テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

2017/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2017/03

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

2007年後半目次

(ゆうこちゃん)今週もこんなに素敵な地図を描いて送って下さいました。

送って下さったのは、大田区在住の志牟田さん。とっても分かりやすくきれいに描かれていました。

(ちいさん)びっくりしますよねー。この地図の丁寧さには。
(生稲さん)すばらしいですね。

(ゆうこちゃん)今日は田園調布をおさんぽするんですけども。はい。楽しみです。

「美と健康の散歩道 高級住宅街 田園調布」

「田園調布にやってきました。こちらの駅舎はちょっとおしゃれですけど。昔はこの上(駅舎の上)でダンスホールが開かれていたそうです。」

(生稲さん)えーーー!
(ちいさん)。。。知らなかった。

「今じゃ想像つかないですけどね。驚きでした。」

<田園調布駅関連ページ>
ウィキペディア//元ページ

(番組では、田園調布の航空写真が映し出されていました。)田園調布は駅を中心に放射状に伸びる町。大正時代に日本で初めて計画的に開発された分譲庭園都市です。

(ちいさん)これは素敵だよね。
(ゆうこちゃん)ねー、放射状に伸びてるんですよねー。
(生稲さん)フランスみたい。
(ゆうこちゃん)上から見るとほんとに良く分かりますねー。

<田園調布航空写真関連ページ>
GEOAP//TOP


【超パソコン専門店】グッドウィル

今度は田園調布の銀杏が映し出されました。

(ちいさん)銀杏のね、大きな街路樹があるでしょ。
(ゆうこちゃん)ちいさんも以前、散歩されてましたよねー。
(ちいさん)ええ。散歩もしましたしね。わたしは昔、このそばにですよ。ここじゃないですよ。住んでたもんですからね。割りと詳しいんですよ。
(ゆうこちゃん)今日はこの田園調布の商店街をお散歩します。高級住宅街と言ったイメージのある田園調布の商店街ですけども、どんな風になってるんでしょうか?

<田園調布の銀杏関連ページ>
Let's Enjoy Tokyo//TOP

「あ!風鈴が出てきた。」

ゆうこちゃん、お花屋さんの店先に置いてある風鈴をいじってます。


リン。

(ちいさん)買わないのに触らないでくれる?

「夏はこの音聞くと気持ちが涼やかになりますね。」

(ゆうこちゃん)鳴らした後、ちょっと、申し訳なくてすぐ退散しました。


梅ちゃんshop

「意外と庶民的な商店街ですよね。街の電気屋さんって感じもあるし。ここなんだ。佃煮。へー。ちょっと、行ってみましょうか?」

「田園調布マダム流 佃煮の意外な食べ方」

こちらはですね。江戸時代に創業。もともとは羊羹を作っていたというお店(有明家佃煮店)です。

(生稲さん)江戸時代から。
(ゆうこちゃん)はい。ほんと、老舗なんですねー。

うぐいす豆525円(200g)・うなぎ佃煮1890円(100g)が紹介されていました。


喜太八しぐれ//浜名湖山吹

で、手作りの佃煮は塩味を抑え目にしていて、さっぱりした甘口にしているのが特徴です。ちょっとね、あさりの佃煮のおいしい食べ方を伺いました。(あさり煮420円(100g)が紹介されていました。)

(ゆうこちゃん)あさりの佃煮を炊き込んだものなんですけどもー。深川飯風の炊き込みご飯。

<あさり佃煮の炊き込みごはん>
お米ともち米3合に対し佃煮200g。お酒大さじ3杯。お醤油大さじ2杯。


さん志ようや本家

(ちいさん)佃煮を使ってやってこうやるわけね。
(ゆうこちゃん)そうですねー。
(ちいさん)ずいぶん、面白い色ですねー。

茶色いご飯からは湯気がほくほく立っていました。
さてお店の映像に戻ります。

(ゆうこちゃん)「やっぱりこういう佃煮ってねー。見るとご飯食べたくなりますねー。」

ウィンドーの佃煮をじっと見つめるゆうこちゃん。

(植本伸子さん)「田園調布の人はパンでね。食べることがこのごろ多いんですよ。朝食でね、ヘルシーじゃないですか!」

佃煮を試食しながら、お話を聞くゆうこちゃん。
場面はクロワッサン?を切るシーンに変わります。

(生稲さん)え?!クロワッサンに。

パンを切った後、バターを塗ります。

(ゆうこちゃん)ちょっと、驚きだったんですけれどもー、実際にいただいてみることにしました。ちいさん、パンで食べたことありますか?
(ちいさん)ないですねー。僕はいろんなことは平気で食べる方ですけど。

バターを塗った後、わかさぎの甘露煮680円(100g)をはさみます。

(ゆうこちゃん)外国の方も手軽にカルシウムがとれるとして佃煮を良く食べるそうです。
(ちいさん)へー。

わかさぎの甘露煮サンドにぱくつくゆうこちゃんです。

(ちいさん)クロワッサンとわかさぎ・・・。

(ゆうこちゃん)「思ったより合う。」
(植本さん)「でしょ。」
(ゆこちゃん)「このパンの香ばしさっていうか、パンのね、その生地の香ばしさと、バターの塩加減と、甘露煮合う!」
(植本さん)「合いますねー。」

(@◇@)/甘露煮合う!

味見をしたゆうこちゃん、大きなくりくり眼(まなこ)になってます。

(ゆうこちゃん)正直なところ驚きでした。
(ちいさん)ふーん!


World selection//いちきゅう//東南物産株式会社


「美と健康の散歩道 高級住宅街 田園調布」

沿道には、どこかのお宅の木が塀代わりに植わっていて、その間に白い花が見え隠れしていました。

「あ、これね、わたしが会社行く時の道にもあるんですけど。」

ゆうこちゃん、花の香りを確かめるために鼻を近づけてみます。

「朝ね、鼻の頭突っ込んでたら笑われたんですけど。いい匂いなんですよ。」

ゆうこちゃんの感性っていいです。

「このお店何でしょうね。漢方・薬膳。へーーー、薬膳気になるなー。」

「美しくなれる?お肌つやつや薬膳料理」

こちらは台湾出身のオーナーが今年7月に開いたお店(マザーロータス薬膳ステーション)です。医食同源の考えを元に、手軽に味わえる薬膳料理などが味わえます。

画面は、菊花漢方花茶(840円、効用:記憶力増進・頭痛・目まいなど)が。グラスから上がる湯気とともに、ヘルシー感を際立たせています。

(生稲さん)すごくおしゃれですねー。
(ゆうこちゃん)そうなんですよー。最近、薬膳ってけっこうブームでね、女性なんか、良く雑誌で見かける方も多いかと思うんですけどもー。
(生稲さん)多いですねー。

2つ目は、バラ漢方花茶(840円、効用:シミ・ソバカス・シワなど)です。水面に浮いたバラのつぼみがきれーです。

(ちいさん)きれーなお茶ですね。これも。
(ゆうこちゃん)そうですねー。ま、きれーなだけじゃなくて、こんな風に効用がいろいろあるんですね。
(生稲さん)バラもね、今すごく注目されてますよねー。

3つめは、夜百号漢方花茶(840円、効用:ストレス・更年期障害・喘息など)です。

(ゆうこちゃん)その自分の症状というか、お悩みに合わせてお茶だったりとか、スープだったりとかをいただけるんですけれどもー。わたしも体のだるさとかむくみとかそういったものを、オーナーにご相談して、これを選んできました。

そのゆうこちゃんに選らばれたのが4つ目のウコン漢方花茶(840円、効用:冷え・むくみ・月経痛など)です。

(ゆうこちゃん)「うん。思ったより苦くない。ほんとに苦くない。」

(生稲さん)飲みにくくないの?

(ゆうこちゃん)「ウコンってけっこう苦いのかなーって、いうイメージありますけど、香りはかなり香り高いんですけど、苦くないですねー。」

5つ目は、婦宝漢方スープセット(2625円、効用:便秘・虚弱体質・冷え性・月経不順など)です。

(店主さん:あんどうよしみさん)「これは婦宝スープって婦人の宝。女性が飲むスープなんですね。」

(ゆうこちゃん)薬膳ってなんとなくね、敷居が高いとか、そういうイメージありませんねー。ほんとにね、手軽に楽しめます。
ゆうこちゃんも薬膳スープを神妙な面持ちで口へ運んでいます。

(ゆうこちゃん)「すごい!口の中でふわーって香りますねー。」
(店主さん)「おいしいですか?」
(ゆうこちゃん)おいしい。

画面は当帰の映像に変りました。当帰とは、女性にとって、聖薬といわれるセリ科の漢方です。

(ゆうこちゃん)男性が飲む(婦宝漢方スープ)と何故か苦く感じるそうですよ。
(生稲さん)えーーー、不思議。
(ゆうこちゃん)面白いですよねー。わたしは、冷え性なので、これを飲んだ後もほんとに効果が良く分かりました。
(ちいさん)あーそうですか。これから飲みなさいよ!
(ゆうこちゃん)そーですねー。
(生稲さん)体質改善しないと。
(ゆうこちゃん)ほんとにね、女性にはオススメですよ。
(ちいさん)まだまだ、結婚して、赤ちゃん生まなきゃいけないのに、冷え性いけませんよ。
(ゆうこちゃん)はーい!

ちいさん、ゆうこちゃんのおとうさんのようになってます。

(ゆうこちゃん)「あんどうさんは、どうしてこう、薬膳のお店を開こうと考えたんですか?」
(店主さん)「あ、えっとねー、わたしは実は子供産んだ直後に、失明したんですよ。ある日突然。」
(ゆうこちゃん)「失明?!」
(店主さん)「うん!黄斑変性症というね、難病らしいんですけれどもー。」

あんどうさんは、27歳の時、出産のストレスから難病を患いましたが、病院治療・薬膳料理によって難病を克服されました。その闘病体験で培った知識をより広めたいということで、このお店を開いたそうです。

(店主さん)「スープも一つこう飲んで、体を洗うみたいなイメージだったんですけれども、もう一つっていうのはね、気功があったんですよ。」
(ゆうこちゃん)「気功?」
(店主さん)「うん。気功で呼吸を整えるっていう。そういうのを取り入れました。」

ここで気軽にできる気功ポーズを教えていただくことになりました。

「心も体も強くなす!?自宅でお手軽気功ポーズ」

(店主さん)「で、息をふーっと。」

ゆうこちゃんがやってるのは、調息と言われるポーズです。調息というのは外気を体の中に取り入れるための気功で、気分がすぐれない時の応急処置になるそうです。

(ゆうこちゃん)先生の見よう見真似でやってたんですけども、効果があるような気がしました。

<気功のポイント①>
体を締め付けるようなものは全て外し、ゆったりとした服装で行う。

(ゆうこちゃん)実はこれ、まっすぐ立つって、まっすぐ立つということだけで、もう、なんかこう気が変わるんですよねー。深呼吸したりねー。

<気功のポイント②>
気分が優れないときは椅子に座って行うとよい。

(生稲さん)ほんと、簡単にできることですよねー。
(ゆうこちゃん)はーい。場所もとらないし、お金もかからないんですけど、ほんとに体の中が、なんかこう変わったような。
(ちいさん)浄化してゆくような。
(ゆうこちゃん)浄化っていうんですかねー。そんな体験でした。

<マザーロータス薬膳ステーション関連ページ>
ぶらり途中下車の旅


コロムビアファミリークラブ


「美と健康の散歩道 高級住宅街 田園調布」

ゆうこちゃん。住宅地の路地にやってきました。

「なんか、あら!なんかここは絵本にでてきそうなとこだわー。なにここ。お店みたい。お店ですよ。ここ。」

ゆうこちゃんお店の入り口にある階段を上って行きます。周囲は鉢植えの花がいっぱいあります。

「あ、なんかちょっとひやっとする。森の中みたいな匂い。」

お店の中へはいると、ハイビスカスやカサブランカの花が見事です。

閑静な住宅街の一軒屋をまるごとお花で彩ったお店なんです。(i田園調布)花壇やコンテナの植え替えなど、メンテナンス全般のご相談にも乗っていただけるそうですよ。


日本花卉ガーデンセンター//花咲里


「お花で彩りゴージャス気分 田園調布散歩」

(ゆうこちゃん)「あのーさっきから、これ詰めてらっしゃるお花、何ですか?これ、全部バラですよねー。」
(お店の人)「これはですねー、お風呂用の浴用生バラ(3600円より)・・・。」
(ゆうこちゃん)「浴用生バラ?」

(生稲さん)あーうわー!浮かべるの?
(ゆうこちゃん)そうなんです。
(生稲さん)うわーやってみたい!
(ゆうこちゃん)セレブな気分ですよねー。

(ゆうこちゃん)「これはねー、生稲さんとか喜びそーですよねー。」

もちろん、生稲さん、映像を見ただけで喜んでます。
ここで、モデルさんによる浴用生バラを使った、入浴シーンが・・・。

(ゆうこちゃん)どうですか?生稲さん。
(生稲さん)あーん、もうぜひぜひ!
(ゆうこちゃん)こんなの贈ってもらったら、女性は夢のような気分ですよねー。ねーちいさん。
(ちいさん)そうかい!そうかい!贈ろうかい!
(生稲さん)ほしーねー。

しみじみ語る生稲さんが印象的です。
この時、入浴中のモデルさんが、バラの花の香りをかいでいました。

(ちいさん)これ、何で矢島やらないの?

最近、ゆうこちゃんから矢島と呼び捨てになったちいさん。鋭い質問です。

(ゆうこちゃん)すいません!
(生稲さん)あたしがやったのに!

スタジオには妙な緊張が走ってます。反応がありません。

(ゆうこちゃん)そういえばよかった。
(ちいさん)あたしもやったのに!!

ちいさんはやめて下さい。

そしてこちらではですねー、資格取得も目指せるフラワーアレンジメント講座(4620円)も開催しています。

(ゆうこちゃん)せっかくなんで、わたしも、教えていただくことに、なりました!
(生稲さん)わー良かったねー。

何故か今日の生稲さんは、しみじみしています。

茎をぶったぎるゆうこちゃん。豪快です。

(ゆうこちゃん)「わたし切るとこ間違えたかなー。本来こんなとこで切るべきとこじゃないですよねー。」
(先生)「いえ、節と節の間で大丈夫ですよ。」

茎はぶった切られました。

(ゆうこちゃん)「あ、なんかすごい、ギザギザになっちゃって、かわいそう。」

ほんとにかわいそうです。

(ゆうこちゃん)「どこに行ったらいいんですかねー。こういうのいきなりセンス問われて怖いですね。」

と、言いながら林を作るゆうこちゃん。

(ゆうこちゃん)「外側むいちゃう。」

台風に見舞われた竹林のようになってきました。これじゃー、避難が必要です。

(先生)「ちょっと、面白いのでそれも。」
(ゆうこちゃん)「いいですか?」
(先生)「はい!」

先生、そんなこと言ってると、ゆうこちゃん、調子づかせますよ。ガツーンと言ってやって下さい。

(ゆうこちゃん)先生やさしいので・・・。
(ちいさん)でも、そうでしょう。こういう何も型があるわけじゃないから。意外とああいう曲がってんのが面白かったりするもんじゃないですか!。。。

そうなんですか?ちいさん。
そして、できました。竹林の間に花が咲き乱れる、矢島悠子作、名前がないので、テレビなコラムで名ずけました、「台風一過」

(ゆうこちゃん)なんかでも、型がないっておっしゃってましたけど、型がないのに、やっぱりなんかこう、どーしたらいいんだろーって迷いました。
(ちいさん)そういう型になってるじゃん。いいじゃん。
(ゆうこちゃん)いいんですかねー。

今日のゆうこちゃん、しきりに自分の作品の評価を気にしています。ゆうこちゃん、アートの血が騒ぎ出したようです。

(ちいさん)これ、ゆうこちゃん作ったんでしょ!素敵じゃないのー。矢島先生だよー。もう、こうなったら。
(ゆうこちゃん)えーちょっと、予想外に褒めていただいて、うれしいです。
(生稲さん)かわいい!
(ゆうこちゃん)ほんとは一時はどーなるかと思ったんですけどもー、先生にもまーいいでしょうと。一応褒めていただきました。あのでも、夢中になっちゃいますね!

今日は、女性にとってもオススメ、プチ贅沢な美と健康の散歩道。田園調布でした。

注意)黒い字で「」内は、さんぽ先の発言です。

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/497-6caa9e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
薬膳薬膳(やくぜん)とは中国を起源とする料理による健康法。生薬の原料や材料として用いられる海松子、金針菜、枸杞、紅花、山査子、銀、大棗、蜂花粉、百合、竜眼肉等を用いた料理のみならず自然界にあるもの全てを食物と考え、日本語の造語である医食同源のもとに個々人
2007/08/09(木) 15:44:03 | 健康食品の栄養事典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。