テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

トップページにある以外の記事は、左側のリンクの下、「最近の記事」か「カテゴリー」でご覧になれます。

「今日はこれです!ご覧下さい。いやー、懐かしいでしょー。そうなんです。ミゼットなんですよ!はい!今日は、このミゼットを取り巻く昭和を訪ねてみたいと思います。」

「昭和の風景を求めて ミゼット」

ダイハツ・ミゼット
仕様書
エンジン
カタログで見る昭和30年代の車(TOP)
↑ちなみに番組とは関係ないですが、アフリカとベルーの旅行記いいです。

もはや戦後ではない。そう、言われ始めた昭和30年台。高度経済成長の波に乗り、人々は、少しでもゆとりのある生活を夢見てきました。白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の三種の神器をはじめ、 様々な新商品が家庭に姿を見せ始めたそんな時代。テレビから(昭和33年)は、こんなCM(故佐々十郎さん・大村崑さん、主演)が流れていました。
(佐々さん)いやいやいやいや~♪
(佐々さん)一番小さい車(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)一番小回りのきく車(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)一番安全な車(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)一番お安い車(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)現代の車(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)そうです!(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)ダイハツ!(大村さん)ミゼット!
(佐々さん)ダイハツのミゼット!
(大村さん)ミゼット!

(以下略)


当時のミゼットのキャッチは、「2輪車並のお値段!」でした。

<大村崑関連ページ>
ひでゆきの小ネタ部屋//TOP//ブログ

タレントが登場するCM第一号というインパクトと共に登場したミゼット。街を縦横無尽に路地が走っていたあの頃、狭い道を自在に走れる自転車やオートバイが、荷物運びの主役だったそんな時代に、画期的な軽三輪自動車が登場しました。

愛らしく印象的なデザイン。その上、丈夫で格安という庶民の見方でもあったミゼットは 一躍、時代の寵児となりました。そんな昭和を語る上で かかせないこのちいさな三輪自動車が、まだ現役で働いていました。小さな町工場ひしめく東京大田区を、今尚、走り続けるミゼット。そして、そのオーナーでもある町工場の経営者の昭和を追いかけます。

(ちいさん)。。。昭和何年頃に作られたものでしょうか?
(櫻井さん)42、3年頃だと思いますけど・・・。
(ちいさん)。。。こういうところ(ヘッドライト)は、昔のままですか?
(櫻井さん)そうですね。錆びがですね。やっぱ、40年を物語っていると思うんです。。。
(ちいさん)あと、タイヤはどーなんですか?
(櫻井さん)タイヤは、供給しただいています。タイヤはありますね。市販で。

(ちいさん)開けていただいていいですか?

(ちいさん)これは、昔のまんまで。。。何でこんなにきれいになってるんですかねー。
(櫻井さん)そうですねー。まー好きですから。

(櫻井さん)ガソリンメーターはないんですね。

(ちいさん)このハンドルといい。もう、ほんとに、懐かしいです。
(櫻井さん)毎日、使っております。。。だいたい、200kgくらい乗りますかね。箱4つぐらいで。。。

ここで、櫻井さんが、ミゼットのセルを回してエンジンをかけます。

「やーーー!昭和の音だよねー、これは!」、ちいさん拍手しています。たしかに感動の産声って感じです。

櫻井直幸さん(63歳)は、大田区西六郷で、櫻井精密工業を経営されています。こちらは、金属の削り出しや加工をするいわゆる町工場です。とはいえ、今ではその全ての加工等がコンピューター制御。町工場の雰囲気も様変わりしました。ここで作られる部品は、IT関連商品や家電などに使われ、世界中に輸出されて行きます。そして、ミゼットが活躍しているのは、主に第一工場と近くにある工場との間の鋼材の輸送。毎日必ず一回は、ミゼットに乗って荷物を運ぶという櫻井さんは、この時間が何より楽しみだと言います。

路地に響き渡るミゼットのエンジン音。かつては、どこの町でも見られたこんな風景。櫻井さんとミゼットが走るこの町には、今でも昭和の香りが漂っています。そんな郷愁を誘う櫻井さんの愛車に、ちいさんものせていただくことに。

(ちいさん)いやぁー、ほんとに、30年ぶりに乗せてもらったけど、思ったよりスムーズですねー。
(櫻井さん)そうですね。この車、不調はないんですね。

(ちいさん)なんか、こー、独特の音と、これはなんだろー?あのー、車内にいても匂うガソリンのもれる匂い、これも今の車にはないですね。
(櫻井さん)まー、考えてみますと、40年前ですからねー。

ミゼットが発売されたのが、昭和32年。当時の価格が19万8千円でした。同じ頃の乗用車の半分から1/3という値段が人気を呼び大ヒット。しかし、若き日の櫻井さんにとっては、手の届かないあこがれの存在でした(昭和32年大卒公務員の初任給 9200円)。
<昭和30年代の自動車価格>
スバル360     39万8千円
トヨペットコロナ  62万9千円
セドリック     101万5千円



旧車、絶版車の朝日自動車販売


(櫻井さん)商売始めたころ、車なかったもんですから。それにバイクだったんですね。それでー、やはり荷物載せますと、2輪車ですから前上がっちゃうんですよ。(そんな時)たまたま、ミゼットが前通ったんですよ。。。通り過ぎて。。。いやー、あの車欲しいなと思ったんですけど、持ってくお金ないし。買う能力がなかったわけですから・・・。

櫻井さんは、昭和19年(3月16日)、5人兄弟の長男として熱海で生まれました。そして、昭和35年、東京で魚屋を始めようという両親と共に家族7人で上京しました。しかし、商売はうまく行かず、店を閉じることに・・・。

(櫻井さん)まー、やむおえずリアカーでもって、四畳半の部屋を借りまして、家族7人で生活しました。。。男兄弟が、5人でしたから、寝るときはふとんだしますねー。押入れで兄弟が寝ておりました。

櫻井さんは高校を中退。職を転々としながら、腕一本で独立できる機械工になりました。そして、念願の独立。しかし、手元には小さな機械がたった一台。苦労することが当たり前で、それが報われることが当たり前だと誰もが信じていた時代。櫻井さんも一台の機械から工場を発展させたのでした。そして、余裕もできた昭和60年頃。近所の氷屋さんから、若き日のあこがれ、ミゼットを譲ってもらったのでした。

(櫻井さん)この車(ミゼット)の前にですね。何台か買いました。
(ちいさん)。。。これは、郷愁のようなイメージ。。。今この車をどーしても買わなくてはなんないってことじゃなくてもー、分かれた日にあんなにあこがれた車だからー。。。
(櫻井さん)そうですね。

(櫻井さん)一番いいのはですねー。スタイルがいいですね。それからですね。やっぱり、目を引きますよね。

時代の波は、櫻井さんの工場にも訪れました。値下がりを続ける金属加工業。そして、中国で作られる部品との価格競争。ミゼットは、資材の運搬だけでなく、何度も通わなければならなくなった銀行との往復にも使われました。コンピューター制御の第一工場と違い、この第二工場では手作業の機械が今でも現役。ミゼットで来るこの場所での作業が、楽しみだという櫻井さんにとっての昭和とは?

(櫻井さん)兄弟がだんだん学年が上がってきますよねー。そうしますとですねー、食べる量が半端じゃないんですよ。そうしますとね、一番心配するのがおふくろですよね。食べさしたいんだけどー、ゴロハチ茶碗にですね。2杯3杯と。。。食べるんですよ。男の子ばかりですから。そういう時、おふくろは、自分は食べなくなても、川の底を洗って飲むような感じで生活をしていたそういう時代ですよ。

(ちいさん)なんで、そんなにがんばったんだろねー。そんな貧しいのにねー。
(櫻井さん)やっぱり、あこがれがありましたね。今の生活よりも、上向きになりたい。。。四畳半から六畳。六畳だったら十畳。一部屋だったら、二部屋と。。。

(ちいさん)。。。人間って、少しこう欲しいなとか、飢えてるなと思う時の方が、きっとがんばれるし・・・。
(櫻井さん)ハングリー精神。
(ちいさん)ハングリーでね。

(櫻井さん)この車と伴にですねー、少しづつ階段上がってきて、それといっしょにですねー、力がついてくる。また、反面ですねー、思い返すと、やはり昔の苦労っていうかですねー。苦しさを忘れたくないっていうイメージも持ってます。
(ちいさん)そうですよねー。まだまだ、もう、10年、15年、走ってもらわなきゃ困りますね。
(櫻井さん)困りますねー。

誰もが、あこがれの暮らしを夢見て懸命に汗を流した高度経済成長期。そんな時代。人々の手となり足となって、働いてきたミゼットが、ゆとりという名の一家団欒の時間を作りだしました。尚も発展し続ける経済が、自動車を新たなる時代へと進ませます。昭和47年累計生産台数32万台の記録を残してミゼットは製造中止。その姿は、街から消えて行きました。今尚、現役で働く桜井さんのミゼットを残して・・・。

休むより働いた方が楽だという櫻井さん。そして、壊れることなく働き続けるミゼット。二つのエンジンが共鳴し、今でも町工場の路地で昭和の音を響かせています。

<その他ミゼット関連ページ>
オートギャラリーネット 
ダイハツ100年史製作奮闘期 
私の写真修行 


カーホビーショップ アンサー


今日のランキングは?

↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>こちらの記事を紹介させて頂きましたので

ご紹介ありがとうございます。
2007/04/19(木) 17:37 | URL | テレビなコラム #TZpNm4HA[ 編集]
はじめまして^^

私の健康関連サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://mango02.blog56.fc2.com/blog-entry-112.html
です。
2007/04/18(水) 14:47 | URL | 健康家族 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/326-609fadb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ここのところ、人気が下降線を辿っている歌姫・浜崎あゆみ。そんな彼女もここで挽回とばかりに、台湾でのコンサートで、なんと白ビキニにレースクイーンコスプレを披露する気合の入りようだ。ゴンドラに乗って、陽気にはしゃぐ浜崎が白ビキニのまま、ヒップラインを無防備に
2007/04/18(水) 16:49:56 | 浜崎あゆみ台湾コンサートでの衝撃ポロリ映像!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。