちいさん)だから、そうだ!っつってんの!
(ゆうこちゃん)ちいさんも行くんですか?
(ちいさん)千葉はすごいのよー!
(ゆうこちゃん)けっこうびっくりしました。予想外に。
(ちいさん)そうですかー。
(ゆこちゃん)開けていて。

(ゆうこちゃん)この幕張地区っていうのは、昭和48年~55年にかけて、埋め立てをした場所なんだそうですね。
(ちいさん)そうですねー。

そうしている間にもゆうこちゃん、たくさんのお店が紹介されている大きな看板の前にやってきています。

(ゆうこちゃん)「自然派ビュッフェレストラン!ちょっと、おいしそうですねー。もう、食べていいですかねー。」
(スタッフ)「いいんじゃないでしょうか?」
(ゆうこちゃん)「もう、お腹空いたんですけどいいですかねー。」

ゆうこちゃん、お許しも出たようでうれしそう。さっそく、そのレストランに向かいます。

「千葉の野菜で健康ランチ 旬菜厨房 奈のは」

(ゆうこちゃん)「あったぁ!」

ゆうこちゃんの前方には、大きく「奈のは」とあります。お店の外観は、黒を基調とした、近代的な中にも、落ち着いた雰囲気の漂うお店です。

(ゆうこちゃん)「ずいぶん、おしゃれです。」

ゆうこちゃん、中へ入ります。中は外の雰囲気とは違い。声があっちこっちからしています。

(ゆうこちゃん)「このレストランはどんなレストランなんですか?」
(店長:向島夕子さん)「はい!体にやさしい自然食のビュッフェレストランなんですけれども!」

(生稲さん)バイキング?
(ゆうこちゃん)ふふふ、そうなんです。
(生稲さん)女性ってバイキングって大好きなんですよね!
(ゆうこちゃん)そうなんですよねー。
(ちいさん)あーそーなの!
(生稲さん)いろんなものちょっとずつ食べられるからー。<ランチタイムビュッフェ 1600円 ※小学生以下は850円>
(ゆうこちゃん)生稲さんがおっしゃっていた通り、ここ”旬菜厨房 奈のは”は、ビュッフェのレストランなんですね。新鮮で安心のできる素材を使用した60種類もの季節感ある(季節に合わせた)料理が並んでいます。それが食べ放題ですからね。食いしん坊のわたしにはもう、たまんないですね。
(ちいさん)どれとってもいいわけですね!

レストランに色とりどりの野菜を使った料理がいっぱい並んでいます。

(ゆうこちゃん)で、千葉県っていうのは野菜王国。
(ちいさん)そうだよ!
(ゆうこちゃん)産出額の第一位と!
(ちいさん)そうだよ!
(ゆうこちゃん)おみそれしました。
(生稲さん)いちいち、怒らない、ちいさん。

千葉県の野菜は出荷量・販売量ともに全国1位です(平成17年度)。

(ゆうこちゃん)「女性だらけです。ちょうどね、お昼時っていうこともあって。ほーんとたくさんいます。ちょっと、混ざっちゃおー!」

そういうわけで、ゆうこちゃんもバイキングに大参加です。

(ゆうこちゃん)「わー炒めたばっかりだこれ、あったかい!すーごいあったかい!夏野菜がいっぱい入ってる。」

(ゆうこちゃん)まずとったのは、夏野菜炒め(夏野菜のハーブ炒め)。ちょうど、出来立てで。
(ちいさん)ゴーヤが入ってますよ。
(ゆうこちゃん)いい匂いなんですよー。
(生稲さん)おいしそー!
(ゆうこちゃん)見た目にもヘルシーな一品ですねー。
(生稲さん)野菜がいっぱいっていうと、これも女性が。
(ゆうこちゃん)千葉県産の野菜を多く使っているんです。

野菜にはカボチャ・ナス・インゲン・ゴーヤ・ピーマン・たまねぎなど、地元・千葉県産の野菜を使用しているそうです。

↓は特に千葉県の野菜というわけではありません。雰囲気だけでも。

やさしい生活//e-NET・地球人


タマチャンショップ//なちゅらるカンパニー//ヤオヤプラス 楽天市場店

(ゆうこちゃん)で、この夏野菜なんですけどもー、このように食べやすい大きさに切って、まずは素揚げをします。で、そして、その後に、
(ちいさん)塩・コショウかな?これは。
(ゆうこちゃん)油から出して炒めて、味付けをします。で、ミネラルが豊富なモンゴル岩塩と、そしてコショウ、さらに、隠し味でレモン水を入れて、爽やかさを演出してるんですねー。これが夏野菜らしいですよね!
(ちいさん)おいしそーだなー。これ!
(生稲さん)きれーな色じゃないですかー。
(ゆうこちゃん)ちょっと、これだけまず、とってみました。鳥団子スープやそうめんといっしょにいただくことになりました。


京都・錦 鳥清//かも手の麺

まずは、ゆうこちゃん、夏野菜のハーブ炒めから。

(ゆうこちゃん)「うん!ちょっと、酸味が利いてる。」

さらに、もう一口。

(ゆうこちゃん)「程よくシャキシャキ感は残ってるし。」

(ゆうこちゃん)うしろ見えます?女性ばっかり。
(ちいさん)いっぱいだねー。
(生稲さん)ハハハ、皆、女性だわ!
(ちいさん)誰もこっち、注目してないけど、いいのかなー!
(ゆうこちゃん)みんなも食べることに一生懸命なんですからね。
(ちいさん)そうか!
(ゆうこちゃん)食欲に勝るものはないですねー。
(ちいさん)一人、二人、こっち向いてて欲しいな。
(生稲さん)。。。関係ないって。
(ゆうこちゃん)。。。ちいさんじゃないと、気づかないですよ。

もちろん、ゆうこちゃんも、この間、ほとんどしゃべらずに食べっぱなしです。

(ちいさん)良く食べるね。君、しかし!
(生稲さん)おいしそー、いいなー。
(ゆうこちゃん)いやー、ほんと千葉の野菜っておいしいですねー、ちいさん。
(ちいさん)そうだよ。千葉だから。おうおう、完食だよ!ほら!
(ゆうこちゃん)ちいさんは、千葉出身だから、やっぱ千葉の野菜が、体に合うっていうとこありますか?
(ちいさん)それはありますね!
(生稲さん)違いますか?
(ちいさん)八百屋さんで売ってる野菜、かなり千葉産多いですよー。
(生稲さん)たしかに、多い多い!

この間、ゆうこちゃんは、2度目の料理を取りに行ってます。

(生稲さん)おいおい!で、もう1回行ったの?
(ゆうこちゃん)足りるわけないじゃないですかー!

(ゆうこちゃん)「二皿目です。まだ、食べんのか?!って言われそうですけど。今度はたくさん取りすぎたかなー。どれから食べましょう!」

ゆうこちゃん、足りなかったことを、強くみんなにプッシュです。

(ゆうこちゃん)二皿食べたんですけどー、もうちょっと、食べようかなーって思って行ったらデザートがあって、今度はカキ氷作れるんですよー。
(ちいさん)わー!
(生稲さん)へーーー!

二皿目を平らげたゆうこちゃん、デザートコーナーへダッシュです。
ゆうこちゃん、かいた氷に、いちごのシロップをかけています。

(ゆうこちゃん)「おー、いいんじゃないの!いんじゃないの!」

みるみる、カキ氷がシロップで染まって行きました。

ここで、食事は終了!

<旬菜厨房 奈のは関連ページ>
VIVIMAGA.COM


ミナト電機工業//ボンパパ net店

(ゆうこちゃん)あーお腹いっぱいということで、お散歩再開です。

と、いうわけで、幕張の街へ再び出てきたゆうこちゃん。

(ゆうこちゃん)「面白いですね、この辺りはほんとに、あの、ちょっと、異国な感じですよね。おしゃれ。」

ゆうこちゃんがやってきた周辺というのは、近代的なヨーロッパの雰囲気のする街並みです。外国語の文字があれば、そっくりそのまま外国です。

(ゆうこちゃん)「へー。近未来都市っていう感じですね。だって、電線ないんですよ!へーー!うん??」

ゆうこちゃん何か見つけたようです。

(ゆうこちゃん)「バレンタイン通り!2月14日にできた。」
(スタッフ)「ヘヘヘ!違います。」

(生稲さん)バレンタイン監督?
(ちいさん)ちがう!
(ゆうこちゃん)正解!
(ちいさん)そうなの!ロッテか。
(生稲さん)正解?ごめんなさい、先に聞いちゃった。
(ゆうこちゃん)この千葉ロッテマリーンズを日本一に導いたバレンタイン監督の功績を称えて、ついた名前なんです。

<バレンタイン通り関連ページ>
ベイタウンマリーンズ・クラブ
ベイタウンマリーンズ・クラブ
ベイタウンマリーンズ・クラブ
ベイタウンマリーンズ・クラブ


CD&DVD NEOWING

バレンタイン通りの説明の間に、ゆうこちゃんは、またまた、何か見つけたようです。

「人気スイーツは野菜の味!? パティスリー タルブ」

(ゆうこちゃん)「何だあれ?なになにここ?あっ、お菓子屋さんだー!」

(ゆうこちゃん)で、このバレンタイン通りに素敵なスイーツのお店(パティスリー タルブ)を発見しました。(このお店の表紙が”スイートポテト甘藷物語200円”です。

(ゆうこちゃん)「ずいぶんたくさんの種類ありますねー。」

お店の中にあったケースの中には、スイーツがたくさんありました。

(ゆうこちゃん)「いい匂いですねー。」
(ご主人)「いえいえ!」
(ゆうこちゃん)「焼きたてですか?」
(ご主人:竹見茂雄さん)「ですね。お昼ぐらいにねー、朝と昼と夜と。3回やります。」

(ゆうこちゃん)そして、このお店一番のオススメは、地元の野菜を使ったスイーツなんです。この野菜っていうのがサツマイモなんですけどもー、いったいどんなスイーツなんでしょう?

(ゆこちゃん)「オススメってありますか?」
(ご主人)「オススメはですねー、”スイートポテト甘藷物語(なめらかスートポテト甘藷物語200円”っていうんですけども。
(ゆうこちゃん)「甘藷?」
(ご主人)「物語ですね。」
(ゆうこちゃん)「甘藷ってさつまいものことですね。」
(ご主人)「そうですね!」

(ゆうこちゃん)幕張というのは江戸時代の蘭学者、青木昆陽(1698~1769)が八代将軍吉宗の命を受けて、関東で初めてさつまいもを栽培した場所と言われているんです。それにちなんで、このスイートポテトが作られました。
(ちいさん)おいもちゃんに教えられることが多いわ!う~ん、ありがとう!
(ゆうこちゃん)この材料はもちろん、幕張産のサツマイモです。千葉県は奥深いですね。
(ちいさん)ねー、深いねー。

ゆうこちゃん、スイートポテト甘藷物語を一口入れてみました。

(ゆうこちゃん)「う~ん。なめらか!すごい、なめらかですねー。」
(ご主人)「ありがとうございます。」

(ちいさん)しっかし良く食べるなー!
(ゆうこちゃん)このなめらかさがただのなめらかさじゃないんですよ。ほんと!

(ご主人)「多分、今までのスイートポテトと、ちょっと違う。」
(ゆうこちゃん)「うん、ちょっと違う。お芋のもさっと感とか、なんか繊維質のところが。。。」
(ご主人)「そうですね。う~ん。」

もくもくと食べるゆうこちゃん。

(ゆうこちゃん)「おいひい。。。また、大きさもちょうどいいですね!」
(ご主人)「そうですね。もう一つぐらい食べたくなるぐらいでしょ?」
(ゆうこちゃん)「そう!もう一個食べようかなーってちょっと、思いますね。」

ゆうこちゃんなら、もう10個ぐらい、いけそうです。ゆうこちゃんが、ギャル曽根に見えてきました。

(ゆうこちゃん)もう一個食べるのはがまんしました。で、他にも定番の”大人のティラミス420円”、そして、この夏のオススメは、この”オレンジゼリー340円”なんだそうです。これは見た目にも涼しげなオレンジを、ぜりーでコーティングしています。で、その下に相性のいい、生クリームを置いてありますねー。
(生稲さん)へー。
(ちいさん)おいしそうですねー。
(ゆうこちゃん)そして、もう一つ。これは”抹茶のムース360円”なんです。栗と黒豆と生クリームの下に、なめらかで甘さ控え目な、抹茶のムースが入っているんです。
(ちいさん・生稲さん)わーあ!
(ゆうこちゃん)和風と洋食の真ん中って感じですよね!

ここで、ゆうこちゃんのデザートタイムは終了です。ちょっと、食べすぎですね。

<パティスリー タルブ関連ページ>
千葉 おいしいお店
バンタン ルソン・ド・シュルプリーズ//TOP


エンゼル//お菓子のたいよう

(ゆうこちゃん)で、本当にお腹一杯になったので、今度もうちょっと、歩いて、幕張の若い女性に人気の、お教室があると聞いて、行ってきましたー。ほんと、マンションの一室なんですよ。

ゆうこちゃん、マンションの一室のピンポンを鳴らしています。

(吉田美奈さん)「はーい!」
(ゆうこちゃん)「矢島と申します!。。。突撃となりの晩ごはんじゃないんですけどね。ちい散歩でお宅にお邪魔したの初めてなんじゃないかな?」

と、いうわけで、中へ。

(ゆうこちゃん)「あっ!めちゃくちゃきれー!」

ひょっとして、ゆうこちゃんの部屋は干物女のような家なんでしょうか?

(ゆうこちゃん)この吉田さんの自宅で行われている教室(アトリエ彩)が、何の教室かというと。

(ゆうこちゃん)「ちょうど、レッスンをされているとこだそうです。」

吉田さんの他に、2人の女性が机の上で、花を飾りつけています。

「枯れない花でアレンジメント! アトリエ彩」

(ゆうこちゃん)みなさんが習っていたのは、プリザーブドフラワー。なんですけど。知ってますか?これ。
(ちいさん)なんだ?
(生稲さん)なに~!
(ゆうこちゃん)プリザーブドフラワーです。
(ちいさん)きれーだねー。
(ゆうこちゃん)これは、生のお花。生花に特殊な加工をしてですねー、枯れることなく、その美しさを保ち続ける。
(ちいさん)生花なの、もとは!
(ゆうこちゃん)はい!そうなんです。
(生稲さん)最近、流行ってませんか?
(ゆうこちゃん)流行ってるんです。で、これドライフラワーとか、造花とは違って、花びらに潤いがあるんですね。で、生きたお花と比べてもほんと、遜色ない美しさを保っているんです。枯れないお花。
(生稲さん)友達やってる。ほんと、とっておくことができますからね。これだったらね。

<プリザーブドフラワー>
生花の樹液を抜き保存液につけて作る花。美しさを長期間保つことができる。

そういうわけで、ゆうこちゃんもプリザードフラワーアレンジメントに挑戦です。

(吉田さん)「これ、私が作った見本になるんですがー。刺して行っていただけますでしょうか?」

吉田さんの作品は、片手に持てるくらいのサイコロ状のケースに、ブルーと白いバラの隣に巻貝の貝殻があしらわれ、リボンが付けられたものです。

(ちいさん)この間、僕、楽屋見舞いでもらったのこれだったのか!
(ゆうこちゃん)枯れないお花もらいましたか?
(ちいさん)うん。小さいもんだったけど、素敵だったのよ。

ちいさん、ここでは、何故かお婦言葉になってます。

(ゆうこちゃん)今、女性の間ですごく人気なんですよ。プレゼントしてみてはどーですか?
(ちいさん)う~ん。いないな!
(ゆうこちゃん)で、先生のご指導のもと、作ってみました。

いつしか生徒さんは、ゆうこちゃんを含めて4人になってます。

(ゆうこちゃん)「いいですかねー、先生、これでねー。」
(吉田さん)「は!すごいいいですね。素敵にできたと思います。どうですか(みなさん)!すごいですよね、初めてですか?」
(ゆうこちゃん)「初めてです。」
(吉田さん)「ほんとですかぁ?」
(ゆうこちゃん)「ほんとです。」
(吉田さん)「えーー!」
(ゆうこちゃん)「先生、テレビ用にゆったんじゃないですか?」
(吉田さん)「えーー、違います。違います。そんなことあり・・・。ほんとに、はい!」
(ゆうこちゃん)「スタジオでお見せしますけど。タイトルだけお知らせします。”海が私を呼んでいる”どーでしょう!」

「このたくさん食べたランチとスイーツ。この他に、きれいなお花に、ほんとに大満足の千葉幕張でしたー。」

<今日のお土産>
矢島悠子作、「海が私を呼んでいる」、プリザードフラワーアレンジメント。

テレビなコラム的には、”食欲があたしを呼んでいる”っていうのを作って欲しかったと思います。

<アトリエ彩関連ページ>
アトリエ彩
↑ゆうこちゃんの作品はこのページの一番上の写真に似ているものです。


フラワーギフト専門店 MFF//花工房「花あそび」//HEVA AOYAMA

テレビなコラムでネットで調べましたところ、実は幕張には大きな問題があるようです。それは、人がいないということのようです。たしかに、今日のちい散歩でも人通りは少ないと思います。とってもきれいな街なのに残念です。良いお店もあります。観光でも良いですから、お暇な人は一度行ってみては。
<関連ページ>
房総の自然と環境//TOP

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/521-55acdb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。