テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

2016/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/02

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑美容と健康のサプリ情報館のリポートです。

今日は、昭和の風景を探して散歩します。

下高井戸にやってきたちいさん、まずは、40年当時、俳優になることを志して上京したちいさん。初めて1人暮らしをしたアパート跡にやってきます。

「三畳一間、畳・ふとん、しきっぱなし。」とちいさん。その当時の話を、その時の大家さんとお話します。

周辺に泥棒が入って、ちいさんも疑われて、警察の人に、地井さんは、そんな人じゃありませんよ。と言いました。と、当時の大家さん。

大家さんの家を後にしたちいさん。昭和のくらし博物館へやってきました。


「記憶の中の懐かしいくらし」

一歩、足を踏み入れるとそこは、昭和。そこには、プライバシーなんてなかったけど、当たり前の家族という言葉がありました。昭和のくらし博物館では、昭和26年当時の生活が、そのままに再現されています。

三女の(小泉)紀子さんが、案内してくれました。

(小泉さん)子供部屋は、3人で一つの布団を敷いて、寝ていました。
(ちいさん)(昔は)そうだよねーーー。

小泉紀子さんとちいさん。2階へやってきました。

(小泉さん)ここに雨戸が。昔はあるんですよね。
(ちいさん)こういうのは今の人は知らないだろうけど。いいですか?開けて。
(小泉さん)どうぞ。どうぞ。

ちいさん、雨戸を立て始めます。古くなっているせいか、雨戸には隙間が出来ていて、日の光がそこから差し込んできます。


ガタン、スー、スー

(ちいさん)この音がね、夕方の音なんだよ!ほら!こうしてね。
(小泉さん)ちょっと、コツが入るんですよね。

ちいさん、一度、立てた雨戸を今度は戸袋に戻します。

(ちいさん)入りました。ほら!うまいもんでしょ。
(小泉さん)うふふふ。

そして、家族が集うお茶の間には。これが欠かせませんでした。
ちいさん。今度は1階のお茶の間へ降りてきて、小泉さんにお話を伺います。

(ちいさん)このちゃぶ台ですか?
(小泉さん)ええ。ええ。
(ちいさん)これもまた、便利なもんでしたねー。
(小泉さん)そうですねー。
(ちいさん)必要な時には真ん中に出して、みんなでこう団欒っていうか、家族全員で、ここでも5人ぐらい座れるようになって。。。

ちいさんが座っている前にはちゃぶ台があって、そのちゃぶ台の上には、ごはん・豆腐のお味噌汁・焼き魚・沢庵などや

醤油や七味とうがらしなどの調味料まで並んでおり、その背後にはタンスがどんと置いてあって、上には古めかしいラジオがあります。また、小泉さんの横には、火鉢まであってその上には鉄瓶のようなものまであって、当時の人がそこにまさに生活しているかのようです。

家族が膝を突き合わせて食事をする風景。ストーブも扇風機もお茶の間にしかなかった時代。団欒は今よりもずっと自然なものでした。

(小泉さん)みんなここ(お茶の間)に、割合と寝るまで、おりましたねー。
(ちいさん)そうですよねー。
(小泉さん)女5人に、父ですよね。だから、すごいおしゃべりはしまして、父はだからいつも聞いてる役で、それで女はいつもしゃべるか、食べるかだっていう風にゆってましたねー。
(ちいさん)ほんとそうでしたよね。お父さんも入りたいけど、話しん中に入れないから、新聞読んでるふりしながら、新聞の方よりもそっちの方に関心があったりしたんですよねー。
(小泉さん)そうかもしれませんねー。

火ばち

吊り下げ電灯

氷冷蔵庫

パン焼き鍋

昭和の道具にはぬくもりがあります。ちゃぶ台も便利でした。ちゃぶ台は、一家団欒の場所として、暮らしの中心でした。

いつも、笑い声が絶えない40年前の生活に思いをめぐらせたちいさんでした。

↓オフィシャルページのアクセスが悪いので、昭和の暮らし博物館についは、このページが良いと思います。
http://www.geocities.jp/hasu58/spot/kurashi.html

それから、↓のブログやホームページなんかもいいですね。

ブログ

博物月報(博物館の雑誌のようです)
昭和の博物館館長、小泉和子さんのプロフィールなど
昭和の博物館友の会
昭和の道具類などがまとめられているブログ(昭和のくらし博物館とは、関係ありません)




↓ブログランキング
人気blogランキング//FC2 Blog Ranking//くつろぐネットブログランキング
アフィリエイト
//インフォチャンプ//出会い無料!センター
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/162-96ddaddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。