テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

2005/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/12

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

「大田区池上 歴史を感じる散歩道」

今日は、池上線池上駅からです。(昔、ちいさんは、久が原というところに、住んでいたそうですが、池上については、良く知らないそうです。)

<ナレーション:萩野志保子(あたしンち:予告アナウンサー)>

「どうですか?今日のスタイルは、ちゃらちゃーん♪ちゃらちゃん♪・・・(太陽にほえろ! のテーマ)。どこに住んでんだ!と刑事スタイルです。」と、テンションが高いちいさんです。

「本門寺通りを行きます。。。ほら、もう梅が咲いてます。。。これは、何だろ?何かまといが飾ってある。(喜久屋)」とちいさん。

ここでは、手作りのミニチュアのまといを販売しています。(ミニまとい、500円から。)

本物は、燃えないようなもので作ってありますが、(ミニチュアは)紙で作ってあります。ハハハ。とおかみさん。

「やー、久しぶりにまといなんて(見ました)。。。」とちいさん。

「名刹 池上本門寺散歩」

「なんみょーほーれんげーきょう、なんみょうほーれんげーきょう。。。」

池上本門寺へやってきたちいさん。

「桜の木が、太いのがいっぱいあって、桜の時期はすごいだろうね。」と階段(此経難持坂:しきょうなんじざか)を上って行きます。

あまり知られていませんが、このお寺では、本門寺の敷地を散策しながらのクイズラリー(境内各所にある用紙に記入)があります。全問正解すると、普段は、非公開の庭園(池上本門寺松涛園)に見学することができます。

「単に入るということではなくて、良く知って欲しい」という願いからのクイズラリー(本門寺松濤園の入園方法は、このページの下の方に解説されています。)だそうです。(答えは、各名所を回って、各説明板を読めば、全部解るそうです。)今日は、その内の何問かをご紹介しておきましょう。

(その1)日蓮上人のご尊像を奉安するお堂の天井に描かれる龍の絵を描いた大田区ゆかりの画家は誰でしょう。

(その2)加藤清正が寄進した此経難持坂の石段は何段あるでしょう?

(その3)1608年、二代将軍徳川秀忠が建立した関東最古の五重塔は国の○○○○○に指定。○に入る文字は?

「いいじゃないですか。。。青空に、シルエットの五重塔

「池上本門寺散歩 昭和のヒーロー力道山

力道山ねぇ。。。団塊という世代の人にとっては、特別な思いがあるんじゃないかねぇ。。。放送が終了する多分10分くらい前に、散々やられてて、最後の放送が終わる直前に、力道山が放つ、カラテチョップという多分、右手だと思うけど。。。3発くらいでどーんと、(相手が)倒れて。。。1・2・3で勝つんですよねぇ。」と力道山の墓所の前にあった銅像の前で興奮気味に話すちいさんでした。

池上本門寺必見!非公開の庭園を散策」

おまたせしました。それでは、非公開の庭園へ

ここは、明治元年、新政府軍の本陣が置かれていました。そこで西郷隆盛勝海舟が、江戸城無血開城の会見をした地です。4000坪もある松涛園、緑豊かで大きな池は、全て湧き水。歴史に思いをはせながら、ゆっくり歩きたいですね。

「はぁー、立派な庭ですねぇー。緑が朝日に当たって、きらきらしてますねーーー。東京にもいいところがあるなーーー。」とちいさん。感慨深げでした。

「池上名物くず餅の老舗」

本門寺を後にちたちいさん。

「俺、葛餅(400円)好きなんだよなーーー。」と葛餅屋(相模屋)さんにやってきました。

このお店は、家族でやっているのであっとホームな雰囲気でした。300年(1716~1735年、享保年間に創業)やっている老舗だそうです。

「いただきまーす。。。おいしい。」とちいさんご満悦でした。

「60年に一度!貴重な梅干を発見」

さて、ちいさん、今度は、駅の反対側に行くようです。

梅干専門店(梅の店:不二美)を発見したちいさん、「見てるだけで、唾液の分泌が多くなっちゃう。」

飾り気のない昔ながらの梅干が売りです。
「申年の梅干は縁起がいい。」
と言われていて、平安時代の申年に都で流行った疫病を村上天皇が”梅干し”で治したと言われ、以来、60年に一度巡ってくる甲の申年に採れた梅干しは薬効が高く縁起が良いと大切にされました。また、梅干は、3年つけたもの(紀州三年梅干:990円)が一番おいしいとされています。

本場紀州梅干のあるお店

そう、今年は、甲の申年の梅干を3年つけた年、「60年に一度の貴重な梅干しを味わえるの今年」なんです。

「うん、あんね、飾り気がない昔の味です。」とちいさん。いい話を聞かせていただきました。

「大田区池上 梅満開!春を感じる散歩道」

ちいさん、梅の実を食べた後は、池上梅園にやってきました。ここには、30種類370本の梅は植えられています。(見頃は、2月中旬~3月上旬)上からも下からも梅を眺めることができます。

「あ、めじろが。。。めじろと梅というのはですね。。。梅の中の蜜を食べているんです。。。梅にめじろですよ。」

今日は3時間、6927歩、216kcalのちい散歩でした。



↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング

アフィリエイト
//インフォチャンプ//出会い無料!センター
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/213-a9ab9fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。