テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

国分寺駅の看板がどーんと出ました。

「えー、今日のちい散歩、”くにわけでら”、いやいやいや違う!国分寺ですよねー。どんな街でしょうか?わたしも来たことないですからねー。」

今日は中央線の国分寺駅からスタート。初めて歩く場所らしいですが、散歩の鼻を嗅ぎ分けていいところ探して下さいね。

<国分寺駅関連ページ>
タチカワオンライン//TOP
↑今回のちい散歩で、最初にちいさんが、話していた場所は、下から2番目の写真辺り。

ちいさん、商店街の十字路へやってきました。


おー、甘い香りがしてきますよ。」

看板には、”果物屋さんが 丹精込めて ケーキを 造りました”(多根果実店)と書いてあります。

「果物屋が作ったケーキ 多根果実店」

「こちら果物屋さんで果物も、ほら!置いてありますよ。」

お店には、スイカ・バナナ・メロン・オレンジの他に?


豊潤フルーツファーム//鳥羽伊三//食卓の花//のま果樹園

「で、ケーキ屋さんだ。ケーキもありますよ!」

お店にはケーキ屋さんによくあるショーケースの中に、ショートケーキがいっぱい詰まってました。

(ちいさん)こちらは、何屋さんなんですか?
(奥さん)あたくしは果物屋でございます。
(ちいさん)果物屋さん。
(奥さん)はい。息子がケーキ屋でございます。

ここでご主人(延命利明さん)が登場です。

(ちいさん)あ、じゃ!息子さんたちがケーキをおやりになって、ご主人はもともとは果物屋さん。どうして、果物屋さんがケーキ屋をやろうと。
(ご主人)息子が(ケーキ作りの)修行してきてここでやりたいっていうことで。
(ちいさん)。。。でも、果物とケーキってマッチすることもあるでしょ?
(ご主人)ありますよ。

(ちいさん)何がおいしいですか?こちらでは。オススメは。ケーキは!
(ご主人)そうですねー。これ、チーズお好きですか?
(ちいさん)大好きです。
(ご主人)ああ、良かったですね。これね、嫌いな方にオススメしてるんです。好きな方にももっとオススメしてる。

ここで、息子さん(延命真一郎さん)の登場です。

(息子さん)あ、こんちはーす。ちいさんぽ!
(ちいさん)はい!ちいさんです。
(息子さん)なにしてんの?
(ちいさん)何してんのって・・・。ま、今、おいしそうなケーキがあったからね。。。ご主人のお父さんのオススメでチーズケーキがいいんじゃないか?ということでね。(国分寺チーズケーキ500円)

ちいさん、お店の前でチーズケーキを食べるようです。

(ちいさん)これは心を込めて作ってくれたチーズケーキ。
(息子さん)はい。こんなところですみませんね。
(ちいさん)いやー、こういうとこだからいいんですよ。

ちいさん、ケーキを食べやすいサイズにフォークで切り分けて口に運びます。

(ちいさん)う~ん。
(息子さん)もうね。目をつぶって食べていただきたいんですよ。そうするとねー、フランスのこの牧草の草の味がすると思うんですよ。牛が食べてる。
(ちいさん)ほんとうに、こくがある。はい!

ちいさん。いつもより感想が少なめですが、もくもくと食べています。

(ちいさん)どうして果物屋さんだけど、ここでケーキを置こうと思われたんですか?
(息子さん)いやー、もう、昔からですよ。もう、ずっと、果物屋でオギャーで生まれて、果物屋って仕入れたら物販じゃないですか?やっぱ自分で加工してそれでもっと喜んでもらえるように、作るって、やっぱりケーキ・・・。

この間、お店の中では、ちいさんが食べているケーキの銀紙の音が響き渡っています。

(息子さん)ケーキや果物いっぱい使うんで。
(ちいさん)そうですよねー。今話したらねー。
(息子さん)いやーあれですよ。今日は地井さんだから特別ですよ。ここで食べるのは!
(ちいさん)そうですよねー。
(息子さん)地井さんだから。(注:このお店はテイクアウトのみです。)
(ちいさん)この番組ね。どこ行っても立っててこうやって食べるんですよー。でも、時々怒られるんですよね。それでも、お豆腐でも何でも店先で食べるのが一番うまいですよ。
(息子さん)そりゃそうです。


(⌒¬⌒*)う~ん、おいしいわー!

チーズケーキと並んで人気があるのは、旬のフルーツタルト(480円)、散歩のお土産のオススメです。

<多根果実店関連ページ>
ぶらり途中下車の旅
駅前ブログ//TOP
食・グルメ


フラワーギフト専門店 MFF//ミユキ食品


「緑と文化の街 国分寺散歩」

いつものように店先でご馳走になって足取りも快調!で、お口の方も。

(ちいさん)おー、高校生諸君。君たちのような若者がこれからの日本を背負うんだ!!
(高校生)・・・

ちいさん承りました。
そういうわけで、高校生を激励しながら、散歩は続くのでした。と?

「これは何ですか?」

「子育ての味方 BOUKENたまご」

「あーーー。ボウケンたまごって何ですか?」

ガラスの扉の向こうからお母さんを後ろにして、ちっちゃな子が手を振っています。

「こんにちは。」

ちいさん笑ってます。

(ちいさん)鍵がかってるんですねー。
(従業員の女性)違うんです、こんにちわー。どうぞー。
(ちいさん)子供さんが出てきちゃうと危ないから?
(従業員の女性)そうなんです。

ここでちいさん、さっき手を振ってくれた坊やを抱きかかえようとすると?


。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

(ちいさん)うぇーん。泣いちゃったぁ!

あらー、ちいさん泣かれちゃいましたねー。

(ちいさん)そりゃそうだよねー。泣いちゃうよねー。

(ちいさん)変なおじさんたちがいっぱいいるもんねー。あのおじさん(頭に手ぬぐいをかぶったスタッフ)なんかねーあんなんつけてんだもんねー。おかしくなっちゃうよねー。

ちいさん、責任をスタッフになすりつけまくってます。

(ちいさん)おじちゃんだったら平気だよねー。

と?笑い出しました。やっぱりスタッフが怖かったのでしょうか?

こちらBOUKENたまごは、子育て中の若いお母さんが、ホッと一息つける場所。保育士・カウンセラー・助産師・プレイリーダーなどと、親子で遊びながら子育てに関して相談ができるそうです。

(ちいさん)ここへ来ることによって子供さんは、ここに来られないときと違うこととかある?
(おかあさん)そうですねー。なんか、やっぱりあたし自身が、気分転換になる。
(ちいさん)それが一番大事だよなー。
(おかあさん)そうですねー。
(ちいさん)あなたがしっかりしないと子供さんもね!何で俺が説教してんだ?。。。説教するのが好きなんですよ。年とってくるとね、説教魔になるんですよ。だけどもあれでしょうねー。そういうのもあるだろうね。おかあさんがノーマルできちっといられれば、うちん中もいいけど、なんかそれが崩れたり、体調壊したりしたら、子供さんにも影響するだろうし。
(おかあさん)そうですね。
(ちいさん)こういうとこ来ていろいろストレスぶつけたりした方がいいね。
(おかあさん)いろんな人も赤ちゃんとかもいられるから、それも勉強になるし。

先ほど泣いてしまった赤ちゃん。ちいさんはスタッフのせいだと言っていましたが、

(ちいさん)いい?

ちいさん、再び、だっこにチャレンジです。


。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

う~ん、やっぱりちいさんが怖かったんでは?と思った瞬間。あ!泣き止んだ!きっと、子供好きが伝わったんですね。初めて訪れるおかあさんには、初回サービス300円でおもてなし。一人で悩まず、ぜひお気軽にとのことです。

BOUKENたまご
初回サービス:一回300円(飲み物付き)12:30~16:30
定休日:土日祝祭日(不定休日あり)


だっこひも屋

おかあさんと赤ちゃんの憩いの場所で楽しく過ごしたちいさん。続いて駅の南口に向かったようです。

<国分寺駅南口関連ページ>
ウィキペディア//元ページ

「駅から90mの大自然 殿ヶ谷戸庭園」

「今度は国分寺の駅の南口に出ましたんで、今度はこっからちょっと歩いてみます。あるいいところがあるんですよ。はい!」

ええ?いいところって何ですか?

「はい!ほらほらほら。どういうところか行ってみようと思うんですがね?」

ちいさん、”都立殿ヶ谷戸庭園”と書かれた標識を指差しています。

「これですねー。こんな駅から、駅のまん前じゃないですかー!」

駅からすぐのこちらの公園(国分寺駅から90メートル)。入り口になにやら気になるものが。

「一般150円!団体120円!65才以上70円!」

なるほど、65才のじいさんのちいさん。年寄り扱いされたくないということですか?

(ちいさん)150円でいいですよね。
(受付の女性)一般は。
(スタッフ)65才以上なんですけど。
(ちいさん)え?いやいや。150円でいいです。都のもんだからね、みんなでね、大事に使ってもらおうよ。

あくまで、一般で通したちいさんでした。ほんとにお若いです。

「えーわー、りっぱですねー。あー芝生がきれいだー。」

園内は芝生はあるのですが、公園というより、森です。緑がいっぱいで溢れそうです。

「ほーー。竹の小道!」

ちいさんの目の前には、竹林が拡がります。

「今年の新しい竹ですね。ほら、こんなの!」

根本には、竹の子の時の茶色い毛布のようなものにくるまれている竹がちょこちょことありました。

「うわー広いし深い森ですねー。なんかすごいですねー。」

次ぎにちいさんが、やってきたのは、森の中にある散策道です。かなり緑が深く、木々の緑がうっそうとした感じです。

こちら殿ヶ谷戸庭園は、旧三菱財閥、岩崎家三代目当主の岩崎彦彌太が、もともと別荘地だった土地を買い取り、和洋折衷の回遊式林泉庭園を造りあげました。昭和49年に東京都が買収、現在は東京都が管理し、都指定の文化財にもなっています。

次ぎにちいさんがやってきたのは池でした。中では赤や黄色の鯉がたくさん泳いでいました。

☆ AQUAZONE 水中庭園 HYBRID 9 錦鯉 FG045H111// Outlet Plaza


「昔の財閥ってのはすごいね。これを庭園っていうか自分の庭にしちゃうんだもんねー。ちょっと、考えられないよねー。おい!そこを池にしなさい。そこを森があったところに、紅葉をもう20本ほど植えなさい。はい、鯉よ大丈夫か?とか言ってね。行くよ!」

そして、武蔵の緑を生かした庭園をさらに奥に。

「はー、鹿おどし。鹿おどしねー。」

「これほんとにさー、うまくできてるよねー。ここにこう水が、みなさんもちろんご存知だろうけど、こう水がこう溜まるとねー、重さの関係でこれがこう下へ行って、ひっくり返った時に、そこで竹筒の中の音が石にあたって、”コン!”と音するわけだ。行くよ!」


カタンポコンポコン

「ねぇ~!。。。もう一回聞いておこうね!よーく耳を澄まして、みんな聞くんだよ!いいか?はい、本番回すよ!」


カタンポコンポコン

「これですよー。いい音です。」

と、いうことで番組をご覧の皆さんにももう一度。


カタンポコンポコン

鹿おどしの音にすっかりリラックスしたちいさん。しばし一服です。それにしてもわずか90メートルのところに、こんなに風情豊かな庭園があったとは。癒されますねー。

開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)

<都立殿ヶ谷戸庭園関連ページ>
毎日がレビュー
関東近県お花見情報
雨天決行


GARDEN NET SHOP 青山ガーデン

庭園をゆっくりと楽しんだちいさん。さーいよいよ、国分寺にあるお寺。国分寺に向けてお散歩ですね。

「緑と文化の街 国分寺散歩」

ちいさん、案内標識のところにやってきました。

「武蔵国分寺跡。お鷹の道。いろいろあるみたいですね。行ってみましょう!」

案内には、右から、真姿の池・お鷹の道・万葉植物園・文化財保存館・武蔵国分寺跡・七重塔跡と書かれていました。

(スタッフ)いろいろあるんですねー。国分寺は。
(ちいさん)ねー、この奥の方に。歴史のあるとこなんでしょうね。

ちいさんの右手の方には、広場と奥に森が迫ってきています。

「いいねー、木が大きくて。すごい森だねー。これ東京だよ。東京都。」

森の中へ入ってしばらくすると、下の方へ続く階段が見えてきました。

「すごく、急な階段ですよ。カメラマンさん気を付けて下さい。」

遥か下まで続いています。

(カメラマン)うおわっ!

うっそうした木々。どんなところにつながっているのでしょうか?

「ほーおっ!わ、湧き水。きれーな水だよ。」

階段がちょうど終わった辺り、左手の方に水が流れています。

「ってことは、これどっかに流れている様子はないけども、この辺から沸いているってことかねー。ま、これだけ高低差があるからなー、この上の水が浸透してきたって、このくらいのあれにはなるんだろうけど、すごいなー。」

湧き水は小川になって、先まで続いています。

「え?!これが、地場産野菜!あー、ここに売店になってますよ。」

地場産野菜と書かれたのぼりの奥には、なにやら、お店(本多俊一・季節の野菜)があるようです。ちいさん、そちらの方へ寄り道するようです。

「やーなんかいいなー!」

お店には、カブ・大根・菜っ葉、そして奥の方には花も販売されているようです。

(ちいさん)これは地元の野菜ですか?
(奥さん)はいそうです。
(ちいさん)はー、なんかいいですね。いいかんじの。あのこのごろ、どっかの国から来る野菜ってすごいきれーで、大きくて、姿良すぎるだろー。あれ、怖くない?この大根なんか、僕は大根ってあまり種類分からないけど、すごい素朴じゃない?ほら。

ちいさん、お店の大根を手にとってみました。多少、形は良くありませんが自然に育っている姿が印象的でした。

(スタッフ)昔の大根・・・。
(ちいさん)昔の大根って感じで、ほら!でこぼこしてて、曲がってて。

今度はカブを手に取るちいさん。

(ちいさん)カブだってほら!ほら!すごく自然な感じしない?
(スタッフ)ちいさん、やっぱり、こういう自然の野菜みたいの。
(ちいさん)いや、僕の子供の頃のみたいの野菜とこの頃、スーパーに並んでる野菜があまりにも、違うからー。どっちがいいとか悪いかじゃなくてー、分からんけどー、僕、何年か前に中国行って、奥の方。中国の奥の方行ったらー、こんな(大きな)白菜があんだよ。一つの白菜が日本の白菜がこのくらいだったら、3倍ぐらいの白菜があって、どこも最後まで葉っぱが痛んでないんだよ。こわいな!でもおいしかったけどな。いろいろ食べちゃったけどさ。


e-NET・地球人//やさしい生活

<BGMほのか♪>

国分寺楼門---現国分寺と呼ばれる景勝院国分寺の境内にある楼門。明治28年に東久留米市から移築されました。
「はーー、これはまたりっぱですねー。」
<国分寺楼門関連ページ>
ハケ〈国分寺崖線〉と野川//TOP

国分寺---鎌倉時代に1度焼失。江戸時代にこの地に再興。境内は万葉植物園になっています。(番組では、なでしこが紹介されていました。)
<国分寺関連ページ>
ハケ〈国分寺崖線〉と野川
<万葉植物園関連ページ>
てるちゃん//TOP


楽天ブックス

お鷹の道---江戸時代、尾張徳川家のお鷹場に指定された一帯の国分寺崖線に流れ出た湧水の小川に沿った小道です。
「これ、東京都ですよ!いやーすごいよね。この森。ちょっと、今長野県の方に行ったって、なかなかこういう景色は見られないよねー。すごいねー。」
辺りは木々のざわめきでいっぱいです。
「あーきれーな水が流れて、あ、こんなに魚がいるよ。ほら!」
小さな川には、はやのような魚がたくさん群れを作っていました。
「うわー、こういうとこで野菜洗ったりできるんだもんなー。」
そこには、お鷹の道、真姿の池、湧水群と書かれた看板がありました。
<お鷹の道関連ページ>
キューピーの散歩同好会//TOP

真姿の池---国分寺崖水の下の湧水地域。環境庁の名水百選に選ばれています。

「この水がいいよなー。ほら!」

ちいさん、流れている湧き水で、顔を洗って気合を入れます。

「よし!」

<真姿の池関連ページ>
タチカワオンライン

<BGMほのか♪↑>

「国分寺の骨董品通り アンティークアヴェニュー」

奈良時代から続くお寺を眺め、湧き水沿いの小道を歩いたちいさん。再び駅の方へ向かったようですね。あら?ちいさんそちらの通りやっぱり気になりますか?

「骨董屋さん!これも面白いねー。」

ちいさんが見ているのは、女性が座った形をしたマネキンのような像です。

こちらは、アンティークアベニューと呼ばれる骨董品屋さんや古着屋さんが並んでいる通り。ちいさんその中の一軒、お邪魔してみましょうよ(GARAKUTAYA)。

(ちいさん)きれーな照明器具がいっぱいあります。お邪魔しまーす。

お店の中には、照明器具の他、アンティークの傘・置物などオリジナルのアンティーク作品がたくさんあります。

(ちいさん)こちらは、アンティークのものが。
(店主さん:泉谷美栄子さん)はい。ちょっと、今、手作りのものも一緒に入れてる。
(ちいさん)あ!手作りの、これ傘というかこうもりというか。
(泉谷さん)はい。日傘なんです。
(ちいさん)日傘ですか。素敵ですねー。
(泉谷さん)古いお着物をこういう風な日傘にしてですね。それで。
(ちいさん)日ものですか?はー。

泉谷さんが傘を開きました。

(泉谷さん)で、ですね。こういうところ(柄)に漆を塗って、それでこういう風に鮫皮を巻いて、で、色を出して。これは16本傘、の骨の傘なんですけど。
(ちいさん)はー、素敵だねー。これ着物の生地ですか?

持ち手に鮫の皮。柄の部分は漆仕上げ(日傘25,000円~35,000円)。傘には着物の生地。古いものを贅沢に使い、新たに生まれた味わいある一品。こちらのお店はその他の品々もアイディアを凝らしたオリジナルなものばかりだそうです。(いろんな日傘

さらに奥に進むと、

(ちいさん)ほら、カミキリ虫かこれ?おもしれーなー。

カミキリ虫の細工がそこにありました。カミキリ虫がまるで生きているかのような細工です。

(ちいさん)これもおかしいよ。これ蜂だ蜂。細かいなーこのお腹んとこよ。あんた。ほら!うわー、すげー、これさー、かなり力作だな。作ってるんだこれ!たまらんなこんあもの。

蜂が巣作りしているのでしょうか?刺されたらいたそうなスズメ蜂?の細工がありました。その他、金色のいなごや金色のかまきり、蛾やくもの巣などもありました。(関連ページ


ちいさんを興奮させた昆虫の置物これら全てを作った方が、奥にいらっしゃるようですよ。

(ちいさん)今なんか作ってらっしゃいますか?
(山本一彦さん)今はアメンボです。
(ちいさん)アハハ、アメンボを作ってらっしゃるんですか?

(ちいさん)これ触っていいですか?

ちいさん作品を手にとって見させていただくことに。

(ちいさん)これ、へへへ!

ちいさんの手には金色に輝くアメンボがいました。

(ちいさん)これ、材料は針金のような。
(山本さん)と、真鍮ですねー。
(ちいさん)すげーなー。これもー。

たしかにすごいです。

(ちいさん)これ、あっまり触っちゃっちゃー、折れちゃったら。
(山本さん)いやー裏っかわにしても
(ちいさん)してもいいですか?

ちいさんが裏側にすると、シマシマの胴体がリアルに再現されています。

(ちいさん)これ、裏っかわ見せないとだめだよなー。そう思わない?表よりこれ裏っかわ見せたいよなー。すごいなー、これ。細かいことをする人ってさー、俺、尊敬すんだよなー。これもそうだけどさー。よくこんなことできるなー。

裏側まで丁寧に作られたアメンボ(7500円)。眺めていると、涼しくなりますねー。

こちらのアンティークアベニューは、国分寺初のマンションといわれる、「国分寺マンション」の地下に、泉谷さんが、骨董品屋を開いたのがそもそものきっかけ。その後、それぞれ素敵な個性をもった古美術のお店や古着屋さんが自然に並ぶようになったそうです。

(ちいさん)例えば京都なんかは今、みんな若い人が古いものを売ろうとかっていうところから始まって、そういう店ばっかりが集まっているところがいくつかあって、例えば藍染ばっかりのところが4、5軒ならんでるとか、そういうのがずいぶんあって盛んになってる。んで、そこにどんどん若い人が集まるようになってるから、そういうのおいしいよね。こうー、一角集まれば、こういうのはいくつかあると思う。みんな安心してきていろんあもの探しに来たりするじゃないですか?そういうのおいしいよね。ポツポツとあるよね!僕なんかこういうの好きだからなー。いちんちいるの大好き。
(泉谷さん)いらして下さい!

<GARAKUTAYA関連ページ>
アンティークガラクタヤin国分寺


きものストア美山

その他、古美術 福重、アヌーシュカ、古美術 猫などのお店も紹介されていました。

古美術 猫---紀元前から昭和まであらゆるジャンルの骨董品が500円から揃っているお店。
<古美術 猫関連ページ>
『着物のいろは』行商日記

アヌーシュカ---1960年~70年代前半の英国レディースものが揃う 今年で20年目を迎えるお店。
<アヌーシュカ-関連ページ>
オレサマの日常
↑上から2つ目の写真がアヌーシュカだと思います。

古美術 福重---江戸時代の古伊万里、そばちょこ、白磁器が充実している陶器のお店。


アイトー楽天市場店

さて今日はこちらのアンティークアベニューを散歩の終点に決めたちいさん。同じ通りにある骨董品を見ながらお茶を飲める、アンティーク&カフェ カフェ・デ・ロジェで一日の思い出を絵手紙に。(こちらのオススメは、”手作りケーキセット750円”>

今日の散歩は、3時間45分、6954歩、239kcalのお散歩でした。

ところで、今日ゆうこちゃんが、ちい散歩の前の番組でニュースをよみあげていました。今日のゆうこちゃんは、どことなく、松本あきこさんに似ていると思いました。風格の出てきたゆうこちゃん。番組でも存在感が大きくなっているようです。

<カフェ カフェ・デ・ロジェ関連ページ>
国分寺タウン//TOP

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/501-849cabd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。