テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

「毎日暑いですねー、もう、夏本番になって来ました。と、いうことで今日は浴衣を着てみましたぁ!どうですかー、ちーさーん!」

あたりは木々が茂る公園。せみ?の声も聞こえます。今日のゆうこちゃん、浴衣姿にうちわです。

(Vを見ていたちいさん)かわいいですよ!

たしかにかわいいです。浴衣はアジサイ柄でしょうか?


工芸和装小物 花也//書道用品の東方交易

「どうでしょうか?ちーさんは浴衣って着るんでしょうか?」

(ちいさん)着ますよ!

「あたしはもうすぐ25歳なのでシックな色で決めてみました。どーでしょー。」

そんなこと言いながら、ゆうこちゃん、公園内にある池のところにやってきました。

「こういう水辺ってほんとに気持ちがいいんですけど、でもね、実は、こうやってすましてるんですけど、めちゃくちゃ”かゆい”んですよー!さっきからもー、蚊がいっぱい、もう、この水から出てくるんですけど、夏のロケってほんと気をつけなきゃいけないんですよねー。」

ゆうこちゃん、足と手をかきまくってます。うん?ゆうこちゃん何か指さしてます。

「金井(金井良江さん、アシスタントディレクター:23歳)ちゃんそれなあに?」
「(金井ちゃん)蚊取り線香です!」
「え?!こんなのあるの?」

金井さんの腰にはベルトにかけて使うタイプの蚊取線香(携帯蚊取線香)が・・・。

「え?!ずるいこれ!」
「(金井ちゃん)え、でも蚊とか嫌いなんで!」

ごもっとも・・・。

「え!でもあたしも嫌いだけど、あたしそんなのつけてらんないし。ちょっと!ちょっと!寄ってもいい?」

ゆうこちゃん。金井ちゃんの蚊取り線香の煙を、うちわで自分の方へ扇ぎ出しました。


スーツケース専門店グリプトン


「ひらめきの瞬間 はじめて物語 ”人類の強い味方”誕生秘話」

体は小さくともやっかいな蚊。有史以前から存在し、全世界に凡そ3300種類も生息しています。蚊は血を吸うだけでなく、病原菌の媒介もします。マラリア・デング熱・ウエストナイル熱や日本脳炎を媒介し、人間の命を脅かせてきました。また、地球温暖化により蚊の活動地域が世界的に拡がっているとも言われています。

<蚊関連ページ>
ウィキペディア
<マラリア関連ページ>
ウィキペディア
<デング熱関連ページ>
ウィキペディア
<ウエストナイル熱関連ページ>
ウィキペディア
<日本脳炎関連ページ>
ウィキペディア

蚊との闘いは今も激しさを増しているのです。明治時代、そんな人類の強敵”蚊”を撃退すべく立ち上がった男(上山栄一郎氏)が日本にいました。みかん生産者だった彼と、虫が嫌うという美しい花との運命的な出会いとは?そして、窮地を救った妻の一言とは?ひらめきの瞬間。はじめて物語。


ゲオEショップ楽天市場店//楽天ブックス


「はじめて物語 人類と蚊との闘い」

<蚊取線香、妻のアイディアが生んだロングセラー>

人類は誕生と同時に蚊と闘ってきました。2000年前、クレオパトラも蚊に悩まされ、蚊帳を使っていたと言います。日本でも蚊との闘いの記録は残っています。奈良時代、蚊帳作りの女性が渡来したという記述があるのは、日本書紀。網で周囲を囲い、蚊の侵入を防ぐ蚊帳。今でも押入れの隅に眠っているご家庭もあるのではないでしょうか?


女性が提案する健康・安心介護の店

もちろん、蚊帳も万全なものではありませんでした。清少納言は枕草子の中で、

ねぶたしと

思ひて臥したるに

蚊の細声に・・・


と、蚊に苦しめられた様子を語っています。


くもんのこどものたから箱

一方、庶民に広まっていたのは”蚊遣り”という方法。(和漢三才図会)杉やおがくずなどをいぶして蚊を追い払っていた様子が描かれています。しかし、夏に火鉢を使わなければならないのは辛く、火事の危険もありました。そこで登場したのが”蚊遣り豚”。おがくずなどを入れていぶすための道具で、現在の蚊取り線香を入れるための原型でもあります。豚である理由は諸説ありますが、火伏せの神様だからという説が有力です。


やきもの 梅屋

しかし、これらのものが登場しても、蚊にとっては痛くも痒くもなかったはず。蚊にまつわる俳句も数多く残されています。一茶(小林一茶:1763~1827)は蚊の襲来に困り風呂敷をかぶって寝た様子を、

夏の夜に

風呂敷かぶる

旅寝哉


一方、芭蕉(松尾芭蕉:1644~1694)は、

無常哉

脂燭の

煙破れ蚊帳


と、蚊をこよりで焼き殺した様子などを詠んでいます。

明治に入ると、その蚊との闘いに終止符を打とうとした人物が。上山英一郎さん。24歳の時、みかんの輸出を始めました。


山形屋


「はじめて物語 ひらめきは妻の一言から」

(上山久史さん:故上山英一郎氏のひ孫)みかん農家の七男坊で、みかんを海外に輸出しようと思ってた人間なんですけど、たまたまですね、みかんの苗を求めてた外人さんに、みかんの苗を差し上げてそのお礼に、除虫菊の種をいただいた・・・。

除虫菊とはセルビア国原産の菊科の植物のこと。14世紀~15世紀に虫を殺す効果があることが発見されたと言われ、当時、アメリカでは蚤取粉の原料として使われていました。蚤を殺すこの花を見て、上山さんはあることを思いついたのです。
<除虫菊関連ページ>
教えて!goo

↓マトリカリア(除虫菊に近い種類)


LOCOCO

(久史さん)蚤が死ぬなら、蚊が死ぬんじゃないかと創業者は考えたわけですよ。

蚊から人々を守りたい。上山さんは、”除虫菊”と日本古来の”蚊遣り”を組み合わせてみることに。

(久史さん)最初はおがくずに除虫菊の粉を混ぜて、で、火鉢の中でくすべてテストしてみたんです。で、煙がモクモクモクって出て蚊が落ちて、”あ、効くな!”ってことが分かったんですけども、夏に火鉢を置いてモクモクモクってしたら、煙がもうもうとしてしかも熱くてやっていられないじゃないですか?横にいる人が。
(ゆうこちゃん)熱いですねー。
(久史さん)だから商品にはできなかったんです。

殺虫効果があることは分かったものの、大量に出る蚊遣りのやり方では、蚊にも人にもやさしくなかったのです。上山さんは悩みに悩みました。どうにかして、除虫菊の殺虫成分だけを撒くことはできないか?

(上山久史さん)ある時、東京のですねー、旅館に止まってた時に、たまたま昔の旅館ですから相部屋っていうのが多いんですよね。いっしょになった方が仏壇線香の方だったんですよ。そこで、はた!とですねー、じゃ、仏壇線香に除虫菊の粉をすり込めれば、蚊取線香ができるんじゃないか?と。

こうして明治23年、仏壇の線香の形をした”蚊取線香”が誕生したのです。

(ゆうこちゃん)これお線香とまったく同じ形ですねー。

ゆうこちゃんが持っているのは、普通の線香より少し長めの蚊取線香。

(久史さん)そうです。だから最初これでやりました。ただしこれだと、長さが20センチぐらいで40分ぐらいしか燃えないんですね。それでこれじゃーだめなんでー、もうちょっと長い時間、一晩ぐっすり眠れるようにしたいということを考え始めたわけです。

(久史さん)ずーっと1メートルぐらいにしますと、長い。これで40分なんだから5倍で200分。と、いうことになるわけですけども、1メートルになりますとね、今度はこれを折れないように運ばなきゃいけないわけですね。商品として売るには!折れずにですねー、長時間できる蚊取線香ができないか?と、いうのをずーっと今度、考え始めたんです。

線香を長くして燃焼時間を延ばすというアイディアは、あえなくボツ。何とか一晩燃やし続ける方法はないものか?答えが出ないまま数年という年月が過ぎ去って行きました。そんなある日、彼は一番身近な人に相談しました。

( ̄ー ̄?)どーしたら長くなるかな?長くなるかな?って

(久史さん)2、3年考えてて、悩んでてある時、ふとその奥さん(上山ゆきさん)にこう、”どうやったら長なんのかな?”と、聞いたらですね、”簡単じゃない!渦巻きにしたら?”と、言われた。
(ゆうこちゃん)奥様すごいですねー。もっと、早くから奥様に相談すればねー。
(久史さん)。。。ちょっとねー、夫婦の会話が少なかったんじゃないか?って思うんですけどねー。

妻の一言が、渦巻きという形を生みました。そして7年もの試行錯誤の末、明治35年、ついに”渦巻き型の蚊取線香”が誕生したのです。

妻がもたらしてくれた100年以上生き続けるアイディア。開発に使った木型には、彼女の名前が記されています。(週間現代6月30日号より 雪子はゆきさんの愛称)この形にしたことで燃焼時間は飛躍的に延長。40分から7時間も燃え続けるようになったのです。

(ゆうこちゃん)ほんとにすごい発明ですよねー。
(久史さん)いや、大発明ですよ。これで、今のその熱帯地方の人がみなさん、救われてるんですから。
(ゆうこちゃん)しかもだって、体にはやさしいんですよね。
(久史さん)そうです。その除虫菊っていうものの有効成分が、たまたま人間の口から入ると、分解されて排泄される。

人にやさしく蚊に厳しい蚊取線香は、日本のみならず世界中で大ヒット。昭和初期、輸出先はすでに80ヶ国に上っていました。そして今も尚、熱帯地方を中心に愛され続けているのです。

(久史さん)マレーシアの方がね、ある方が取材でマレーシアに行って、日本製ですごいと思うものは何か?ってこう聞かれたんですって、その人は日本製の車とかね、コンピューターとか出ると思ってたんですって、そしたら出てきた答えが蚊取線香と鰹節だったんです。

蚊から人を守りたい。上山さんのその思いから生まれた明治時代の発明品は、世界のロングセラー商品。不快な痒みだけでなく、マラリアやデング熱などの伝染病を防ぐことで、多くの命を救っているのです。

ちなみに、日本家庭用殺虫工業会では毎年1月には害虫駆除供養を行っているそうです。

(ゆうこちゃん)この思いやりというのが長年愛され続けている理由の一つかもしれないですね。

<蚊取線香の歴史関連ページ>
COMZINE//TOP
<蚊取線香関連ページ>
ウィキペディア
中国あれこれ生活雑記帳//TOP
Helthy Spice//TOP


くすりのステキ生活e-shop

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/469-51a4f6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 自分じゃ買わないけど。友達にプレゼントしましたwとても好評で喜んで使ってくれています☆とても素敵な風呂敷です☆冬に使おうと思っています。こういうので季節感を演出できるのって日本の素敵な文化ですね♪風呂敷は本当に便利で重宝しますし、さり気に使っている
2007/08/11(土) 14:48:58 | 和装小物がたくさん
新垣結衣が初めて見せたぽろり画像!恥ずかしってる表情も激写!! ポッキーのCMや
2007/07/29(日) 12:56:22 | 新垣結衣が初めて見せたぽろり画像!恥ずかしってる表情も激写!!
今、ネット上で噂になっている安田美沙子のお宝ビデオ映像。以前からそんな噂はちょこ
2007/07/28(土) 20:30:59 | 安田美沙子を撮っちゃいましたw 
浴衣の女性が気をつけることをまとめました。ここ数年の浴衣ブームで夏になると街に浴衣姿の女性が溢れかえり日本...
2007/07/05(木) 21:34:22 | 浴衣 通販らんど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。