テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

散歩にもどったちいさん、今度はどちらへ。

「下町・谷根千 風情ある路地裏散策」

ちいさん!また、細い路地ですね。

「この辺の路地入ってみようか!。。。まだ行けます。じゃん!なんかお寺へ出ましたよ!お寺の境内に出ましたよ!。。。あ!立派なお寺だよ!(玉林寺)」

ちいさん、お賽銭を入れて、お参りします。

<玉林寺関連ページ>
谷中(やなか)ホームページ//TOP

(ディレクター)こんなところに道がありますよ!
(ちいさん)ここにも道がある?。。。おっ!道っぽいよ!。。。ちゃんと抜けてますよ。お寺の回りを行ってるっぽいですよ。

ちいさん、細い路地をまた進んで行きます。そして、ちいさんが路地裏で見つけたモノとは?

「あ!井戸がありますよ。井戸が!ほんとにいいねー。この階段と。。。なんか、昔の日本の景色みたいだー。ほんとに、こんな景色あったよなー。

<玉林寺周辺の路地関連ページ>
玉林寺右手の路地(谷中1-7)
玉林寺右手の路地にある井戸(谷中1-7)
散歩レポート//TOP

ちいさん、さらに路地裏を散策。

「ここになんか面白い石(石碑のようなもの)がありますよ!南無妙法蓮華経!」

(ちいさん)こんにちわー。
(地元の奥さん)お父さん、喜んじゃう!
(ちいさん)お父さん喜んでくれるの?なんだ!お母さん喜んでくれないの?
(地元の奥さん)喜びますー!

(ちいさん)こういうの(南無妙法蓮華経と彫られた石碑)がちょっとあるとさー、落ち着くんだけど。
(地元の奥さん)。。。ここに門があったらしいんですよね。ここに道しるべみたいにして。。。

(ちいさん)。。。こういうのは残して欲しいですよね。
(地元の奥さん)そうですね。

<ほのかBGM♪>
谷根千には懐かしい風景、残しておきたい風景が沢山あります。

夕やけだんだん---階段の上からの風景は夕焼けの名所、周辺でまどろむネコたちもこの辺りの名物。
丁子屋---明治28年創業の染物の老舗。風情ある木造家屋は創業当時の面影を残す。店内では、反物をはじめ、和の趣たっぷりの手ぬぐいや粋な小物などを販売しています。
<丁子屋関連ページ>
谷中こむこむ
Walking,eating,shopping,sleeping

みかどパンとヒマラヤ杉---この風景は街角の景観を形成しているとまちかど賞を受賞しています。80年前、大きなヒマラヤ杉は店先においてあった鉢植えでした。

「いいねー、このヒマラヤ杉とみかどパンて。」

(ちいさん)突然すいませんね。ごめんね!
お上さんが、ちぎり絵のかわせみをみせてくれました。
(お上さん)あ、俺、かわせみって好きなんだよ。俺、好きな鳥だけどー。お母さん作ったんだって、ほらー、ちぎり絵。

<みかどパン関連ページ>
写真生活
めざましニュース//TOP
ちょっとg-newshttp://TOP

紙・文具 ひかり


瑞輪寺---400年以上前に建てられた徳川家康公由緒の格式と伝統ある名刹。家康公が幼少の頃、当山の開山・日新上人が、学問教育の師範であったことから謝儀を表し創建。

(ちいさん)葵の御紋があるじゃん!

ちいさん、こちらでも、お賽銭を入れてお参りしていました。

<瑞輪寺関連ページ>
東京回遊録

「下町・谷根千さんぽ 伝統を守る老舗の味」

「ちょうど、1年前に谷中霊園を案内してくれたご主人がいるそうなんで、あの時、お店にお邪魔できなかったんで、ちょっと、こちららしいんですよ。(昭和44年創業 すし乃池)」

(ちいさん)どうも、あの節はお世話になりまして。
(ご主人:野池幸三さん)こちらこそ大変お世話になって。

1年前、谷中霊園を案内してくれたご主人。あの時は、楽しいお話を聞かせてくれました。(2006年4月4日 谷中散歩)

(当時のちいさん)長谷川一男さんの(お墓)。
(当時のご主人)色男の代名詞だよね。

ここで、ちいさん、長谷川一男の目線のまねをカメラの方向に向かってしはじめました!

今回は、昭和44年創業。お寿司の老舗を営むご主人に、江戸前の穴子寿司を握ってもらいましょう!(穴子寿司 1人前 2500円)

(ちいさん)うまーい!口の中に香りますよ。あなごの匂いが!
(ご主人)東京湾でなければ、このトロリっとしたやわらかさがないんですよ。
(ちいさん)焼き加減がすごくいいのね。ちょっとね、香ばしくなるくらいまで焼いてるんですよ。炭の香りというか、ぷーんとするのがいいねぇ!

さてちいさん、この後、昔ながらの町並みを残すことが大事なことだ!とご主人と意気投合したところで、カメラさんにおすそわけのようです。

(ちいさん)食べるか!。。。これが、ほんのお礼の気持ちだ!。。。(それから、ご主人に)感謝のお礼を言いなさい!
(カメラマン)うなずいております!(どうもありがとうございました!)
(ちいさん)よーし!

さて、谷根千散歩の締めくくりとして、こちらのお座敷をお借りして、ちいさん、今日の一日の思い出を絵手紙に。

今日は4時間で、6443歩、183kcalのお散歩でした。

<すし乃池関連ページ>
ぐるなび
ドダン・ブーファンのポトフ//TOP

今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/369-b9488594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。