テレコラ、今日も書いてます。注)独断と偏見で、ドラマレビュー等からドラマをレビューしたブログ紹介等になることがあります。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

アフィリエイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後編は、母がいきなりの事故で不幸に遭遇しながらも、家族が団結して行く話なんですが、西田俊之の出演で、釣バカ日誌か?と錯覚をさせるような演出も施されていたり、いじめ問題まで取り上げていて、社会派ドラマの側面を見せつつ、神田正樹(弁護士役)の出演で、あれれ?石原軍団の芸能人蔵出しドラマなのか?と、いうような石原プロのお家事情も、さらけ出されながら、ドラマが展開して行きました。

( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪仕事下さい。by石原プロ

住民全部が参加したと言われる「マグロ!大間!」という地元観光協会の肝入りのようなキャッチに彩られた祭りも挿入され、高橋克典の訛りがひどくなったり、軽くなったりしながら、いよいよ、クライマックスに突入して行きます。

クライマックスは、渡哲也のマグロとのバトルが圧巻で、ドラマというより、「哲也vs大間のマグロ」と、いうドキュメンタリーになっていました。

糸が強く引っ張られる。「当たりだ!」

キタゾー!!(;`O´)o/ ̄ ̄~ >゚))))彡バタバ

マグロに追いつくために、船から黒鉛が上がる。

力を込めて引っ張る。とにかく引っ張る。

マグロの片鱗が見えた。「う~~~ん」糸を持ちながら、こらえる父。

「おとう!!」次男が叫ぶ。

ゆっくり、ゆっくりだ!息詰まる闘い。

マグロが、海面に顔を見せはじめた。

がんばれ!引け!引け引け!マグロにもりを突き刺す。暴れるマグロ。噴出すマグロの血潮。

そして、夕日に照らされて、意気揚々と引き上げる石原プロお決まりのシーンの中に、仁王立ちする渡哲也がいたのであった。

(/ ̄ー+ ̄)キラリ

めでたしめでたし。

http://sapuri777.fc2web.com/index.html
↑良かったら覗いてみてね。美容と健康のサプリ情報館のリポートでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sapuri777.blog31.fc2.com/tb.php/117-23286f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。