テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

「ひらめきの瞬間 はじめて物語 世界の食文化を変えた発明品」

今日のはじめて物語は、小さな小屋から生まれた大発明。世界の食文化を変えたあの食品の誕生秘話を大公開!

(ゆうこちゃん)突然ですが、お二人にクイズです。

「世界で1年間に857億食も食べられている日本で発明された食品って分かりますか?」

(生稲さん)日本で?
(ちいさん)おにぎり?

(ゆうこちゃん)正解は、インスタントラーメンなんですね!今回のはじめて物語は、このインスタントラーメンの元祖になったあのラーメンです。

今や国民食となったインスタントラーメン。日本人は、一人当たり一年間で、42.5食も食べているそうです。そして、今では、こーんな風に、インスタントラーメンの専門店もできるようになりました。(インスタントラーメン さくら、店長:竹中里見さん)

(ゆうこちゃん)わぁー、いっぱいありますねー。えー、見たことないのもあるし!昔からよーく見るのもあるし!このインスタントラーメンの元祖というのは、昭和33年の8月25日に生まれたそうなんですが、それが、このチキンラーメンなんですねー!おいしそうですねー!

ご存知チキンラーメン。お湯をかけるだけで食べられるインスタントラーメンの元祖となった、偉大な発明品です。日本はもちろん、今や世界中で愛されているインスタントラーメン。その誕生の裏には、開発者と妻との夫婦のきずながありました。ひらめきの瞬間はじめて物語。

(ゆうこちゃん)スタジオには、現在発売しているインスタントラーメンを並べてみました。お好きなものありますかぁ?
(ちいさん)。。。昭和33年って言ったけど、35年ぐらいだったと思うけど、こういうものが出た時、初めて食べた時って、すげー食い物が出たなーって思ったなー。
(ゆうこちゃん)今はラーメンだけではなくて、焼きそばもスパゲッティーも、うどんもソーメンも焼きうどんとかもあるんですよねー。

(ゆうこちゃん)はい!と、いうことで、今日はチキンラーメンの歴史を散歩します。

「東新宿にやってきました。こうやって見てみると、マンションやアパートもたくさんあって、都会の中の住宅街といった感じでしょうか?それに、この通りなんですけれども、昔は都電が走っていたそうなんですが、その面影がなくなってしまってますねー。」

ここを走っていた都電角筈線は、昭和45年まで庶民の足として親しまれていました。(菊谷靖さん撮影の都電の写真が紹介されていました。)
<参考>
霜降銀座商店街の生い立ち
↑都電角筈線かどうか分かりませんが、菊谷靖さんの撮影の都電が、ページ中ほどにあります。)

「これ!日清食品の本社ですね!チキンラーメンの生みの親!(日清食品株式会社)」

ゆうこちゃんが、ビルの中へ入ってみると、少し奥の方にインスタントラーメンがたくさん展示してありました。

(ゆうこちゃん)これ何ですか?

今日は、だれよりも、チキンラーメンを愛するという清藤(広報部:清藤勝彦さん)さんにお話を伺いました。(清藤さんは、関西弁ぽい語り口で説明されていますので、イントネーションをそれに置き換えてみて下さい。関西弁のアクセントでの説明は、やさしくていい感じです。)

(清藤さん)。。。これが、発売当初のチキンラーメンのパッケージですね(再現品)。当初は、ここにね、見て頂いたら分かるように、(透明になっていて)窓が空いてるんです。何故窓が開いているかっていいますと、今までに、インスタントラーメンっていうものが世の中に無かったからです。中にどんなものが入っているかということが分かるように、窓が開いているんです。
(ゆうこちゃん)これが、どんどんどん窓が小さくなって、今はもう窓がない、と。それだけ、時代もちょっと昭和ですよねー。

(ゆうこちゃん)かわいいですよねー。

チキンラーメンのひよこちゃんのついたやかんなども展示してありました。
まとめ買い チキンラーメンMini&ひよこちゃんミニどんぶりセット ×12個入り

(ゆうこちゃん)清藤さんは、ちなみに、チキンラーメン、やっぱりお好きですか?
(清藤さん)大好きです。もちろんです。。。そうですねー、週に1、2回と言ったところでしょうかね!何故かといいますと、社食でもこれが食べれるからなんです。
(ゆうこちゃん)社員じゃないけど、食べたいんですけど、ダメですかね!
(清藤さん)もちろん、けっこうです。

(^○^)/やったー!!!

と、いうことで、社員食堂でチキンラーメンをいただくことになりました。

(清藤さん)ネギも用意してあります。
(ゆうこちゃん)小腹が空いた時にちょうどいいサイズですね!

その他の社員の方もちょうど、ここに来られていました。

(女性社員さん)毎日、お吸い物代わりに。。。ちっちゃいので。。。
(清藤さん)日清食品の常識ですね!

さて、ちょうど、ころあいの良い時間が経過しまして、

(ゆうこちゃん)ズルズル。。。うん!お湯の量は完璧でした。ちょっとね、味、濃い目が好きなんですけど。おいしー!
(清藤さん)昭和33年に発売されてから、味は変わってませんから。

社員食堂では、チキンラーメンミニを無料で食べることができるそうです。

イージャパンアンドカンパニーズ

チキンラーメンを発明したのは、今年1月、96歳で亡くなった安藤百福さん。明治43年に生まれた彼は、それまではラーメンとは、関係のない仕事をしていました。

(清藤さん)若い頃からとっても、独立心が強くてですね。メリヤスであるとか、製塩業であるとか、それから健康食品ですね。こういった様々な事業に取り組んでいたんです。

戦後、日本が復興に沸いていた頃、安藤さんは人に頼まれ、信用組合の理事長という仕事を引き受けていました。しかし、その信用組合が破綻。一瞬にして全ての財産を失い、残されたのは大阪の自宅のみ。時は昭和30年代始め。経済白書がもはや戦後ではないと謳い、世の中が希望を見出していた当時、1人、途方に暮れてた安藤さん。

しかし、そのどん底から這い上がったのです。

(清藤さん)安藤がその時思いましたのはね。失ったのは財産だけじゃないか、と。失敗という経験が自分の血や肉になって身に付いた、と。そう思うと、もう一編がんばってみようと、新しい勇気が沸いてきた、と、聞いております。で、安藤がその時に。。。とりかかりましたのがね、戦後の大阪梅田のヤミ市の屋台の後継だったんです。

戦後のどん底から復興して行く闇市の姿。生きるという強い意志を持った人々と、ラーメンを求める長い行列を思い出し決心したのです。

一杯のラーメンのために
人々はこんなにも
努力するものなのか?
それならばもっと手軽に
食べられるラーメンがあれば
どんなに喜ばれるだろう


そこで、自宅の裏庭に小屋を建て(インスタントラーメン発明記念館に再現)、家庭でも簡単に食べられるラーメンの開発に取り掛かりました。平均睡眠時間4時間。寝ても覚めても必死の研究を続けたのです。その結果、

<インスタントラーメン発明記念館>
バーチャルツアー
<インスタントラーメン発明記念館関連ページ>
ゲーム貴族
movieloverの辛口日記

(清藤さん)手に麺を乗せるだけで、水分の量がですね、何%か、分かるようになったようです。
(ゆうこちゃん)えーーーー。。。手に乗せて、10%だとか、20%だとか。。。
(清藤さん)。。。手が、計測器っていうんですかね。メーターになったようですね。

保存させるために大切な麺の水分量。手に乗せただけで、その水分量が分かるようになるほど研究。しかし、どうしても越えられない壁があったのです。長期保存ができて、尚且つ、熱湯で素早く戻せる上においしい麺。夢のような食品を生み出すための最大の難関は、麺を感想させる技術にあったのですが、ことごとく失敗。

そんな安藤さんの窮地を救ったのは、奥様(仁子さん)でした。

(清藤さん)ある日、夫人がですね、夕食に天ぷらを揚げてたんです。家でですね。その天ぷらを揚げている風景を見ていて、「はっ!」と気が付いたんですね。麺を油で揚げると、麺も同じようになるんじゃないか?と。そういう風に乾燥できるんじゃないか?と。閃いたんですね。

夫のピンチを救ったのは彼を影で支え続けた妻でした。ある日、食卓に出た天ぷら。その衣を見た瞬間、閃いたのです。油で揚げることで、食品の水分は飛ぶ。そこにお湯を入れ、再び水分を含ませることによって簡単に戻すことができるかもしれない。こうして、長期保存もでき、尚且つ、熱湯で素早く戻る麺が完成。昭和33年8月25日、チキンラーメン発売!

(清藤さん)のちのちに、ヒラメキは執念から、と、いうことを言っておりましたんですけれどもね。。。はい!やはり寝ても覚めても、そのことばかり考えていると。
(ゆうこちゃん)執念!

昭和46年にはカップヌードルが登場。インスタントラーメンは、世界の食を変える大革命を起こしたのです。今も尚、49年前と変わらぬ味をかたくなに守り続けるチキンラーメン。執念が生んだその味をスタジオでも味わっていただきましょう。

<インスタントラーメン発明記念館>
アニメ発明物語

楽天ブックス

(ちいさん)いやーいい話だねー。やっぱり、ちょっとしたきかっけでできたものが、今や世界に羽ばたいているっていうのは。。。奥さんが天ぷら揚げてたのを、発想して油で揚げて、保存させようっていう、なんかまた、「うるる」ってきちゃうね!
(生稲さん)はじめて物語。奥様の力って強いですよ。

もうー、いいんじゃないですか?(ラーメン)

(ゆうこちゃん)。。。まだですよ!後1分!

(ちいさん)はい!もういいでしょ!

( ̄◇ ̄) あっ!

「味が良くて簡単に作れる。で、保存ができる。で、安くて安心!」、と、この五つ揃ったことが超ロングセラーの秘訣になったんですね。

今日のはじめて物語は、インスタントラーメンのはじめて散歩でした。

<チキンラーメン関連ページ>
exciteニュース
ウィキペディア
チキンラーメンラインナップ

たべてーみっせ

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/379-141a4f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。